JavaScriptで大文字や小文字に変換する方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、JavaScriptで大文字や小文字に変換する方法について、それぞれに分け、簡単に解説していきます。

大文字に変換する方法

文字列を大文字に変換するにはStringのtoUpperCaseメソッドを使います。

StringのtoUpperCaseメソッドでは変換された文字列は戻り値で返されます。

var str = "hoge";
console.log(str.toUpperCase()); // HOGE

上記のコードでは、strという変数に格納されているhogeという文字列の全文字を大文字に変換しています。

小文字に変換する方法

文字列を小文字に変換するためにはStringのtoLowerCaseメソッドを使用します。

StringのtoLowerCaseメソッドに関しても変換された文字列は戻り値として返されます。

var str = "HOGE";
console.log(str.toLowerCase()); // hoge

上記のコードでは、strという変数に格納されているHOGEという文字列の全ての文字を小文字に変換しています。

頭文字を大文字に変換

文字列を大文字に変換する際に、頭文字のみを大文字に変換することも可能です。

頭文字のみを大文字に変換するには、toUpperCaseメソッドの他、substringメソッドも使うことになります。

var str = "hoge";
console.log(str.substring(0, 1).toUpperCase()+str.substring(1)); // Hoge

上記のコードでは、strという変数に格納されているhogeという文字列の最初の1文字のみを大文字に変換しています。