IT転職で重要となる強みとは?スキルを身につける方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

IT転職で重要となる強みを知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • IT転職で重要となる強みを知りたい
  • 短所の整理の重要性を知りたい
  • IT転職で役に立つスキルを身につける方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、IT転職で重要となる強みや短所の整理の重要性を解説し、IT転職で役に立つスキルを身につける方法をまとめています。

IT転職で重要となる強み

IT転職で重要となる強み

IT転職を成功させるためには、魅力的な人材であることをアピールするための強みが必要です。
まずはIT転職で重要となる強みを解説していきたいと思います。

IT全般の基礎的知識と経験

まず、IT全般の基礎的な知識があるかが重要です。

例えば、駆け出しのアプリケーション開発エンジニアの場合、プログラミングについては知識と経験はありますが、ハードウェアやミドルウェア、ネットワークなどのインフラの知識は全くない場合もあります。

もちろんインフラについて知らなくてもその時点での仕事には差支えがない場合もあると思いますが、プログラミングはこうした多くのインフラの環境の前提の上に成り立っていることから、アプリケーション開発担当者の場合であっても、インフラへの理解がいずれは求められます。

また、その逆も同じです。インフラエンジニアとして活躍していく場合でも、各アプリケーションが何のリソースをどれだけ消費するかも想定できないといけませんし、プログラミングが全くの未経験という方がインフラ設計をするということは少ないです。

一つの目安として、開発職であれば基本情報技術者試験程度、開発職以外であればITパスポート試験程度の基礎知識があれば、IT全般に対して理解があると判断されると思います。

ただ、ITの場合は流行り廃りが激しいため、基礎的知識においても、日頃からのキャッチアップが重要になってきます。

分野別の専門的知識と経験

IT全般の基礎的知識はIT人材であれば「知っていて当たり前」のものです。

ですからIT転職で確かに強みとはなるものの、他のIT人材と差別化できるほどのものではありません。

基礎的知識はあくまで足切りとして使われ、専門的知識でマッチングが成立するかが決まります。

したがって、自分の得意分野を持って、専門的知識と経験をひたすら積んでいくことが重要になります。

例えば、エンジニアであれば、アプリケーション開発エンジニアやインフラエンジニア、ネットワークエンジニア等が存在しており、最近ではセキュリティエンジニアやAIエンジニアという仕事もありますよね。

このように分野に特化したエンジニアであればあるほど、人材価値も高くなるため、それが強みとなり、単価も上がってきます。

企業によってはなんでもできる「フルスタックエンジニア」が重宝されるケースもありますが、基本的には単価を上げるためには何かに特化しておいた方が良いと思います。

コミュニケーションスキル

IT人材でなくても重宝される強みとして、コミュニケーションスキルが挙げられます。

たとえ黙々とプログラミングを行うイメージの強い開発職であっても、クライアントとの打ち合わせや社内調整の会議が必要となってくるので、コミュニケーションスキルは必須です。

ただし、キャリアの初期の段階で、開発工程のうち「製作」や「検証」のみを担当される場合には、クライアントとは顔を合わさない場合が多いですし、社内会議も聞いているだけということも多いです。

徐々にコミュニケーションスキルを身につければ良いところが、開発職のメリットではありますが、いずれは必要となってきますので、コミュニケーションスキルがあるに越したことはありません。

短所の整理の重要性

短所の整理の重要性

面接の場では強みだけでなく短所も聞かれることが往々にしてあります。
これは短所に対してどう捉えているかを聞くことで、仕事への姿勢や将来性を企業側が把握しようとしているからです。
次に、この「短所」を整理することの重要性を解説します。

課題への適切な認識

短所は、自分の課題になります。

それが克服すべき課題なのかそうでないかは人それぞれですが、まず自分の課題を理解しているか、というところが社会人として求められます。

自分の課題を認識することもできないような方は、会社や業務上の課題も見出せないと判断されることが多いです。

人間であれば「短所はありません」という方はまずいないと思います。

危機感をどれだけ持っているか、キャリアプランを描けているか、仕事に対する意欲があるかなど、短所からも様々なことが読み取れるので、綿密な自己分析が必要になります。

克服のための対応策

短所を把握するだけで終わると、成長することのない人材として扱われます。

そのため、短所を適切に認識したうえで、それが克服すべき内容かどうか判断し、克服すべきだとしたらどのような対応を取っていくべきかを明確にする必要があります。

面接官は「仕事ができるか」よりもまずその人の本質を探ろうとするので、このあたりの自己分析は綿密に行うべきです。

基本的には前向きで現状を変えたいという意志を持っている方が評価されますので、身の回りのことから改革を始めると良いでしょう。

弱みを強みに変える

短所の克服で終わらせるだけでなく、短所を強みに変えていくことも大事です。

そうしないと、新たな強みなど生まれてこないですよね。

例えば、エンジニアであれば、クラウド技術を使わない現場は少なくなってきました。

そのため、「クラウド技術を使ったことがない」という弱みを持っている方も、積極的に自分からキャッチアップして、仕事として引き受けることで、クラウドを強みに変えていくことができます。

その過程で、現在所属する企業ではできないことであれば、転職が必要となりますが、それが動機となるので、自分の課題と克服法、キャリアプランなどを明確に先方に説明することができるので採用に結びつく可能性も高くなります。

IT転職で役に立つスキルを身につける方法

IT転職で役に立つスキルを身につける方法

最後に、強みを身につけたり、短所を強みに変えたりするための、IT転職で役に立つスキルを身につける方法をまとめていきます。

色々興味を持つ

「好きこそものの上手なれ」ということわざがあるように、日々身の回りのあらゆる情報技術に対して興味を持つことが大事です。

そうすることで、あえて特別な勉強をしなくても、理屈からIT全般の基礎的知識を身につけることができるので、これを習慣化することをおすすめします。

この業界の仕事では、クライアントの業界についても勉強をしなければいけないため、日々勉強になるので、いずれにしても興味や関心を持つということは必須になってきます。

上流工程の経験

上流工程とは、「要件定義」「設計」「製作」「検証」等の開発工程のうち、「要件定義」や「設計」などにあたる前半部分の工程のことです。

これらの工程は、黙々と手を動かして作業を行う工程というよりは、コミュニケーションスキルや論理的思考力を要する工程になります。

逆に「製作」や「検証」など、後ろの工程になればなるほど、誰でもできるような内容となりますので、人材としての価値も低くなります。

「要件定義」ではクライアントとの打ち合わせが必要となり、「設計」では論理的思考力や社内での的確な指示能力が要求されます。

現在テスターやプログラマーなどの下流を担当しているのであれば、ゆくゆくはエンジニアやプロジェクトマネージャなど上流の仕事ができるようにしていきましょう。

キャッチアップ

分野別の専門的知識をブラッシュアップしていくためには、日頃からのキャッチアップが重要です。

例えば、モダンな開発ではほぼAWSクラウドを使うので、エンジニアにもかかわらず使ったことがなければ、キャッチアップしておく必要があります。

もちろん仕事だけでは触る機会があるとは限らないので、プライベートな時間を使ってでも、新しい知識や技術などを身につけなければいけません。

上手い人は仕事だけで身につけていけるのですが、こういう方は常に自分にとって新しい領域で開発をすることになり、自分を追い込んでいる方が多いと思います。

どちらを取るかは人それぞれですが、いずれにしてもどこかでキャッチアップしないと永遠と幅が狭いままで終わってしまうので注意が必要です。

転職をして携わる仕事を変えたい場合には、無料の転職エージェントを使って、やりたい仕事を伝え、案件探しをしてもらうと良いと思います。