【無名関数/アロー関数】JavaScriptの関数の書き方【現役SEが解説】

PROGRAM

今回は、JavaScriptの関数の書き方について、基本的な関数の書き方や無名関数の書き方、アロー関数の書き方を簡単に解説していきます。

関数の書き方

JavaScriptの関数の書き方は他の言語とほぼ同じです。

基本的には、”function 関数名(引数1,引数2,…){処理}”です。

// 関数の定義
function getPostTaxPrice(price, rate){
    return price*rate;
}

// 関数の呼出
getPostTaxPrice(price, rate);

上記のコードでは、基本的な書き方で、”getPostTaxPrice”という名前の関数を定義しています。

無名関数の書き方

JavaScriptでは他の言語と異なり、無名関数が多く使われます。

無名関数では、関数の定義の際に、関数をそのまま変数に入れます。

// 関数の定義
var getPostTaxPrice = function(price, rate) {
    return price*rate;
}

// 関数の呼出
getPostTaxPrice(price, rate);

上記のコードでは、名前のない関数の定義を変数に入れることで、変数の名前が関数の名前になります。

アロー関数の書き方

最近は”function”を省略して書くアロー関数の書き方が流行っています。

ただし、アロー関数にするとIEでは動かなくなってしまうため、注意が必要です。

// 関数の定義
var getPostTaxPrice = (price, rate) => {
    return price*rate;
}

// 関数の呼出
getPostTaxPrice(price, rate);

上記のコードでは、無名関数の書き方の”function”を省略した代わりに、”=>”の矢印を使って関数を定義しています。