【break/continue】JavaScriptでループを抜ける方法

PROGRAM

今回は、JavaScriptでループを抜ける方法について、break文でループを抜ける場合とcontinue文でスキップする場合に分け、簡単に解説していきます。

break文でループを抜ける場合

for文やwhile文のループやswitch文はbreak文で完全に抜けられます。

break文を使うことで文の中のそれ以降の処理は行わず、ループの外(下)に処理が移されます。

for(var i=0;i<3;i++){
    break; // breakでループを完全に抜ける
}

上記のコードでは、for文の中でbreak文を使っており、この場合は初回のカウントでループを抜けています。

continue文でスキップする場合

for文やwhile文では、continue文を使うことでスキップすることができます。

continue文を使うと、その回のみスキップすることができ、次のカウントからまたループは継続されます。

for(var i=0;i<3;i++){
    continue; // continueで現在のカウントをスキップする
}

上記のコードでは、for文の中でcontinue文を使っており、この場合は毎回のカウントでスキップされることになります。

実際によくあるループを抜ける方法

実際にはswitch文の中でbreak、for文やwhile文の中でcontinueがよく使われます。

switch文ではbreakで抜けないと他のケースに入ることがあり、for文やwhile文ではスキップの需要があるからです。

var name = 'Tanaka';

switch (name){
  case 'Tanaka':
    console.log('名前は田中です。');
    break;
  case 'Yamada':
    console.log('名前は山田です。');
    break;
  default:
    console.log('その他の名前です。');
}

for(var i=0;i<3;i++){
    // 0回目のみ処理をスルー
    if (i == 0) {
        continue;
    } else {
        // 処理を書く
    }
}

上記のコードは、switch文とfor文のサンプルであり、それぞれbreak文とcontinue文の具体的な使用例を紹介しています。