DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースで転職できる?現役SE解説

PROGRAM

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースで転職できるか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースの内容を知りたい
  • 実際の開発現場で必要とされるものを知りたい
  • DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースは転職におすすめか知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースの内容や実際の開発現場で必要とされるものを解説し、このコースが転職におすすめな理由をまとめています。

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースの内容

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースの内容

結論から言うと、DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースは転職志望の方には最適であると言えます。
その理由を解説していく前に、まずは、このコースで学べる内容を確認していきましょう。

Rubyを中心としたWeb系の開発スキルが習得できる

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースは、未経験からWebエンジニアへ転職するためのコースとなっており、Rubyを中心にWeb系の開発スキルを身につけることができます。

例えば、Webアプリケーションの開発には、表の画面を作るためのHTMLとCSS、画面側のプログラミングのためのJavaScript、裏のサーバ側のプログラミングのためのRuby、データベース操作のためのSQLといった言語が最低でも必要となりますが、このコースではそれら全てを学ぶことができます。

これらは主に課題をこなしながら学んでいくことになりますので、知識はあるが手が動かない、という状態にはならず、卒業後には実践的なスキルをしっかりと習得することができます。

オリジナルのWebアプリケーションの開発ができる

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースで就職達成プログラムを選択される場合には、学習プログラムの中でオリジナルのWebアプリケーションの開発を行うこともできます。

オリジナルアプリケーションは自分ひとりで開発するとなるとハードルがとても高いですが、プログラミングスクールで支援を受けることによって、確実に開発することができます。

ここで開発したアプリケーションは開発実績としてスキルの証明にも使えるので、転職活動を有利に進めることができます。学習期間もフルタイムで4ヶ月もあるので余裕を持って開発することができると思います。

模擬案件等で実際の現場の開発を行うことができる

他のプログラミングスクールにはない良さとして、DIVE INTO CODEのWebエンジニアコース(就職達成プログラム)では、模擬案件をこなすことができます。

ここでは、RubyのフレームワークであるRuby on Railsはもちろん、Vue.js(JavaScriptフレームワーク)やAWSクラウド(AWS EC2等)についても学ぶことができます。

これらは他のプログラミングスクールではあまり学習の対象となることはありませんが、実際のWeb開発の現場では頻出のものになりますので、転職活動の際にアピールポイントになることは間違いないでしょう。

実際の開発現場で必要とされるもの

実際の開発現場で必要とされるもの

ここまででDIVE INTO CODEのWebエンジニアコースで学べる内容について確認してきました。
次に、実際の開発現場で必要とされるものを、現役エンジニアの立場から解説していきたいと思います。

実践的な開発スキル

実際の開発現場では、どれだけ多くのことを学んだか、よりかは、どんなことができるか、の方がはるかに重要です。

知識や資格だけの頭でっかちの方は意外と多く、そういう方に限って開発スキルがなく、プロジェクトを任せることができません。

そのため、課題や開発などを通じてアウトプット中心に学んできた方であれば多くのIT企業は喉から手が出るほど欲しいはずです。

実際に、筆者も前職での開発経験が評価されて現在の社内開発の部署に入ることができました。

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコース(就職達成プログラム)であれば、オリジナルアプリケーションの開発までできるので、このコースをしっかりこなすことで市場価値の高い人材になれることは間違いないでしょう。

何らかの開発の実績

企業側は応募者に実践的な開発スキルが備わっているか否かをどうやって判断するかというと、応募者の過去の経歴や実績で判断するしかありません。

未経験者の場合はそれが何もないことがほとんどなので採用に至らないケースが多いですが、DIVE INTO CODEのWebエンジニアコース(就職達成プログラム)では開発したオリジナルアプリケーションを転職活動時に実績とすることができます。

実際にこれをポートフォリオ(作品集)に載せ提出することで企業側は応募者の能力を適切に把握することができるので、ミスマッチもなくなり、転職活動を上手く進めていくことができます。

フレームワークやクラウドの知識

実際の開発現場ではソースの統一化のためにフレームワークが使われたり、脱オンプレとしてクラウドが使われることがかなり多くなっています。

最近はインターネットの普及で未経験者同士でもライバルの質が上がりつつあるので、これらの知識や活用経験の有無で差がつく可能性があります。

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコース(就職達成プログラム)では、これらの知識を就職Termの期間で学ぶことができますので、転職市場の中でも頭一つぬきんでることができるでしょう。

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースが転職におすすめな理由

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースが転職におすすめな理由

以上でDIVE INTO CODEのWebエンジニアコースで学べるものと実際の開発現場で必要とされるものの両方について確認してきました。
これらを踏まえ、最後に、このコースが転職におすすめな理由をまとめていきたいと思います。

別の記事でも解説しています↓

現場のチーム開発が経験できる

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコース(就職達成プログラム)では、就職Termの期間に、チームでの開発を経験することができます。

実際の開発現場では、一人で開発することよりもチームで開発することの方が圧倒的に多く、フリーランスエンジニアであってもこれは変わりません。

したがって、チーム開発特有のGitでのバージョン管理やフレームワーク開発、その他各種連携の仕方などをここで覚えることで、未経験者のライバルと差をつけることができます。

オンライン完結で受講することも可能

転職志望の方は、仕事を辞められた方よりも現在も続けられている方が多いと思いますので、現在の仕事が多忙ですとなかなか学習に時間が避けず大変だと思います。

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースではこのような方向けに、オンライン完結で受講できる仕組みも用意されています。オンラインであれば、通学する時間も不要となるので、隙間時間を最大限に活用することができます。

また、オンライン完結での受講が可能なため、教室から遠くて通うことができない地方在住者の方にもおすすめできるプログラミングスクールとなっています。

就職できなかった場合は全額返金される

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコース(就職達成プログラム)では、万が一就職できなかった場合には、支払った料金が全額返金される「クオリティギャランティ(品質保証)」があります。

プログラミングスクールの料金は高額なため、絶対にお金を無駄にできないという方はとても多いと思いますので、そのような方には非常におすすめのプログラミングスクールとなります。

このクオリティギャランティは、就職達成プログラムだけでなく、ベーシックプログラムにもついていますので、転職サポートを希望されない方にも安心して利用することができるため、DIVE INTO CODEはおすすめのスクールと言えます。