【目標を持とう】未経験からITエンジニアへの転職は可能【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

未経験からITエンジニアへの転職は可能か知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • 未経験からITエンジニアへの転職は可能な理由を知りたい
  • ITエンジニアになるためにやるべきことを知りたい
  • ITエンジニアへの転職後にできることを知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、未経験からITエンジニアへの転職は可能な理由とITエンジニアになるためにやるべきことを解説し、ITエンジニアへの転職後にできることをまとめています。

未経験からITエンジニアへの転職は可能な理由

未経験からITエンジニアへの転職は可能な理由

結論から言うと、未経験からITエンジニアへの転職は可能です。
まずは、その理由を解説していきたいと思います。

IT人材が不足している

まずITエンジニア、ひいてはIT人材は現在でも需要に対して供給がかなり不足しています。
そして、経済産業省によれば、2030年頃にはIT人材が約60万人不足すると推測されていますので、ITエンジニアに関しては今後も完全な売り手市場がしばらく続くことでしょう。

これは、未経験者にとって朗報なだけでなく、既にエンジニアの方にとっても、給料水準が比較的高くなっていくため、同様に朗報ということになります。

給料は基本的には需給バランスによって決定されますので、需要が供給に対して大きければ大きいほど労働賃金は上昇するからです。

したがって、未経験者でITエンジニアになりたいと考えている方には、参入のタイミングとしては今はとても良い状況だと言えると思います。

エンジニアの仕事は特殊ではない

難しいプログラムを組んだり、難しい数学を扱ったりするのではないかとよく勘違いされるのですが、エンジニアの仕事は決して特殊な仕事ではありません。

たしかにものによっては難しい数学の知識を使ったりすることもあるのですが、基本的には高校卒業レベルの数学の知識があれば、誰でも仕事はできます。

そして、プログラミングも言語の書き方に慣れてしまえば、あとはどの言語も大体同じなので覚えることもそんなに多くありません。

唯一注意しておくとすれば、どのような処理を、どのようなフローで、どのように組み合わせて行くかを考える力の養成が少し難しいかもしれません。

いわゆる論理的思考力と呼ばれるものですが、これも実際には作りたいものさえはっきり固まっていれば、誰でも普通に考えることができるため、過度な心配はいらないと思います。

ただし、論理的思考力を鍛えることは非常に大事なことなので、プログラミングを勉強する際にも、常に何か具体的に作りたいものを決めてから学習するようにすると良いでしょう。

結局は行動力が大事

未経験であっても熱意とやる気(行動力)があれば、エンジニア職の場合はたいていの場合は内定は取れます。

もしITエンジニアになりたいと本気で思っているのであれば、熱が冷めないうちにプログラミングの学習をきちんと行いさえすれば、会社はきちんと評価してくれるでしょう。

むしろ能力があっても行動しない人間の方が企業は嫌うので、きちんとやるべきことをやって、転職活動を行えば、未経験からITエンジニアに転職することは十分に可能だと思います。

実際に、私も当時実務未経験でしたが、プログラミングスキルをきちんと身につけてから転職活動をしたことにより、スムーズに内定を頂くことができました。

やるべきことについては、この後に解説していきたいと思いますので、興味がありましたら、引き続きご覧ください。

ITエンジニアになるためにやるべきこと

ITエンジニアになるためにやるべきこと

ITエンジニアになるためには準備が必要です。
次に、ITエンジニアに転職するためにやるべきことを解説していきたいと思います。

やりたいことを絞る

ITエンジニアといっても、言葉が広義すぎて漠然としすぎているので、まずはどんな仕事をやりたいのか、絞りましょう。

例えば、「Web系のエンジニアになりたい」「スマホアプリの開発をやりたい」「AIエンジニアになりたい」などです。

「何でも良い」という方もいるかもしれませんが、ある程度絞らないと何も勉強(準備)することもできませんし、具体的な目標がなければ勉強自体が失敗に終わる可能性もあります。

なので、ITエンジニアになりたいと思ったら、まずはやりたい仕事を決めることから始めましょう。

プログラミングの学習

やりたいことを絞れたら、次はプログラミングの学習をしていきましょう。

プログラミング学習は、独学でも可能ですが、もし「何を勉強すれば良いかわからない」「独学ではできるか不安」という場合には、プログラミングスクールを利用することも検討されると良いと思います。

