IT転職で転職回数が多いとしても不利にならない場合【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、IT転職で転職回数が多いとしても不利にならない場合について、現場の視点で簡単に解説していきます。

キャリアパスに則っている

転職回数が多い場合でもキャリアパスに則っていれば筋を通せます。

筋が通っていないと不信感を持たれるため、必ずキャリアプランを持った上で転職活動をしましょう。

たしかにIT転職では実力主義によるヘッドハンティングも多いですが、それでも筋を通しておかないと難しいケースがあります。

各企業で十分な経験を積んでいる

転職回数が多い場合でもそれぞれの企業で十分な経験を積んでいれば魅力的な人材になります。

ただし、それらの経験の多くが、転職先企業にとって必要としている経験かどうかによっても変わってきます。

そして、短期間に何度も転職をしているようなケースでは、十分な経験とは言えないため、いくら転職回数が多くなりやすいIT転職でもマイナスに捉えられてしまいます。

転職の直接の動機が退職によるものではない

転職回数が多い場合では全ての転職の直接の動機が退職によるものではないことが求められます。

例えば、一般に人間関係が辞める理由としては多いですが、転職回数が多い傾向のあるIT転職でも、これはマイナスの印象を与えます。

人間関係はどこでも発生するということはもちろんですが、主体的な転職理由となっていないため、すぐ辞めてしまうかもしれないと判断され、不採用の確率を上げてしまいます。