JavaScriptのデータ型【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、JavaScriptのデータ型について、プリミティブ型とオブジェクト型に分け、簡単に解説していきます。

プリミティブ型

プリミティブ型は、プログラミングで基本となるデータ型です。

例えば、数値型や文字列型、論理型等は、このプリミティブ型に分けられます。

var a = 0; // 数値型
var b = "hoge"; // 文字列型
var c = true; // 論理型

ただし、上記のコードのように、JavaScriptでは変数宣言時にデータ型を指定する必要はありません。

オブジェクト型

オブジェクト型は、プリミティブ型以外の全てのデータ型になります。

例えば、配列や関数、オブジェクトは全て、このオブジェクト型に分けられることになります。

var d = []; // 配列
var e = function() {}; // 関数
var f = {}; // オブジェクト

上記のコードのように、オブジェクト型に関しても同様に、データ型を明示的に宣言する必要がありません。

データ型の確認

JavaScriptは動的型付けの言語のため、オペランドのデータ型は状況に応じて変化します。

そのため、JavaScriptではtypeofという指定したオペランドのデータ型を返す演算子が用意されています。

var a = 0;
console.log(typeof a); // number

上記のコードのように、”typeof オペランド”でデータ型が返されるので、データ型を確認したいときに使うことができます。