学歴不問!高卒でもエンジニアに就職・転職できる!【現役エンジニアが理由を解説】

PROGRAM

高卒でもエンジニアに就職・転職できるか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • 高卒でもエンジニアに就職・転職できる理由を知りたい
  • 高卒でエンジニアになる方法を知りたい
  • プログラミングの学習方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、高卒でもエンジニアに就職・転職できる理由を解説しつつ、高卒でエンジニアなる方法とプログラミングの学習方法をまとめています。

高卒でもエンジニアに就職・転職できる理由

高卒でもエンジニアに就職・転職できる理由

高卒でもエンジニアに就職・転職できるとタイトルで宣言しましたが、
まずは、その理由を3つほど挙げて、解説していきます。

プログラミングは高等教育ではほぼノータッチ

エンジニアになるためには、プログラミングスキルが必須となりますが、このプログラミングは大学などの高等教育機関ではほぼノータッチなので、学歴による差がありません。

そのため、高卒だろうが大卒だろうが、未経験であれば前提条件は同じということになります。

もちろん、情報理工学系の大学生であれば、プログラミングに触れる機会はありますが、彼らはベンチャー企業や、大学院・研究所などの機関に就職することを第一としていますから、一般のエンジニア職で競合することもほぼないでしょう。

したがって、プログラミングは学歴ではなく、高卒大卒問わずに誰でもほぼ同じ条件から学習することができ、就職・転職することができるのです。

業界自体が学歴をあまり重視しない

「高卒と大卒で同じ条件、そんなわけはない」と思われる方も多いと思いますが、エンジニアの業界ではあまり学歴は重視しないのが一般的です。

もちろん大手企業のSIerは別ですが、エンジニアはあくまで開発者なので、実務経験の方がはるかに重視されます。

学歴が見られるのは、それ以外に評価するところがない場合のみです。
本当は職務経歴を見たいところなのですが、未経験者の場合はそれがないため学歴ぐらいしか見ることがないのです。

しかし、例えば専門学校やプログラミングスクールでプログラミングを学んでいたり、自分の作品を持っているような場合には、未経験者でも実務経験に近いものがある、もしくは相当の能力を持っているとみなされる場合があります。

したがって、学歴は最初だけ参考にされますが、実務経験があればそっちの方がはるかに重要視されるということになります。

初任給が低いので採用しやすい

高卒と大卒は初任給に差があることが一般的です。
大卒初任給は20万円程度ですが、高卒初任給は18万円程度となっており、2万円程度の差となっています。

そのため、実務の能力に差がないのであれば、少しでも賃金の安い方を取るという経営者も多くいますので、高卒は未経験者採用では意外と有利なのです。

大企業のように人材に投資できる資本があるところはこの限りではありませんが、企業としては基本的に初期投資のコストは少ない方が良いため、実務能力的に同じ条件なら高卒を優先している場合もあります。

初任給が安いからといって一生安いままかというとそうでもありません。
前述したとおり、エンジニアの評価は開発者ということもあり実務経験を基準に評価するのが一般的なので、学歴関係なくエンジニアに値段が付きます。

少しでも魅力的な人材になるように、場数をたくさん踏んで、様々な実務経験を積むことを最初は意識しましょう。

高卒でエンジニアになる方法

高卒でエンジニアになる方法

次に、高卒でエンジニアになる方法を3つのステップに分けて紹介したいと思います。

1. プログラミング学習

エンジニアになるためには、当然プログラミングのスキルを習得しなければなりません。

プログラミング学習に関しては、受験勉強や資格習得の場合とは異なり、テスト範囲が決まっていてそこを勉強すればなんとかなる、というようなものではありませんので、例えば、参考書を何周もして暗記をしておく、というやり方では通用しません。

参考書一冊をやれば、たしかに知識としては身につくのですが、結局何一つ自分のプログラムを書くことはできないでしょうし、考え方や応用力もないと思います。

したがって、プログラムで作りたいものの目標を立て、それを、参考書などを逆引きして調べながら作り上げて行くというスタイルがおすすめです。

プログラミング学習は、暗記というよりは考え方や論理的思考力を鍛える方が効果的だと思います。

2. できれば自分の作品を作る

プログラミング学習をした後は、即エンジニアに就職・転職しても良いのですが、最初は実務経験がないため、参考材料がないので学歴を多少見られてしまう可能性があります。

そのため、できれば自分の作品を作っておくことで、それを実務経験に近いものと判断してもらって、適性と能力がある人材だと認識してもらえるように仕向けることが大事です。

