DIVE INTO CODEとTECH CAMPの違い【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

DIVE INTO CODEとTECH CAMPの違いを知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • DIVE INTO CODEの特徴を知りたい
  • TECH CAMPの特徴を知りたい
  • DIVE INTO CODEとTECH CAMPの違いを知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、DIVE INTO CODEとTECH CAMPのそれぞれの特徴を解説し、DIVE INTO CODEとTECH CAMPの違いをまとめています。

DIVE INTO CODEの特徴

DIVE INTO CODEの特徴

結論から言うと、DIVE INTO CODEとTECH CAMPにはいくつかの違いがあります。
この記事では、まずは、DIVE INTO CODEの特徴から解説していきたいと思います。

別の記事ではDIVE INTO CODEを全体的に評価もしています↓

Web系の実践的な開発スキルを身につけられる

Web系エンジニアとして一人前になれるように、DIVE INTO CODE(就職達成プログラム)の学習内容は非常に充実しています。
HTMLやCSS、JavaScript、Ruby(Ruby on Rails)、SQL、Githubはさることながら、流行りのVue.jsやAWSも学ぶことができます。
また、最後には、受託会社の入社課題や模擬案件の開発、オリジナルアプリケーションの開発を行うため、実践的スキルが確実に身につけられます。

学習期間を選べる

DIVE INTO CODE(就職達成プログラム)では、学習期間としてフルタイムとパートタイムの2種類が用意されています。
前者は4ヶ月間のフルタイムの短期集中型の学習、後者は10ヶ月間の平日夜と土日に学ぶという学習形態となっています。
これにより、早く就職をされたい方と仕事を続けて学習をされたい方のいずれの方にも利用しやすいプログラミングスクールと言うことができます。

品質保証がある

DIVE INTO CODE(就職達成プログラム)にはアフター保証があり、卒業後に就職できなかった場合には料金が全額返金されます。
そのため、転職という結果が伴わずにお金を無駄にするということはありませんので、安心して学習に取り組むことができます。
就職保証があるプログラミングスクールとしては、DIVE INTO CODEの料金は代替10万円程度相場よりも安いため、割安感があると思います。

TECH CAMPの特徴

TECH CAMPの特徴

ここまででDIVE INTO CODEの特徴を見てきました。
次に、TECH CAMPの特徴を解説していきたいと思います。

別の記事でもTECH CAMPの特徴や評判を解説しています↓

現場に近い環境でWeb系の開発スキルを習得できる

TECH CAMPではチームでの開発を経験できるため、現場に近い環境でスキルを身につけることができます。
同じタイミングで受講を開始した同期と一緒にチームで各工程の開発を経験でき、ゼロから開発する力を身につけられます。
ここで開発した作品は、DIVE INTO CODE(就職達成プログラム)も同様ですが、ポートフォリオにも載せることができるため、転職活動に大いに役に立てることができます。

転職先の環境が良く実績が豊富

TECH CAMPの転職先は、東証一部上場企業のような大手企業も多く、とても魅力的です。
また、転職先企業のタイプもSESは少なく、自社サービス開発や受託開発の企業が9割弱を占めているため、環境も良いです。
一般に、仕事の範囲が限定されるSESよりも、自社で開発業務に携わり、プロジェクトを管理しながら様々な技術を身につけていくほうがキャリアアップがしやすいです。

2つの全額返金保証がある

TECH CAMPには2つの全額返金保証があり、最初から最後まで安心して学習ができます。
2つのうち1つは、DIVE INTO CODE(就職達成プログラム)同様、学習完了後にどこからも内定をもらえなかった場合に全額返金してもらう制度です。
もう1つは、学習を開始してから14日以内であれば、どんな理由であっても辞退して全額返金をしてもらえるというもので、適性を確認する期間が設けられています。

DIVE INTO CODEとTECH CAMPの違い

DIVE INTO CODEとTECH CAMPの違い

以上でDIVE INTO CODEの特徴とTECH CAMPの特徴を確認してきました。
最後に、これらを踏まえ、DIVE INTO CODEとTECH CAMPの違いをまとめたいと思います。

良い企業に転職したいならTECH CAMP

TECH CAMPの転職先には、GMOクラウド等の東証一部上場企業やDMM.com等の非上場でも大手の企業が多数あります。
エンジニアへの転職の際には学習の内容も重要ではありますが、このような実績(コネクション)も大きく関係してきます。
したがって、これらの大手の有力な企業に転職をしたい方や転職先を限定したい方には、DIVE INTO CODEよりもTECH CAMPの方がおすすめと言えます。

じっくり学びたいならDIVE INTO CODE

DIVE INTO CODE(就職達成プログラム)では10ヶ月の学習期間も選べるため、じっくり学びたい方にもおすすめとなっています。
TECH CAMPにも6ヶ月のプランはありますが、DIVE INTO CODEよりも期間が短いため、在職の方には少し足りない場合があります。
また、料金に関しても、TECH CAMPの6ヶ月プランでは80万円を超える金額になりますが、DIVE INTO CODEでは50万円程度で済むためDIVE INTO CODEの方が良いと言えるでしょう。

より実践的なスキルを習得したいならDIVE INTO CODE

DIVE INTO CODE(就職達成プログラム)では、就職Termに、現場で使えるものをしっかりと学ぶことができます。
クラウドのAWSに関してはTECH CAMPでも学べますが、JSフレームワークのVue.jsやバッチ処理等のさらに込み入ったものを学べるところはDIVE INTO CODEに限られます。
これらをプログラミングスクールで学ぶのはややオーバーワークとも言えますが、実践的スキルを身につけることを最優先にされる方にとっては、DIVE INTO CODEを利用することが最も良い選択と言えるでしょう。