【動かない】JavaScriptのエラーメッセージ【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、JavaScriptのエラーメッセージについて、動かない場合のエラーメッセージの確認と出力の方法に分け、簡単に解説していきます。

エラーメッセージの確認方法

JavaScriptが動かない場合はエラーメッセージが出ている可能性が高いです。

このエラーメッセージを確認するためには、ブラウザのデベロッパーツールをF12キー等で開きます。

デベロッパーツール

Google Chromeであれば、上記のような画面が表示されるため、このツールのConsoleタブでエラーメッセージを確認することができます。

文字列や変数の値の出力方法

デバッグ等でConsoleタブに意図的にメッセージを出力したい場合もあると思います。

その場合には、Consoleのlog()メソッドを使って、出力したい文字列や値を確認したい変数を第一引数に指定します。

console.log("テスト");

上記のコードのように書けば、先程のConsoleタブに”テスト”という文字列が出力され、デバッグ等でプログラムの進み具合や変数の値を確認できます。

メッセージ等の別の出力方法

Consoleのlog()メソッドを使えば、ほとんどのケースで事足ります。

しかし、alert()メソッドを使っても、文字列や変数の値を画面に表示することができます。

alert("テスト");

上記のコードのように書けば、画面に”テスト”という文字列がダイアログで表示され、デベロッパーツールをいちいち開かなくても、デバッグ等でプログラムの進み具合や変数の値を確認できます。