エンジニア必見!クラウドワークスのおすすめ案件【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

クラウドワークスのおすすめ案件を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • クラウドワークスのおすすめの案件を知りたい
  • クラウドワークスで避けるべき案件を知りたい
  • クラウドワークスの稼ぎを上げる方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、クラウドワークスのおすすめの案件や避けるべき案件を解説し、稼ぎを上げる方法をまとめています。

クラウドワークスのおすすめの案件

クラウドワークスのおすすめの案件

筆者は長年クラウドワークスを利用し稼いできました。
そんな筆者が、まずは、クラウドワークスのおすすめの案件を解説していきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

API連携案件

APIとは、アプリケーションプログラミングインターフェースの略で、他のアプリケーションとの連携のためのインターフェースのことです。
現代はWebサービスがとても充実している時代なので、他社のアプリケーションを利用する機会が多く、こうした連携の案件もしばしば上がってきます。
「連携」と聞くと難しいことを考えてしまう方も多いかもしれませんが、実は「接続するだけ」の内容のものも多かったりするのですぐにできてしまうことがほとんどです。
さらに、API連携という専門的ワードを出してくるクライアントさんはシステム開発に関する理解力も高いことがほとんどで、ある程度のお金を出してくれることが確定しているので、おすすめの案件の一つとなります。

小規模開発案件

中規模や大規模の開発案件は一人で抱えてしまうと、本業との兼ね合いなどでスケジュールを守れないことが多発するので、小規模の開発案件がおすすめです。
規模の大きさの基準は人それぞれだと思いますが、筆者の場合は一案件で10万円を超えるほどの案件はほとんど取ってきませんでした。
10万円を超えてくると作業ボリュームが多くなり、本業が多忙なときに開発を進めることができないことが多かったからです。実際にクラウドワークスのほとんどは小規模の開発案件なので、基本的には小規模のものを狙うと良いでしょう。

WordPress移行案件

クラウドワークスの案件でもう一つおすすめの案件はWordPressの移行案件です。
移行というのは、例えば、さくらサーバからXサーバにサイトやドメインを移す行為を意味しています。
これは慣れて来ると実際の作業時間としては数十分で終わるので、コスパの高い案件になります。

クラウドワークスで避けるべき案件

クラウドワークスで避けるべき案件

ここまででクラウドワークスのおすすめの案件を見てきました。
次に、クラウドワークスで避けるべき案件も解説していきたいと思います。

デザインを行う案件

筆者の経験上、フロントエンドの案件のうち、特にデザインを行う案件は避けた方が良いと思います。
なぜなら、いくらデザインセンスのある方でも、そのデザインの良し悪しを決めるのはあくまでクライアントだからです。
見た目というのは、クライアントの感情によって左右されてしまうため、一度作っても「やはりこっちがいい」と気分次第で変わり、検収が完了しないことが多いので、あまりおすすめしません。

開発の方向性が見えない案件

開発の案件で「何がしたいかが見えない案件」というのは避けた方が良いです。
逆に言えば、はっきりと要件を決めて開発を行った方が良いです。
例えば、ビットコイン関連の開発では、データを取得するまでの仕事なのか予想して売買するまでの仕事なのかははっきりさせておいた方が良いです。
筆者も一度だけそのような失敗を経験し、お金をもらうことができませんでした。

ITリテラシーの低いクライアントの案件

クラウドワークスはクライアントが気軽にランサーに発注できるサイトなので、ITリテラシーの高い方もいれば低い方も当然います。
低い方が決して悪いわけではないのですが、トラブルなどに発展する率はITリテラシーの高い方に比べてかなり上がることも事実です。
無茶無謀なことを平気で言ってくる方もいますので、相手の評価や言い回しを見て、なるべくITリテラシーの高いクライアントの案件を取られることをおすすめします。

クラウドワークスの稼ぎを上げる方法

クラウドワークスの稼ぎを上げる方法

以上でクラウドワークスのおすすめの案件と避けるべき案件を確認してきました。
最後に、クラウドワークスの稼ぎを上げる方法をまとめておきたいと思います。

まずは実績を作る

クラウドワークスではクライアントが応募者の中から発注する人を(通常の場合1人)選ぶシステムなので、実績がないとなかなか案件を取りづらいです。
そのため、まずは単価を多少低くしてでも良いので、小さい案件をこつこつとこなして、実績(評価)をたくさん作っていきましょう。
単価を下げれば大きな案件も取ることができますが、駆け出しのエンジニアの場合であれば、納品まできちんと行えるかは不安だと思うので、小さい案件の方が良いと思います。

単価より実績で案件を取る

実績さえ作れてしまえば、あとは単価が多少高くなっても、クライアントは基本的に信頼を置ける方を探されているので、案件は取れます。
要するに、仕事をどれだけこなしてきたかが単価に反映されていくといっても過言ではないでしょう。
単価が高くなればなるほど、大体の場合はクライアントの質も良くなっていくことが多いのでトラブルもかなり少なくなってきます。

良質なクライアントを引き抜く

クラウドワークスで案件を消化していくと、何度も取引をしてくれる顔馴染みのクライアントができてくるものです。
ある程度顔馴染みのクライアントができたら、直接取引ができないかどうかを一度提案してみると良いでしょう。
多くの場合、クライアントもシステム利用料(契約額の20%)分の値引きを期待して喜んで応じてくれますので、お互いにとってメリットがあります。