JavaScriptでの文字列や配列の連結・結合方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、JavaScriptでの文字列や配列の連結・結合方法について、それぞれに分け、簡単に解説していきます。

文字列の連結・結合

文字列同士は加算演算子(+)を使用することで連結することができます。

加算演算子(+)は文字列や文字列の変数に対し使うと、計算ではなく連結がされます。

var str = "私の名前は";
var result = str + "田中太郎" + "です。";
console.log(result); // 私の名前は田中太郎です。

上記のコードでは、文字列の変数であるstrと文字列である”田中太郎”や”です。”を連結しています。

文字列配列の連結

配列の中の文字列同士は、Arrayのjoinメソッドで連結できます。

Arrayのjoinメソッドの引数には、連結時の区切り文字を指定することができます。

var arr = ["私の名前は", "田中太郎", "です。"];
var result = arr.join('');
console.log(result); // 私の名前は田中太郎です。

上記のコードでは、配列であるarrの3つの要素の文字列をそれぞれ順番に連結しています。

配列の結合

配列同士は、Arrayのconcatメソッドで結合可能です。

Arrayのconcatメソッドでは、引数に結合対象の配列を指定します。

var arr1 = ["私の名前は", "田中太郎","です。"];
var arr2 = ["私の年齢は", "22歳","です。"];
var result = arr1.concat(arr2); // ["私の名前は", "田中太郎","です。","私の年齢は", "22歳","です。"]

上記のコードでは、arr1とarr2という配列同士をこの順番に結合しています。