IT転職後に多い後悔【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、IT転職後に多い後悔について、現場の視点で簡単に解説していきます。

退職金がない

世の中の会社を見ると退職金がない会社は少数派です。

しかし、IT転職では人材の流動性が高いこと等から退職金がない会社が意外と多いです。

事前に確認をしておかないと、後悔することが多いため、退職金がないことへどう対処するかを決めておく必要があります。

年収が上がらない

IT転職では年収が上がると思う方も多いかもしれません。

最終的には上がるかもしれませんが、筆者の経験上、転職した年から前年度の年収を上回ることはあまりないと思われます。

転職した年では賞与が完全に支給されない可能性が高いことや現職よりもいきなり仕事のレベルを上げることは難しいこと等の懸念が発生することが想定されるため、後悔を避けるのであれば、転職した年の想定年収も確認しておきましょう。

在宅勤務ができないもしくはメインでない

IT転職では在宅勤務を期待される方も多いでしょう。

もちろん新型コロナ感染症の予防の観点から在宅勤務制度を導入している会社は多いです。

ただ、在宅勤務制度がない会社や制度があっても長期的には制度をなくそうとしているもしくは在宅勤務日数を減らそうとしている会社も見受けられ、思ったより在宅勤務メインとはならず、期待していると後悔する場合があります。