悩み解決!異業種からITエンジニアに転職するメリット【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

異業種からITエンジニアに転職するメリットを知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ITエンジニアに転職するメリットを知りたい
  • ITエンジニアになることで解決できる悩みを知りたい
  • ITエンジニアに転職するためのおすすめの方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、ITエンジニアに転職するメリットと解決できる悩みを解説しつつ、ITエンジニアに転職するためのおすすめの方法をまとめています。

異業種からITエンジニアに転職するメリット

異業種からITエンジニアに転職するメリット

まずは、異業種からITエンジニアに転職するメリットを3つほど挙げ、解説していきます。
その際にデメリットにも触れていきます。

給与水準が高い

ITエンジニアは、他の職種と比べても、比較的給与水準が高い職種の一つです。

その理由は、ITで業務の効率化などのソリューションを提供することでコスト削減を実現できたり、データ分析やWebサービスの提供などを通じて売上を上げたり、事業を拡大したりすることができるからです。

エンジニアの中でもSIerのエンジニアはコスト削減のシステム開発が多い気がします。一方で、Web系のスタートアップ企業などではWebサービスの提供が多く、大手企業などではデータ分析や機械学習系の仕事が最近増えてきています。

いずれにしても、売上アップや経費の削減につながる仕組みの開発が多いため、その分稼ぎやすい分野となっています。一見スーツを着た事務仕事に見えるかもしれませんが、エンジニアは開発職のため、事務職とは異なります。

ただし、給与水準は高いものの、残業はやや多いことで知られていますので、毎日定時で帰りたいという方には向かないかもしれません。ただし、この業界は残業代が付きますので無給の心配はいりません。

また、残業については見直しが頻繁に行われていますので、昔のように激務の仕事はだいぶ減りました。もちろん企業によって忙しい会社とそうでない会社があると思いますので、心配であれば、就職活動時に確認をされると良いと思います。

ソフトやAIを活用する立場になれる

おそらく異業種の平社員の方などは、ソフトやシステムに利用される立場の方が大半だと思います。
しかし、ITエンジニアになることで、ソフトを活用する立場あるいは開発する立場の人間になることができます。これは大きな立場の逆転になります。

また、今後AIの発展により、多くの単純労働の仕事が消滅すると言われていますが、ITエンジニアになることでAIを活用する立場の人間になれますので、これも心配がなくなります。

ただし、エンジニアでも、「プログラマー」の域で止まってしまうような方は、将来AIに取って代わられる可能性があるので注意が必要です。プログラマーは単純に指示されたとおりにコードを書くだけの仕事のため、AIが得意とする仕事の一つです。

将来的にはプログラマーにとどまらず、上流工程(要件定義や設計)を担当できるエンジニアになれるように心がけ、ぜひソフトやAIを活用する立場になっていきましょう。

コミュニケーション能力に自信がない人でも活躍できる

エンジニアはコミュニケーションが苦手な人が比較的多い職種です。

中には「どう挨拶して良いかわからない」という方や「人と関わるのが苦手」という方も結構います。

そのため、これまでコミュニケーションに苦労されてきた方にとっては、エンジニアになることでオアシスとなる場合があります。

もちろんエンジニアも、将来的には打ち合わせや要件定義に参加して、顧客と話ができるエンジニアを目指すべきなので、コミュニケーション能力を身につけていく必要があるのですが、今現在苦手でも比較的問題になることが少ない職種のため、自分に自信がない人にはおすすめの職種です。

ITエンジニアになることで解決できる悩み

ITエンジニアになることで解決できる悩み

次に、ITエンジニアになることで解決できる悩みを紹介したいと思います。

一人暮らしができる

大卒の新入社員の初任給は20万円程度ですが、転職などを繰り返してしまうことによって、数年経ってもこのまま上がらない人は結構います。

そういう方にとっては、とてもじゃないですが一人暮らしをする余裕なんてものはありません。

「せめて一人暮らしできるぐらいの稼ぎが欲しい」と、そんなふうな悩みを抱えている人もかなりいるのではないかと思います。

ITエンジニアは、比較的給与水準が高い職種で、20代の方でも年収400万円弱は最低でもいくので、少し余裕をもって一人暮らしをすることができます。

また、IT業界は手当が手厚いことが多いので、住宅手当や家族手当にも期待できます。

自分の収入に悩みを持っている方はかなりいると思いますので、それを解決するためにITエンジニアに転職することはおすすめの手段の一つです。

サービス残業からの解放

サービス業などでは、サービス残業といって、無給の残業をたくさんされている方が多いと思います。

この点、ITエンジニアを抱えるIT業界などでは、昔から残業が多いことで有名だったため、ほとんどの企業で残業代が付きます。

さらに、昔は激務が多かったIT業界などでも、最近ではかなり見直されつつあり、現場によってはノー残業デイが設けられていたり、月40時間程度までの制限がかけられていたりするところが多くなっています。

