【エンジニア転職】doda(デューダ)の評価はどう?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

doda(デューダ)の評価を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • doda(デューダ)の特徴について知りたい
  • doda(デューダ)のエンジニア向けの求人について知りたい
  • doda(デューダ)についての現役エンジニアの評価を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、転職エージェントのdoda(デューダ)について、その特徴やエンジニア向けの求人を解説し、現役エンジニアの視点から評価しています。

doda(デューダ)の特徴

doda(デューダ)の特徴

結論から言うと、doda(デューダ)は社内SEなどのポジションを求めて転職する際には、役立つエージェントと言えます。
評価をする前に、まずはdodaの特徴から解説をしていきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

求人案件が多く集まっている

dodaはマイナビやリクナビに並ぶ、大手の転職サイト・エージェントの一つです。
大手企業などの求人の募集にもよく使われており、中小から大手までの実に様々な求人案件が集まっています。
実際にご自身の興味のある会社を何社か検索されますと、dodaでヒットすることが確認できると思います。

エンジニアの求人も取り扱う

dodaはエンジニア専門のエージェントではありませんが、エンジニアの求人案件も多く取り扱っています。
具体的には大手企業やその情報子会社のポジションなどの求人があり、腰を据えて開発されたい方に向いています。
エンジニアの市場は現在人手不足で需要が多く供給が少ない状況となっている、いわゆる売り手市場なので、転職がしやすくなっています。

エージェントサービスが任意

dodaは他の転職エージェントとは異なり、エージェントサービスの利用が任意で、転職サイトとしての機能だけを使うことができます。
エージェントサービスではなく自分で探されたいという方は意外と多く、まずはどんな求人を扱っているのか様子見で使ってみるのに適しています。
ただ、エージェントサービスを利用することで多くの非公開求人にも応募することができるので、本腰を入れて転職活動をする際には利用されると良いでしょう。

doda(デューダ)のエンジニア向けの求人

doda(デューダ)のエンジニア向けの求人

dodaのエージェントとしての特徴が確認できたと思います。
次に、dodaのエンジニア向けの求人について、解説をしていきたいと思います。

経験者向け

dodaは未経験者向けの求人よりかは経験者向けの求人の方が多くなっています。
特にエンジニアは技術職のため、どれだけ場数を踏んでいるか、すなわち経験が物を言います。
求人にもよりますが、大体経験が3~5年以上ある方を対象としているものが多いようです。

SESの求人も多い

dodaのエンジニアの求人にはSES企業のものも多いですが、こちらはキャリアを成長させにくいためあまりおすすめはしません。
SES企業とは、自社の社員を開発などの要員として客先に一定期間提供することを事業としている企業のことです。
これらの企業では、プロジェクトの管理が客先でされているうえに、できることも制限されているため、キャリアアップには向かない環境であることが多いのです。

魅力的な非公開求人あり

dodaは非公開求人を多く保有しており、これらの求人はエージェントサービスを利用することで提案を受けることができます。
実際に非公開求人の中に大手企業の社内SEなどの魅力的な求人があるので、キャリアを確立するために転職をされるのであれば、利用した方が良いです。
非公開ということだけあって、各企業の採用ページに行っても直接募集しているところは少ないので、エージェント経由でのみ応募が可能となっています。

doda(デューダ)についての現役エンジニアの評価

doda(デューダ)についての現役エンジニアの評価

以上でdodaの全貌を明らかにしてきました。
最後に、現役エンジニアの視点からdodaを評価したいと思います。

社内SEへの転職に使える

dodaには社内SEのポジションの求人があり、SIerではなく、一つの会社のために仕事をしていきたいという方にはおすすめできます。
社内SEでは基本的にはごりごり開発をすることよりかは、どちらかというと情報システムに関する企画や管理を行う仕事がメインになります。
体力の必要なプログラマーやエンジニアでは長く働きづらいため、次のステップとして転職先の候補に上がることが多く、人気のポジションになっています。

大手企業の求人探しにも

dodaは大手企業の求人を多く扱っているので、経験がある一方で、所属企業の先行きが不安であったり、待遇に不満をもたれている方の求人探しにおすすめです。
実際に、独立系SIer(ソフトハウス)に所属する方はもちろん、SES企業で働くエンジニアが、さらなるキャリアアップや待遇改善を求めてdodaを利用されています。
大手に限ったことではありませんが、業績の良い企業と悪い企業とでは賞与に何倍もの差がありますので、年収アップが目的であれば、大手を中心に好調な企業を探してみましょう。

自分で求人に応募できる

dodaの良さは自分でも求人を応募できる点にあり、エージェントの担当ではなく自分自身で転職先を決めることができる点です。
転職サイトとしての利用から、エージェントサービスを追加で付ける際にも、業務経歴書等を新たに登録をする必要はないので使い勝手が良いです。
魅力的な案件は非公開案件が多いので、大手企業や社内SEの求人を探される方は、ぜひエージェントサービスも利用することをおすすめします。