HTMLの引用タグ【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、HTMLの引用タグについて、長文引用と短文引用に分け、簡単に解説していきます。

まとめて長い文章を引用する

長い文章を引用するには、blockquoteタグを使います。

blockquoteタグで囲まれた文字には上下の余白ができ、字下げされます。

<blockquote>吾輩は猫である。名前はまだ無い。</blockquote>

上記のコードでは、「吾輩は猫である」の最初の一段落を引用しています。

一部分の短い文章を引用する

一文のような短い文章を引用するためには、qタグを使用します。

qタグの中の文字には余白や字下げはなく、ダブルクォートで括られます。

<q>吾輩は猫である。</q>

上記のコードでは、「吾輩は猫である」の最初の一文のみを引用しています。

引用元のタイトルを表示する

引用元の作品のタイトルを表示する場合には、citeタグを用います。

citeタグで囲んだ文字は引用元として斜体(イタリック体)で表示されます。

<cite>吾輩は猫である</cite>

上記のコードでは、夏目漱石の「吾輩は猫である」を引用元として明記しています。