フリーランスエンジニアに資格は必要?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

フリーランスエンジニアに資格は必要か知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • フリーランスエンジニアに資格が必要ない理由を知りたい
  • フリーランスエンジニアに必要なものを知りたい
  • フリーランスエンジニアに必要なものの身につけ方を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、フリーランスエンジニアに資格が必要ない理由を解説し、フリーランスエンジニアに必要なものとその身につけ方をまとめています。

フリーランスエンジニアに資格が必要ない理由

フリーランスエンジニアに資格が必要ない理由

結論から言うと、フリーランスエンジニアに資格はほぼ必要がないと言えます。
まずは、その理由を3つほど挙げ、解説していきます。

資格より実務経験の方を重視

新卒の就職活動の場合には、資格持ちは評価されるイメージが強いですが、一旦社会に出てしまうと、資格よりはむしろ実務経験の方が重視されます。

その理由は単純で、資格を持っていても仕事ができるとは限らないから、です。

私の所属する会社内では、「資格持ちほど使えない説」すら出ているほどです。
結局は職務経歴がまず初めに見られ、その仕事を実際にしてきたか、の方が重視されます。

資格を取ると、それだけでマスターしきったつもりになってしまうので、そこで終わっちゃう人が多いです。
実際に資格を取ったものに限って、実務経験で一切関わることがない。そんなこともよくあります。

もしかしたら他の業界は違うかもしれませんが、エンジニアに関しては資格よりは実務経験が重視されるので、認識が違っていた方は優先順位を変えておきましょう。

資格は実務経験の不足を補う

資格より実務経験の方が重視されるとしたら、資格を取る意味が全くないということになってしまうと思うかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

資格を取得しているということは、理屈は少なからず押さえられているわけですから、仕事に対する理解は最低でもできるはずだからです。

そのため、実務経験の不足を補うものとして、資格が役に立つことはあります。

また、実務経験がない場合に、次点で「資格が必要」としている案件もあります。

したがって、実務経験はないけどどうしても取りたい案件がある場合には、資格を取る意味はありますが、投資することになるお金と時間を考えると、結局は割に合わないことが多いです。

資格自体が目的になりやすい

先程も少し話しましたが、「資格持ちほど使えない人が多い」と言われることが多々あります。

その理由の一つは、資格を取ること自体が目的となってしまっているから、です。

資格を取った時点で満足してしまい、以降は勉強しようともせず、実践的なスキルもまだ身についていないので中途半端な状態で終わってしまうのです。

そうなると、資格のために費やしてきたお金と時間が無駄になってしまうので、取りたい案件ややりたい仕事があってどうしても必要になる場合を除けば、資格を取るメリットはあまりないと思えてきますよね。

フリーランスエンジニアに必要なもの

フリーランスエンジニアに必要なもの

必要なものが資格ではないとしたら、逆にどのようなものが求められるのでしょうか。
次に、フリーランスエンジニアに必要なものを紹介していきたいと思います。

豊富な実務経験

エンジニアを評価する際の材料の一番目は実務経験で、次点が資格となります。
そのため、できるだけ様々な実務経験を身につけておくことをおすすめします。

具体的に言うと、例えばWeb系では、Rubyしかやったことがないという人よりは、スクリプト言語もコンパイル言語もどちらでも行けるという人の方が企業側は取りたいと思いますし、Linux環境でApacheしかWebサーバを構築したことがないという人よりは、Windows Server+IIS環境でASPの開発もしてきた経験があり視野が広いという人の方が任せたくなります。

しかし、案件によってはオーバースペックになることもありますので、宝の持ち腐れになってしまうケースもあります。

とはいえ、フリーランスで自分の得意分野を持っている人に関しては、一つの環境しか経験したことのない人の方が珍しい気がしますし、様々な案件を通して、視野を広げ、臨機応変に対応できる能力を身につけておくことは大事なことだと思います。

キャッチアップ

エンジニアの技術、特にWeb系に関しては、流行り廃りが激しいです。

例えば、PHPのフレームワークなんかは、数年前はCakePHPが中心だったのに今はLaravelが主流になってきているので、ネイティブのPHPに自信がない人だとフレームワークが切り替わった時点でキャリアが終わってしまいます。