これは実際に自分自身のためにもなります。何も知らない中、エンジニアに就職できたとしても、適性があるかどうかわかりませんし、合わなくてそのまますぐ辞めてしまっては時間の無駄になってしまうからです。

自分の作品はなんでも良いですが、Web系ならばもっとも難易度が低く作りやすいのではないかと思います。

3. エンジニアに就職・転職

プログラミングスキルの習得と自分のオリジナル作品を開発したら、いざエンジニアに就職・転職しましょう。

エンジニアは人手不足なので、地方ではない限りは、基本的には就職には困らないはずです。
最初は「エンジニア」という肩書きよりかは「プログラマー」となってしまうかもしれませんが、多くの人が通る道なので、ここは気にするところではありません。

プログラマー、いわゆるPGから、システムエンジニア、SEになっていくのがSIerでは一般的です。

SEも最終ゴールではなく、その後管理系の職種についたり、コンサルになったりする人もいますので、そこまでのキャリアプランも具体的に持っておくと、就職活動も有意義になってくると思います。

プログラミングの学習方法

プログラミングの学習方法を知りたい

最後に、私自身や高卒の知人の方の体験を踏まえた、誰でもエンジニアに就職・転職できるおすすめのプログラミング学習方法をまとめてみました。

身近なものをプログラムで自動化・効率化

プログラミングの学習は、受験勉強のように参考書を何周もして覚えるものではありません。
覚えたところで、書き方や構文がわかるだけで、プログラムを作る力はあまり身につかないでしょう。

それよりも大事なのは、作りたいプログラムの目標を持つことです。
具体的な目標がないと、プログラミング言語の知識は宝の持ち腐れとなり、応用の仕方がわからないまま、やがては忘れ去られてしまいます。

そのため、まずは身近なものをプログラムで自動化・効率化してみましょう。
現職のある方は業務の手間を削減できるものを、学生の方などは便利なツールや自分のWebサービス(サイトなど)を作ってみましょう。

そうすることで、使われない知識ではなく、実践的な応用力を身につけることができます。

コピペしながら目的のプログラムを作り上げていく

プログラミングスキルは、本などを読むだけではまず習得できません。
作りたいものの目標を持って、実際に手を動かしてそれを作り上げて行くということをしない限り、身につけられるものではありません。

理由は、プログラミングにおいては、書き方や構文なんかよりもロジックが大事だからです。

プログラミングを学習していく際には、処理と処理の前後関係のフローや組み合わせを考え、論理的思考力の一つであるプログラミング的思考を最初に身につけることが要となります。

したがって、処理の組み合わせやフローが作れたら、あとは個々の処理を洗い出して、わからないものをネット上で検索して、適宜コピペして拾ってくるやり方でOKです。

実際に私はそうやって覚えていき、薄給からそれなりのお給料をもらうまでにのし上がりました。

これからプログラミングを学習する方には、わからないものを潰していく勉強ではなく、課題を解決していくスタイルの学習をしていただければと思っています。

自信があれば独学、なければプログラミングスクール

プログラミングの学習は独学でもなんとかなります。
実際私も独学で学んできた一人です。

しかし、効率がよかったか、最短だったか、と聞かれるとそうは思いません。
また、エンジニアになった後も顧客や同じ技術者の方と話す際に、専門学校やプログラミングスクールに通っていなかった分、基礎的な知識が欠けているなと実感したことが何度もありました。

そういった経緯があるので、独学では不安だったり、基礎的なところをきちんと固めて仕事をしたいと考えている方には、プログラミングスクールがおすすめです。
特にニートの方であれば、時間も余っていますし、スクールに通って集中的に学習されると良いと思います。

プログラミングスクールでは、単にプログラミングの学習だけではなく、未経験者でもポートフォリオに載せることのできるオリジナルサービスの開発の支援や就職活動の手厚いサポートをしてくれるところが多いです。

プログラミングスクールに関する詳細は別の記事でまとめていますので、興味があればぜひ参考にして下さい。