求職者から見た転職エージェントの役割【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、求職者から見た転職エージェントの役割について、現役エンジニアの視点で簡単に解説していきます。

求人案件の紹介

転職エージェントは求人案件を紹介する役割を担っています。

メール等での紹介の他、求職者が自ら検索できる場合も多いです。

転職サイトと異なり、エージェント側から能動的に応募者に合った求人案件を紹介します。

応募書類作成や面接のサポート

転職エージェントには選考のサポートをする役割もあります。

応募書類の作成や面接の事前の支援をしているため、初めての転職でも安心できます。

担当者とのやり取りで自分の考えを整理することができ、転職の方向性をブレずに決められます。

賃金等の交渉の代行

転職エージェントは企業との交渉を代わりに行う役割もこなします。

特に賃金等の交渉では求職者自らは行いづらいため、助けになります。

筆者の場合は、リモートワーク等の働き方の点でも交渉をして頂いた経験があります。