JavaScriptで最大値や最小値を取得する方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、JavaScriptで最大値や最小値を取得する方法について、それぞれの場合に分け、簡単に解説していきます。

最大値を取得する方法

配列の最大値を取得するには、Arrayのreduceメソッドを使います。

reduceメソッドの引数に、二つの値の最大値を返す関数を与えることで、配列の最大値を求められます。

var arr = [2, 3, 5, 7, 11];
var max = arr.reduce(function(a, b) {
    return Math.max(a, b);
});

上記のコードでは、2,3,5,7,11という5つの数値を持った配列の最大値をreduceメソッドとMathのmaxメソッドを使い取得しています。

最小値を取得する方法

配列の最小値を取得する場合も、Arrayのreduceメソッドを使います。

reduceメソッドの引数に、二つの値の最小値を返す関数を与えることで、配列の最小値を求めることができます。

var arr = [2, 3, 5, 7, 11];
var min = arr.reduce(function(a, b) {
    return Math.min(a, b);
});

上記のコードでは、2,3,5,7,11という5つの数値を持った配列の最小値をreduceメソッドとMathのminメソッドを使って取得しています。

合計値を取得する方法

参考までに配列の合計値を取得する場合にも、Arrayのreduceメソッドが使えます。

reduceメソッドの引数に、二つの数を足した結果を返す関数を与えることで、配列の合計値を求めることができます。

var arr = [2, 3, 5, 7, 11];
var sum = arr.reduce(function(a, b) {
    return (a + b);
});

上記のコードでは、2,3,5,7,11という5つの数値を持った配列の合計値をreduceメソッドと足し算の結果を返す関数を利用して取得しています。