JavaScriptの確認ダイアログと入力ダイアログ、アラート(警告)

PROGRAM

今回は、JavaScriptの確認ダイアログと入力ダイアログ、アラート(警告)について、それぞれに分け、簡単に解説していきます。

確認ダイアログ

確認ダイアログは、Windowのconfirmメソッドで表示可能です。

引数にはメッセージを指定し、返り値はtrueもしくはfalseとなります。

var confirm = window.confirm("よろしいですか?");

上記のコードでは、確認ダイアログを表示し、返り値をconfirmに代入しています。

入力ダイアログ

入力ダイアログは、Windowのpromptメソッドで表示することができます。

引数にはメッセージを指定し、返り値はユーザが入力した文字列となります。

var input = window.prompt("ご入力下さい。");

上記のコードでは、入力ダイアログを表示し、返り値(入力値)をinputに代入しています。

アラート(警告)

アラート(警告ダイアログ)は、Windowのalertメソッドで表示することが可能です。

引数にはメッセージを指定し、他のダイアログとは異なり、返り値は特にありません。

alert("ご注意下さい。");

上記のコードは、アラート(警告ダイアログ)を表示するだけのサンプルコードになります。