【転職保証あり】DMM WEBCAMPは転職におすすめ【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

DMM WEBCAMPは転職におすすめか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • DMM WEBCAMPの内容や魅力を知りたい
  • エンジニアの転職に必要なものを知りたい
  • DMM WEBCAMPが転職におすすめな理由を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、DMM WEBCAMPの内容やエンジニアの転職に必要なものを解説し、DMM WEBCAMPが転職におすすめな理由をまとめています。

DMM WEBCAMPの内容や魅力

DMM WEBCAMPの内容や魅力

結論から言うと、エンジニアへ転職するならDMM WEBCAMPはおすすめです。
まずは、DMM WEBCAMPのスクールの内容、そして魅力を解説していきたいと思います。

教室に通い放題で質問もし放題

DMM WEBCAMPでは、毎日11時から22時までの間、教室が開いており、いつでも通い放題となっています。

また、その時間帯に、メンター(講師)の方にも質問がし放題となっていますので、時間があるときにつまずくことなく、フルに時間を使って学習をすることができます。

他のプログラミングスクールでは、メンターに質問できる回数の上限が設定されていたりすることが多く、この点、DMM WEBCAMPは制限がないため、未経験者の学習に最適となっています。

ただし、毎週金曜日は閉館となっているため、質問ができないのでご注意下さい。

チーム開発が経験できる

一般に、プログラミングスクールは、マンツーマンで授業を行うところが多く、自分ひとりで学習を進めていくスタイルのところが多いです。

しかし、実際の開発現場では、一人で開発する現場よりも、チームで開発する現場の方が圧倒的に多いため、チームでの開発経験が、かねてからのプログラミングスクールの課題となっていました。

DMM WEBCAMPでは、受講生同士でチームを組み、ECサイトの開発を行っていきますので、実務に近い環境で開発の経験値を積むことができ、従来のスクールの課題をクリアしています。

スクールの期間でこうした経験ができるところはあまり多くありませんので、転職時に他者との差別化が図れることは間違いありません。

現役エンジニアの講師がいる

DMM WEBCAMPには様々な講師がおり、現役エンジニアもいれば、学生やフリーランスで講師をされている方もいます。

しかし、Webサービスの開発を行う際には、100%現役エンジニアがサポートをすることになっています。

Webサービスの開発以前であれば、基本的にはインプットが中心の学習となるので、現役エンジニアである必要はありませんが、サービス開発は実際に開発経験のあるエンジニアでないと支援することができないため、DMM WEBCAMPではこのような戦略的な配置を行っているのです。

エンジニアの転職に必要なもの

エンジニアの転職に必要なもの

DMM WEBCAMPのスクールの魅力はご理解頂けたと思います。
次にエンジニアへの転職の際に必要とされるものについて、解説しておきたいと思います。

実践的な開発スキルと経験

エンジニアに転職するためには、実践的な開発スキルと経験が必要になります。

これは未経験者枠でも基本的には同様であり、確実に転職をされたいのであれば、これらのスキルと経験は必須となります。

企業は人を正社員で雇う場合は基本的に適性と能力を確実に見極める必要があり、完全未経験の方ですと採用する場合のリスクの方が上回るため、内定に至りにくいのです。

したがって、エンジニアへの転職を本気でされたいのであれば、他の応募者との差別化のためにも、スキルを磨いてからの転職が理想的です。

ポートフォリオ(自分の作品)

ポートフォリオとは、簡単に言うと、作品集のことで、自分の開発した作品を載せた資料のことです。

上場企業や自社開発企業といった優良企業では、未経験の方に対しても、このポートフォリオ(作品集)の提出を求めてきます。

これは、優良企業には数多くの応募者が集まり、その中から候補者を絞り込まなければいけないため、足切りとして使用するからです。

また、応募者の側からしても、提出すれば、他の応募者との差別化を図るための開発スキルの証明(証拠)にもなります。

企業とのコネクション

プログラミングスクールの良いところは、IT企業などとのコネクションがあるため、優良企業を含めて様々な企業を紹介してくれるところです。

現在IT業界では人手不足の状況となっているため、プログラミングスクールを卒業した、適性があり能力が備わった方に企業側も目を付けています。

そのため、プログラミングスクールには良質な企業の案件も集まりやすいのです。

上場企業だけでなく、中堅の自社開発企業やWeb系のスタートアップ企業の求人案件も数多くあり、これらの企業もおすすめとなっています。

これらの企業は、自社でプロジェクトを管理しているため、開発の全工程が経験でき、仕事の幅も広いため、エンジニアとしての成長がしやすいからです。

DMM WEBCAMPが転職におすすめな理由

DMM WEBCAMPが転職におすすめな理由

ここまででDMM WEBCAMPで学べるものと、一方でエンジニアの転職に必要となるものを解説してきました。
最後に、DMM WEBCAMPがエンジニアへの転職におすすめな理由をまとめておきたいと思います。

別の記事でも解説しています↓

チーム開発やサービス開発で実践的スキルが身につく

DMM WEBCAMPのカリキュラムでは、2ヶ月目に受講生同士でECサイトをチームで開発する経験が積め、3ヶ月目にWebサービスの開発を行いますので、演習中心のカリキュラムで実践的な開発スキルや経験を積むことができます。

他のプログラミングスクールでは、Webサービスの開発はできるところが多いですが、チーム開発をできるところは少なくなっていますので、開発現場にスムーズに入れることのメリットから、DMM WEBCAMPはおすすめのスクールとなっています。

実際の現場ではほとんどがチームでの開発となるため、一人で開発したことがない方を採用するのは企業側は躊躇います。

したがって、スクールのうちからチーム開発を経験できれば転職活動を有利に進められます。

国の支援を受けられるため、コスパが高い

DMM WEBCAMPの転職コース(専門技術講座)には転職保証が付いていますが、料金は828,000円とやや高額となっています。

ところが、このコースは国の専門実践教育訓練給付制度の対象となっており、最大560,000円を国からキャッシュバックしてもらうことが可能です。

そのため、料金は268,000円まで下がり、転職保証が付いていることなどから、他のプログラミングスクールの料金と比べても、突出して転職に適したコスパの高いコースと言えるのです。

給付には条件などがありますので、詳しくはDMM WEBCAMPページやハローワークに確認をしてください。

全額返金の転職保証あり

DMM WEBCAMPでは国からの支援で560,000円の割引が入るということでしたが、さらに転職に失敗した場合は、料金を全額返金してくれるという大胆な制度まであります。

3ヶ月もしくは4ヶ月のカリキュラムで全てを受講したにもかかわらず、転職できなかった場合は、お金が無駄になってしまいますから、この制度は受講生にとってはとてもありがたいものです。

特に本気でエンジニアへの転職を考えている方は絶対に失敗できないわけです。

DMM WEBCAMPでは転職保証が付いており、1ヶ月目からのキャリアアドバイザーによる徹底的なサポートがあるので、スクール側の本気度がうかがえます。

プログラミングスクールの中でも転職保証付きなところは限られてきますし、国からの支援があるところはもっと少ないので、DMM WEBCAMPは本気で転職を目指す方にはおすすめのスクールと言えます。