【絶対パスと相対パス】HTMLのパス【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、HTMLのパスについて、絶対パスと相対パスに分け、簡単に解説していきます。

パスとは

パスはリンク先や画像等の置き場を指定するURIです。

HTMLではaタグのhref属性やimgタグのsrc属性等で指定します。

<a href="https://www.google.com/">グーグル</a>
<img src="../img/img.jpg">

上記のコードでは、リンクや画像を表示するためにパスを指定しています。

絶対パス

絶対パスとはURIを最初から最後まで全て書いたものです。

HTMLではhttpやhttpsから始まっているパスを絶対パスと呼びます。

<a href="https://www.google.com/">グーグル</a>

上記のコードでは、グーグルのリンクを絶対パスで指定し、表示しています。

相対パス

相対パスとはURIを最初からではなく省略して書いたものです。

HTMLでは”/”は階層を表しており、”../”は一つ上の階層を表しています。

<img src="../img/img.jpg">

上記のコードでは、画像の置き場を相対パスで指定し、画像を表示しています。