GEEK JOBのカリキュラムはどう?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

GEEK JOBのカリキュラムについて知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • GEEK JOBのカリキュラムの内容を知りたい
  • その他に実際の現場で必要とされるものを知りたい
  • GEEK JOBのカリキュラムがおすすめできる理由を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、GEEK JOBのカリキュラムとその他に実際の現場で必要なものを解説し、GEEK JOBのカリキュラムがおすすめできる理由をまとめています。

GEEK JOBのカリキュラムの内容

GEEK JOBのカリキュラムの内容

結論から言うと、GEEK JOBのカリキュラムはおすすめとなっています。
まずは、GEEK JOBのカリキュラムの内容を解説していきたいと思います。

未経験者向けのWebプログラミング学習

GEEK JOBのプログラミングコースでは、Webプログラミングについて学習することができます。

Webプログラミングでは、画面作りのためのHTMLとCSS、サーバ側のプログラミングのためのJava/PHP/Rubyのいずれか、それからデータベースのSQLの言語について学習することができます。

実際の開発現場で使われている言語もこれとほぼ同じのため、プログラミングに関しては十分な学習内容となっていると言えます。

オブジェクト指向やMVCについて学ぶことができる

実際の開発現場では、チームでの開発が基本となるため、オブジェクト指向やMVCといった分業に適している概念に触れることになります。

これらはプログラミングスクールによっては、基礎からは少し外れるため、割愛しているところも多いですが、GEEK JOBではカリキュラムの中に含めていますので、学習後現場にスムーズに入りやすいと思います。

MVCに関しては、おそらくフレームワークについて学習することになると思います。

多くの開発現場ではこのフレームワークが使われていますので、現場に近い開発の感覚をつかむことができるでしょう。

オリジナルWebアプリの開発が含まれる

GEEK JOBのカリキュラムには、オリジナルのWebアプリの開発も含まれています。

これは一人でWebアプリの企画から実装までを担当するため、自分のプログラミングスキルをより確実なものにすると同時に、転職時のスキルの証明にすることもできます。

また、ここで開発した作品はポートフォリオ(作品集)に載せることができます。

ポートフォリオは、上場企業や自社開発企業といった優良企業の求人案件では提出を求められることが多々あるため、ここで制作実績を作ることで転職の対策にもなります。

その他に実際の現場で必要とされるもの

その他に実際の現場で必要とされるもの

実際の開発現場では、GEEK JOBのカリキュラムで学べること以外に必要とされるものがあります。
次に、それらの例を3つほど挙げて、解説していきたいと思います。

IT基礎知識

GEEK JOBでは未経験者向けにカリキュラムが作られているため、まずはPCやネットワークの基礎知識から学ぶことができます。

これはあくまでプログラミングをする上で必要なものだけとなっているため、実際の開発現場でクライアントやチームのメンバーと話をする際には、少し不足している感があります。

転職時や転職直後では特に問題はないと思いますので転職してから学ばれるのでも全く問題ないとは思いますが、余力があるのであれば、基本情報技術者試験程度のレベルにまでITの知識を身につけておくと良いと思います。

仕様書の読み書き

転職直後の仕事はおそらく既存システムやアプリの運用や保守、改修などがメインとなってくると思います。

その際に仕様書というものが必ず存在するはずですので、これの読み方、それから改修をする場合には書き方を知らないといけないですが、現場によってこのフォーマットが異なるため、これも現場に入ってから学べば良いと思います。

もし興味がある方は、テーブル定義や画面設計といったキーワードで検索をして大まかに予習されると良いと思います。

クラウドの知識

最近の開発現場、特にWeb系の開発現場では、クラウドを使っていないところはかなり少なくなってきています。

コンプライアンスの厳しい大企業であっても、何らかの形でクラウドを使っているところが多くなってきています。

具体的には、AWSが最も使われており、その中でもWeb系の開発でもっとも使われるサービスはAWSのEC2だと思います。

これも基本的には転職後に学べば良いと思いますが、時間の余裕のある方は個人的に調査しておくと良いと思います。

GEEK JOBのカリキュラムがおすすめできる理由

GEEK JOBのカリキュラムがおすすめできる理由

以上GEEK JOBのカリキュラムで学べるものと学べないものについて、見てきました。
最後に、このGEEK JOBのカリキュラムがおすすめできる理由をまとめたいと思います。

別の記事ではコースを全体的に評価もしています↓

基礎知識や思考方法から学べる

プログラミングスクールによってはいきなりプログラミング言語から入るというところもありますが、GEEK JOBでは言語からは入らず、まずはPCやネットワークの基礎知識から学びます。

そのため、ITの知識がない未経験者であっても、スムーズに学習を進めていくことができるカリキュラムとなっています。

また、言語の学習の前にプログラミング的思考方法を学ぶことができますので、プログラミング感覚を早い段階から身につけることができます。

実際のプログラミングでは、言語の知識や構文といった小手先のテクニックよりかは、プログラミングの論理的な考え方の方が重要となりますので、思考方法から入るところは、現役エンジニアの筆者からしても、とても評価できる内容です。

現役エンジニアが個別指導

GEEK JOBは、通学個別指導の学習形態のプログラミングスクールとなっていますので、直接講師と会って個別に指導をしてもらうことができます。

そのため、画面越しで説明がわかりにくかったり、集団授業で質問がしにくかったりといった問題は発生しませんので、自由にいつでも質問することが可能です。

現役エンジニアはカリキュラムの最初から最後までサポートをしてくれますので、確実に学習を進めていくことができます。

課題や制作といったアウトプットが中心

GEEK JOBのカリキュラムは、課題をこなしていき、それから最後に制作をするといったアウトプット中心のカリキュラムとなっています。

プログラミングはインプットで覚えるよりは、アウトプットでひたすら書きながらでないと覚えられない性質のものなので、アウトプット中心のカリキュラムは理にかなっています。

最後の制作では基本的には自分ひとりで開発していくことになりますが、もちろん現役エンジニアのサポートも受けられますので、未経験者でも実績づくりまで安心して進めていける内容となっています。