いずれにしても、サービス残業をさせられる可能性はかなり低い職種ではありますので、現在無給の残業で悩まされている方にはおすすめの職種です。

コミュ障でも手に職がつく

コミュニケーションに自信がない人のことを、俗にコミュ障と呼びますが、このような方でも比較的仕事をしやすいのがエンジニアの仕事です。

その理由は、エンジニアになりたての頃は、まずはプログラムを黙々と指示されたとおりに組む仕事からスタートすることが多いからです。

また、一旦専門知識が身についてしまえば、問い合わせなどに関しても、基本的には覚えた内容で対応しやすい職種だからです。

そのため、コミュニケーションが苦手で、そこに悩みを持っている方には、人と徐々に関わるきっかけを作るための職業として、エンジニアはおすすめの職種です。

もちろん最終的には顧客と打ち合わせなどの場で会話ができるようにならないといけませんが、通常はそれなりに長い時間をかけて成長できますので、ゆっくりと少しずつ慣らしていくことができます。

ITエンジニアに転職するためのおすすめの方法

ITエンジニアに転職するためのおすすめの方法

メリットが多いITエンジニアですが、なるためにはプログラミングスキルを習得する必要があります。
最後に、私自身や知人の方の体験を踏まえた、誰でもエンジニアに就職・転職できるおすすめのプログラミング学習方法をまとめてみました。

身近なものをプログラムで自動化・効率化

プログラミングの学習は、受験勉強のように参考書を何周もして覚えるものではありません。
覚えたところで、書き方や構文がわかるだけで、プログラムを作る力はあまり身につかないでしょう。

それよりも大事なのは、作りたいプログラムの目標を持つことです。
具体的な目標がないと、プログラミング言語の知識は宝の持ち腐れとなり、応用の仕方がわからないまま、やがては忘れ去られてしまいます。

そのため、まずは身近なものをプログラムで自動化・効率化してみましょう。
現職のある方は業務の手間を削減できるものを、学生の方などは便利なツールや自分のWebサービス(サイトなど)を作ってみましょう。

そうすることで、使われない知識ではなく、実践的な応用力を身につけることができます。

コピペしながら目的のプログラムを作り上げていく

プログラミングスキルは、本などを読むだけではまず習得できません。
作りたいものの目標を持って、実際に手を動かしてそれを作り上げて行くということをしない限り、身につけられるものではありません。

理由は、プログラミングにおいては、書き方や構文なんかよりもロジックが大事だからです。

プログラミングを学習していく際には、処理と処理の前後関係のフローや組み合わせを考え、論理的思考力の一つであるプログラミング的思考を最初に身につけることが要となります。

したがって、処理の組み合わせやフローが作れたら、あとは個々の処理を洗い出して、わからないものをネット上で検索して、適宜コピペして拾ってくるやり方でOKです。

実際に私はそうやって覚えていき、薄給からそれなりのお給料をもらうまでにのし上がりました。

これからプログラミングを学習する方には、わからないものを潰していく勉強ではなく、課題を解決していくスタイルの学習をしていただければと思っています。

自信があれば独学、なければプログラミングスクール

プログラミングの学習は独学でもなんとかなります。
実際私も独学で学んできた一人です。

しかし、効率がよかったか、最短だったか、と聞かれるとそうは思いません。
また、エンジニアになった後も顧客や同じ技術者の方と話す際に、専門学校やプログラミングスクールに通っていなかった分、基礎的な知識が欠けているなと実感したことが何度もありました。

そういった経緯があるので、独学では不安だったり、基礎的なところをきちんと固めて仕事をしたいと考えている方には、プログラミングスクールがおすすめです。
特にニートの方であれば、時間も余っていますし、スクールに通って集中的に学習されると良いと思います。

プログラミングスクールでは、単にプログラミングの学習だけではなく、未経験者でもポートフォリオに載せることのできるオリジナルサービスの開発の支援や就職活動の手厚いサポートをしてくれるところが多いです。

プログラミングスクールに関する詳細は別の記事でまとめていますので、興味があればぜひ参考にして下さい。