JavaScriptでのnullや空文字、undefinedの判定方法

PROGRAM

今回は、JavaScriptでのnullや空文字、undefinedの判定方法について、それぞれの方法に分け、簡単に解説していきます。

nullの判定方法

JavaScriptでnullを判定するには、単純にif文でnullと比較するだけです。

if (hoge == null) {
    console.log("nullです。");
}

上記のコードでは、hogeという変数がnullであれば、ログに”nullです。”と出力されます。

if (!hoge) {
    console.log("null等です。");
}

一方で、このnull判定は、上記のコードのように、短縮系で書くこともでき、”!hoge”でnull等の場合にtrueになります。

空文字の判定方法

JavaScriptで空文字の判定をする際も、単純にif文で”と比較するだけです。

if (hoge == '') {
    console.log("空文字です。");
}

上記のコードでは、hogeという変数が”(空文字)であれば、ログに”空文字です。”と出力されます。

if (!hoge) {
    console.log("空文字等です。");
}

一方で、この空文字判定も、上記のコードのように、null判定の場合同様、”!hoge”と判定することが可能で、空文字等の場合にtrueになります。

undefinedの判定方法

JavaScriptでundefined(未定義)の判定を行う場合は、if文でundefinedと比較する必要があります。

if (hoge == undefined) {
    console.log("undefinedです。");
}

上記のコードでは、hogeという変数がundefined(未定義)であれば、ログに”undefinedです。”と出力されます。

if (hoge == undefined || !hoge) {
    console.log("undefinedやnull、空文字等です。");
}

undefinedの判定では、短縮系で書くことができないため、undefinedとnull、空文字の全てをチェックしたい場合は上記のコードのように書きます。