そのため、常に最新の技術だったり、人気のライブラリやフレームワーク、クラウドのサービスなどに敏感になる必要があり、自分のプライベートな時間を多少使ってでもキャッチアップしていく必要があります。

しかも、出始めの技術は、誰も触れたことがないので、単価が高くなりやすいです。
実際にPythonやGoなどは今注目されていますが、そこまで技術者の数がいないため、比較的単価が高めです。

もし高収入を得たいのであれば、キャッチアップは非常に大事な習慣になります。

複数の得意分野

今の時代、一つの技術だけで職人的にやっていけるほど甘い世界ではないです。

特にWeb系では、先程も言いましたが、流行り廃りが激しい分野なので、生き残るのは厳しいです。

そのため、複数の得意分野があった方が良いです。
しかも得意なものは領域が被らない方が良いです。

例えば、「Ruby on Railsでのフレームワーク開発」と「Laravelでのフレームワーク開発」は言語が違うだけでどちらもMVCフレームワークでの開発を指しますし、あまり大差がありません。

経験は大事ですが、どちらかというと少し視点を変えて、「AWSやGCPのクラウドの利用」や「Pythonでの機械学習系プログラム開発、NoSQL利用」など、それぞれ違った領域で得意なものが持てると心強いです。

一つの分野で絞るよりは、幅広く得意分野を持つことをおすすめします。

フリーランスエンジニアに必要なものの身につけ方

フリーランスエンジニアに必要なものの身につけ方

ここまででフリーランスエンジニアに必要なものを紹介しました。
最後に、それらの具体的な身につけ方をまとめています。

案件の取捨選択

フリーランスエンジニアとして活動している方、もしくはこれからなろうとしている方のいずれにも言えることですが、一度経験したことのあるタイプの案件を獲得することよりも、自分がやったことのないものが追加されている案件を獲得していくことの方が望ましいです。

例えば、Web系であれば、LAMP環境での開発はメジャーな組み合わせですが、一度やったことがあれば、二度目をやったところで新しい知識や経験を得られるということはあまりありません。

そのため、次の案件ではApacheではなくNginxで動的処理に強い環境を構築する案件を選んでみるとか、IISでASP.NETの開発に携わってみるなど、冒険をした方が人材としての価値が上がります。

人間は楽な方向に逃げてしまいがちですが、やったことがないものこそ、自分を成長させてくれる良い材料となりますので、案件獲得時は意識してみると良いと思います。

仕事の中で学習

エンジニアとしての価値を持続させるためには、新しい技術やサービスへのキャッチアップを、プライベートな時間を犠牲にしてでもやる必要があるのですが、やはりプライベートな時間を使うことは生産性が下がってしまう要因になってしまうので、あまり望ましくはありません。

ですので、もし可能であれば、仕事中にキャッチアップをすることをおすすめします。
そのためには、先程と重なりますが、自分のやったことのない経験ができるような案件を獲得し、その中で学習をさせてもらうことが必要になります。

このやり方は最初は案件が取りにくいかもしれませんが、案件をこなしていけばいくほど自分の価値が上がるやり方なので、次第にどんどん案件を取りやすくなってきます。

仕事の中でキャッチアップができて、なおかつ案件も取りやすくなるのは一石二鳥なので、ぜひ案件選びの際は意識するようにしてみて下さい。

場数を多く踏む

これはエンジニアによく言われることですが、とにかく場数をたくさん踏むようにしましょう。
まずは色々と開発をしてみないことには何も始まりません。

上手くいくことで覚えて行くこともありますが、基本的にはイレギュラーな事態が発生することでエンジニアとして成長できることの方が多いので、自分の隣で問題が発生したら積極的に首を突っ込んで、自分の問題としてとらえるようにしましょう。

そうすることでどんどんイレギュラーへの対処法を吸収していけるので、将来的に頼りにされるような人材になることができます。

ぜひ若いうちは色々な開発現場を経験して、人脈を形成したり、エンジニア同士で情報を交換していくことをおすすめします。