【結論】転職の不安を解消するならIT業界がおすすめ【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

転職の不安を解消するならIT業界がおすすめの理由を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • 転職で抱く代表的な不安の例を知りたい
  • 不安を解消するならIT業界がおすすめの理由を知りたい
  • IT業界に転職するための手順を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、転職で抱く代表的な不安の例とその不安を解消するならIT業界がおすすめの理由を解説し、IT業界に転職するための手順をまとめています。

転職で抱く代表的な不安の例

転職で抱く代表的な不安の例

まずは、転職活動でどのような不安が生じるかを、代表的な例を挙げて整理しましょう。

普通に生活できる給料か不安

転職の理由として、「給料を上げたい」という方はとても多いと思います。
これは転職の理由としては、ポジティブな方なので、受け入れてくれる企業は多いと思います。

ただ、冷静に考えてみると、給料が低いということは、それ相応の労働しかしていないからであって、自分の能力が低いがために稼ぎも低い、という解釈をすることもできます。

もちろん本当に企業側で振ってくれる仕事の範囲が限られていたり、質が悪かったりという可能性もあります。

もし自分に(潜在的)能力があるにもかかわらず、給料が低い、ろくな仕事も振ってもらえない、というのであれば、この理由で転職をしても何ら問題ないと思います。

新しい企業で適切な評価をしてもらえる可能性が高いからです。

その場合には、今ある仕事を100%あるいはそれ以上の出来で完遂させつつ、転職活動を始めてみることをお勧めします。

内定をもらえるかどうか不安

転職活動を始めて、いくつもの企業から断られ続けると、本当に自分は内定がもらえるのか不安になることがあると思います。

内定がもらえないというのは企業側の一種の否定なわけですが、これは決して企業側があなた自身を否定しているわけではありません。

ただ、求人案件とあなたとのマッチングの点で否定されているだけですので、過度に落ち込む必要はありません。

努力しているのにもかかわらず、内定がもらえない場合は、適性がないということもあるかもしれませんが、単に倍率が高すぎたり、その案件に対して良い人材が多く集まっている可能性が高いです。

例えば、大企業であれば良い人材が集まって当然ですし、倍率も高くなりますよね。

そういう場合には、自分の身の丈に合わせて調整をしなければならないのは至極当然のことだと思います。

人間関係がうまくいくか不安

これは転職した後の話ですが、人間関係がうまくいくか不安に感じる人もよくいます。

実際に転職の理由でも「人間関係」を挙げる方は多いです。(もちろん面接の場などでは言いませんが。)

しかし、相性が合わない方はどの職場にも必ずいるものです。

人間関係に疲れることを避けたい場合は、なるべく一人でできる仕事を選んだり、専門性の高い仕事などで他人に有無を言わせないという方法がありますので、そういった仕事を選ぶこともおすすめです。

不安を解消するならIT業界がおすすめの理由

不安を解消するならIT業界がおすすめの理由

これらの不安への対策としては、IT業界への転職がおすすめです。
次に、その理由を解説していきたいと思います。

人手不足の業界

IT業界は人手不足の業界となっています。

経済産業省が行なった調査によれば、IT人材は現在人手不足が続いており、2030年には需要に対しておよそ60万人不足すると推計されています。

当然供給より需要の方が多い場合は、転職においても売り手市場となり、内定をもらえやすい状況になります。

したがって、IT業界は他の業界に比べると転職しやすい業界ということになります。

給与水準が高い

賃金についても、市場経済であれば需要と供給のバランスによって決定されるため、人手不足の業界であれば、基本的には賃金は高水準になります。

もちろん未経験のうちはそこまで高くありません。これはどこの業界でもほぼ同じです。

しかし、IT業界で3年ぐらい続けることで、他の業界の方よりも高い給料をもらえるようになると思いますので、稼げるか不安という方にもおすすめです。
(この業界は残業があるところも多いので、残業代で稼ぐという方法もあります。)

手に職をつける

IT業界はスキルが要求され、専門性の高い仕事が中心になります。

例えば、エンジニアであればプログラミングなどのスキルが、営業に関しても、ITの基礎知識やある程度の開発の知識がないとクライアントとのまともな話ができないでしょう。

逆に言えば、専門的な知識があれば、話をすることが苦手であっても、口から自然に出てきますので、誰とでも仕事の話をすることができます。

人間関係に関して心配な方も、開発職では、最初のうちは黙々とプログラミングやテストなどの作業をすることが主な仕事になりますので、もし人間関係の不安を避けることを重要視するのであれば、エンジニアやプログラマーなどの職種を選ばれると良いと思います。

IT業界に転職するための手順

IT業界に転職するための手順

最後に、IT業界に転職するための手順をまとめます。
ここではエンジニアやプログラマーに転職する場合を想定しています。

①プログラミングの学習

エンジニアやプログラマーになる場合には、プログラミングの知識が必須になります。

プログラミング言語を習得し、プログラミング的思考(論理的思考力)を身につけないと、何も開発することができないからです。

それを企業内で研修してくれるほど世の中甘くはないので、可能な限り、転職活動の前に自己学習されることをおすすめします。

プログラミング学習は独学で行うことができますが、人によっては難しいと感じる場合がありますので、その場合にはプログラミングスクールを利用することも検討に入れると良いでしょう。

プログラミングスクールに関しては別の記事でまとめていますので、興味があればご覧ください。

②自分のサービスを開発

プログラミングの学習が終わったら、自分のオリジナルサービスの開発を行いましょう。

サービスは、Webサービスが最も簡単に開発・運用することができるため、おすすめです。

Webサービスとは、例えば、ブログなどのメディアサイトや婚活サイトのようなマッチングサイトなどのことで、このようなものを一から開発すると、企業は、実務経験に近しいものとして評価してくれる可能性が高いのです。

よく「未経験者募集」と求人案件に書いてあることが多いと思いますが、たいていは「実務未経験者募集」の意味なので、できればこのような自分のサービスの開発経験があると良いでしょう。

ちなみに、先ほど紹介したプログラミングスクールでは、プログラミングの学習指導だけでなく、こうしたWebのオリジナルサービスの開発の支援もしてくれるところが多いため、自分一人では不安がある場合には、積極的に利用されると良いと思います。

③転職エージェント登録

プログラミングの学習と自分のオリジナルサービスの開発が完了したら、あとは転職エージェントに登録して、エンジニアやプログラマーの案件を探していきましょう。

転職エージェントは、担当者の裁量次第で紹介される案件が変わってくるため、なるべく複数登録しておき、偏りを防ぐと良いと思います。

また、転職活動で後悔することがないように、今回の転職の動機や希望の職種や業種など、できるだけ細かく条件を担当者に伝えると良いでしょう。

個人的には今後も考えて、Web系企業で自社開発をされている企業の案件が良いと思いますので、準備をしっかりして少しでも内定の確率を上げられることをおすすめします。