JavaScriptのローカルストレージ【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、JavaScriptのローカルストレージについて、簡単に解説していきます。

ローカルストレージの保存

JavaScriptでローカルストレージに保存ができます。

ローカルストレージは有効期限が無制限となっています。

localStorage.setItem('キー', '値');

上記の例のように、setItemメソッドでキーと値のセットを保存できます。

ローカルストレージの取得

ローカルストレージに保存してあれば取得ができます。

ローカルストレージの取得にはgetItemメソッドを使います。

var value = localStorage.getItem('キー');

上記のコードでは、ローカルストレージから取得した値をvalueという名の変数に格納します。

ローカルストレージの削除

不要なローカルストレージは削除しましょう。

ローカルストレージの削除は以下のようにremoveメソッドで可能です。

localStorage.removeItem('キー');

全てのローカルストレージの削除は下記のようにclearメソッドでできます。

localStorage.clear();