転職エージェントを使う懸念点【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、転職エージェントを使う懸念点について、現役エンジニアの視点で簡単に解説していきます。

流されやすい

第一の懸念点は、転職エージェントの良いように流されやすいということです。

転職エージェントは、主に企業から成功報酬を受け取ることを目的としています。

そのため、マッチング精度の高さよりも報酬の高さを優先して動くことも多いです。

良い求人が見つからない場合もある

第二の懸念点として、良い求人が見つからない場合もあります。

転職エージェントは豊富に求人を持っていますが、適切な求人を紹介できないことがあります。

良い求人があっても見逃すこともあるため、自分からも積極的に探されることをおすすめします。

合わない担当者にあたる可能性もある

第三の懸念点には、合わない担当者もいるということが挙げられます。

転職エージェントも新入りからベテランまで様々な担当者がいるはずです。

さらに担当者と自分との相性の問題もあるため、必要に応じて、担当者の変更を申し出ると良いでしょう。