DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースの無料体験のメリットを解説

PROGRAM

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースの無料体験のメリットを知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • DIVE INTO CODE Webエンジニアコースの内容を知りたい
  • DIVE INTO CODE Webエンジニアコースの無料体験のメリットを知りたい
  • DIVE INTO CODE Webエンジニアコースがおすすめかどうかを知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースの内容と無料体験のメリットを解説し、このコースがおすすめな理由をまとめています。

DIVE INTO CODE Webエンジニアコースの内容

DIVE INTO CODE Webエンジニアコースの内容

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースは無料カウンセリングと一緒にプログラミングの体験ができるようになっています。
この体験会について解説してく前に、まずはこのコースの内容を解説しておきたいと思います。

別の記事でも内容を解説しています↓

Web開発のスキルの習得

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースでは、Rubyを中心としたWeb系の開発スキルを習得することができます。

Rubyはサーバ側のプログラミングとなりますが、その他にもWebアプリケーションの開発には画面を作るためのHTMLとCSS、画面側のプログラミングをするためのJavaScript、データベースを操作するためのSQLも最低限必要です。

このコースでは、これらも全て学ぶことができるので、実際に開発するにあたって必要なスキルをしっかりと身につけることができます。

実践的なスキルの習得

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースでは、座学で学ぶだけでなく、実際に課題やアプリケーションを作成していくことで、より実践的なスキルの習得を目指します。

就職達成プログラムであれば、さらにオリジナルのWebアプリケーションの開発を行ったり、模擬案件等をこなし、実際の開発現場に近い環境を経験することも可能です。

ここで開発したアプリケーションは実績として自分のスキルの証明にもなるため、転職活動を有利に進めていくことができます。

全額返金の品質保証あり

学習にはどうしても個人差があるので、プログラミングスクールに通っても、いまいちな結果しか得られないというリスクは必ずあります。

この場合はお金が無駄になってしまうことになりますが、DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースには品質保証がついており、就職達成プログラムであれば万一転職できない場合には料金を全額返金してもらうことができます。

また、ベーシックプログラムでも内容に納得がいかない場合には同じように返金してもらうことができますので、こうした不安のある方でも安心して利用することができます。

DIVE INTO CODE Webエンジニアコースの無料体験のメリット

DIVE INTO CODE Webエンジニアコースの無料体験のメリット

ここまででDIVE INTO CODEのWebエンジニアコースの概要を確認できたと思います。
次に、このコースの無料体験のメリットについて解説していきたいと思います。

アプリ開発を体験できる

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースの無料カウンセリングには体験会が付いており、Ruby on RailsというRubyのフレームワークを使って簡単なWebアプリを作ることができます。

プログラミングは学ぶことよりかは作る方が絶対に楽しいはずなので、ここでその楽しさを知れれば、目標が生まれて学習のイメージがより明確になるのではないかと思います。

カウンセリングと同じように体験会も無料のため、申し込む前にぜひ一度体験をされておくと良いと思います。

スクールとの相性がわかる

体験会は1時間程度の長さなので実際にレッスンに近い感覚で受講することができます。

スクールの各システムやカリキュラム、メンターの方との相性がここでわかりますので、相性不一致による失敗を未然に防ぐことができます。

特にDIVE INTO CODEのWebエンジニアコースでは通学タイプのプログラミングスクールで対面でのレッスンになりますので、事前に雰囲気の確認はされておくと良いと思います。

プログラミングの適性がわかる

体験会といっても、Ruby on Railsを使って実際にアプリを開発することができるので、れっきとしたプログラミングになります。

実際に手を動かすことで、自分がプログラミングに適性があるかどうかもわかると思います。

先入観もあるとは思いますが、プログラミングは合わないという方も相当数いますので、他のスクールを検討されている方でも、DIVE INTO CODEでWebエンジニアコースの体験をして適性を確認するという手もありだと思います。

DIVE INTO CODE Webエンジニアコースは初心者におすすめ!

DIVE INTO CODE Webエンジニアコースは初心者におすすめ!

以上でDIVE INTO CODEのWebエンジニアコースの内容と無料体験の中身について確認してきました。
最後に、このコースが初心者におすすめできる理由をまとめていきます。

良質なテキストと手厚いサポート

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースの卒業生のコメントとして多いのが、テキストがわかりやすいということと質問への対応が速いということです。

これはすなわち、初心者にとってかなり学びやすい環境が用意されているということですので、未経験者でも安心して学んでいくことができます。

プログラミングでは実際に手を動かしてアウトプットすることが大切ですが、それはしっかりとインプットができていることが前提の話ですので、テキストの質が高い点はとても評価することができます。

年齢や経験に関係なく実績あり

公式ページにも掲載されていますが、30代未経験からWebエンジニアになられた方もおり、年齢や経験の有無に関係なく、転職された方がいるという実績があります。

その背景には、先に述べた良質なテキストや手厚いサポートがありますが、就職達成プログラムではオリジナルのWebアプリケーションを開発したり、模擬案件をこなせるという実践的なスキルが習得できる点も大いに貢献していると思います。

プログラミングスクールに通われる方は、最終ゴールがエンジニアへの転職という方は多いと思いますので、そのような方にはこのコースの就職達成プログラムがおすすめになります。

無料体験をしてから決められる

DIVE INTO CODEのWebエンジニアコースでは申し込む前にプログラミングの体験ができるので、事前にプログラミングの適性やスクールとの相性を確認することができます。

中にはプログラミングがどうしても合わないという方もいますし、学習プログラムが自分に適していないと感じる方もおられると思いますので、体験会を通じてミスマッチを防ぐことができます。

この体験会はWebエンジニアコースだけでなく、機械学習コースの体験もできるので、自分が関心のあるコースの体験を受けてみると良いと思います。