プログラミングスクールでは、現役のエンジニアがマンツーマンでプログラミング学習の指導を行ってくれますし、オンラインのみのレッスンに対応したところも最近では多いです。

大体のところはさらに就職の支援もしてくれるので、ITエンジニアの転職活動に不安がある場合には、まずは気軽に相談してみるのもありだと思います。

プログラミングスクールについては別の記事でまとめていますので、興味がありましたらご覧ください。

Webサービス等を作る

例えば、Web系のエンジニアになりたいと考えているのであれば、転職活動の前までにWebサービスを開発すると良いと思います。

Webサービスというのは、自分で1から作り上げたブログなどのメディア系サイトや、マッチングサイトなどといったWeb上で何らかのサービスを提供するサイトのことです。

Web系以外にも、例えば現職の業務をExcelVBAのプログラミングなどで効率化してみたり、他のプログラミングで作業を自動化してみたりするのでも良いと思います。

とにかく実務の実績に近しいものを築き上げることで、少しでも転職で有利に立とうというわけです。

よく「未経験者歓迎」というキーワードがありますが、エンジニアの場合は「実務未経験者歓迎」という意味で使われている場合が多いので、きちんと準備だけはするように心がけましょう。

ITエンジニアへの転職後にできること

ITエンジニアへの転職後にできること

ITエンジニアになった後は、エンジニアとしての自分のスタイルを確立していくと良いと思います。
というわけで、最後に、ITエンジニアへの転職後にできることの例をいくつか挙げ、まとめてみました。

フリーランスになって高単価の仕事を受ける

エンジニアとして実務経験をおおむね3年程度積めば、フリーランスとして独立することもできるようになります。

フリーランスエンジニアになれば、給料は会社員時代の2倍程度まで上がることが多いです。

また、自分で案件を選ぶことができるので、能動的に自分の価値を高められる選択をしていくこともできます。

しかしその一方で、業務委託案件が継続して取れなければ、失業(ブランク期間が発生する)リスクもありますので、必ずしも良いことだけではありません。

最近では20代の若い方でもフリーになる方が多くなっていますので、目標としてはこれは決して夢のような話ではなく、きわめて現実的なものとなっています。

もしフリーランスエンジニアに魅力を感じているのであれば、まずは会社員としてITエンジニアになり、下積みを経験するところから始めましょう。

本業をやりつつも副業でこつこつ稼ぐ

私もそうでしたが、ITエンジニアになった後1年ぐらいすると、エンジニアの基本的な仕事の大体のことができるようになっているので、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトで副業の開発(改修)案件をこなすことができるようになります。

初心者のうちはWordPressなどの単価のあまり高くない案件が中心となりますが、それでもいくつかこなすことで1月あたり5~10万円程度になることが多いので、副業としては魅力的だと思います。

私の場合は現在、クラウドソーシングサイトで得たクライアントの方と直接取引をすることで、さらに単価を高くして仕事を継続して頂いている状況です。(クラウドソーシングサイト経由ですと手数料が取られてしまい、その分単価を低くくされるため、直接取引しています。)

「フリーになるのはまだ怖い」「本業に不満はないけど稼ぎが低い」という場合には、このように副業で稼ぐという方法もあることを頭の隅に置いておくと良いでしょう。

機械学習を勉強してAIエンジニアになる

機械学習は今話題ですよね。

特にAIは、自然言語処理などと組み合わせて、非常に注目を浴びている分野になります。

例えば、画像認識を駆使した画像分類システムやAIを搭載したチャットボットなんてものも最近は多いですよね。

これらの分野では、微分積分や確率統計、線形代数などのレベルの高い数学の知識が必要になってくるため、なんちゃってエンジニアにはちょっとばかし厳しい領域になってきます。

もし高単価な案件をこなしたいというのであれば、勉強することをいとわないのであれば、このようなトレンドの技術に乗っかったりすると良いと思います。

AIエンジニアはエンジニアの中でも特に引く手あまたの職種のため、ITエンジニアの後の仕事としては非常におすすめの仕事になります。