現役エンジニアのクラウドワークスの評価はどう?

PROGRAM

クラウドワークスの評価を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • クラウドワークスの概要を知りたい
  • クラウドワークスを使ってみた感想を知りたい
  • クラウドワークスの評価を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、クラウドワークスの概要とクラウドワークスを使ってみた感想を解説しつつ、クラウドワークスを評価しています。

クラウドワークスの概要

クラウドワークスの概要

結論から言うと、クラウドワークスは初心者でも仕事ができる点で評価できます。
この記事では、まずは、クラウドワークスの概要から解説していきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

エスクロー取引で安心

クラウドワークスはクラウドソーシングサイトとしてランサーとクライアントの取引を仲介してくれます。
そのため、納品をしたにもかかわらず報酬を支払ってもらえないことや納品されずに報酬が支払われることもありません。
エスクロー取引でランサーとクライアントの双方が安心して仕事の受発注ができる点がクラウドワークスの良い点の一つです。

全てがインターネット上で完結

クラウドワークスでは、基本的には全ての手続きがインターネット上で完結します。
まずクライアントが仕事をランサーに依頼し仮払いを行い、その後ランサーが納品、クライアントが検収をすることで取引が進んでいきます。
この一連の流れがインターネット上で完結できるわけですが、一部のクライアントでは、独自のフォーマットでの契約が必要となり、郵送での手続きを求められる場合もあります。

単価が高めなプログラミング案件が多い

クラウドワークスではライティング等の仕事の人気が高いですが、プログラミング案件の数もかなりの割合を占めています。
プログラミング案件は、ライティング等の仕事に比べると、単価が高めなので、より稼ぎたい方に向いている仕事と言えます。
主にWordPressを使ったホームページやブログの作成や修正の案件が多いので、ホームページやブログ経験者にとっては難易度が低いと言えるでしょう。

クラウドワークスを使ってみた感想

クラウドワークスを使ってみた感想

ここまででクラウドワークスの概要を見てきました。
次に、現役エンジニアの筆者がクラウドワークスを使ってみた感想を解説していきたいと思います。

小さめの案件が多い

クラウドワークスは数時間未満で終わるような仕事が多く、かかっても2,3日程度の小さめの案件が多いです。
その主な理由は、クラウドワークスの発注者は法人だけでなく、個人もかなり多いからであると考えられます。
また、案件の数は時期によって異なりますが、基本的には多いので、小さい案件をこつこつとこなすことができます。

案件の獲得競争が激しい

これはクラウドワークスに限りませんが、クラウドソーシングサイトの案件の獲得競争は激しいです。
一つの案件に対し、人気の案件であれば応募が30件程度付きますので、その中から自分を選んでもらうことは難しいです。
基本的には単価が最も安い方が発注先として選定される傾向があるので、実績に自信がない頃は単価を調整する必要があります。

スキルがなくても仕事がしやすい

クラウドワークスの案件の難易度はそこまで高くなく、スキルがなくても仕事がしやすいです。
プログラミング案件といっても、例えば、jQueryでちょっと動きを付けたり、PHPの一文を変えたりするだけの仕事等もあります。
実際に筆者がまだエンジニアとして駆け出しの頃に利用した際も、難易度は高いとは感じず、調べながら対処できるものが多かったです。

クラウドワークスの評価

クラウドワークスの評価

以上でクラウドワークスの概要とクラウドワークスを使ってみた感想を確認してきました。
最後に、これらを踏まえ、現役エンジニアとしてクラウドワークスを評価したいと思います。

初心者でも仕事ができる

クラウドワークスの仕事の難易度は低めで、一つひとつの案件も小さめのため、初心者でも仕事ができます。
それは単価の高めのプログラミング案件でも同じことが言え、実際に筆者もエンジニアとして駆け出しの頃に経験しました。
とはいっても、中級から上級者向けの案件もあるため、慣れてきたら、少しずつ仕事のレベルと収入を上げていくことができます。

スキルアップをしながら報酬がもらえる

初心者の方がクラウドワークスを利用する場合は、最初の頃は単価を下げないと受注できないので、稼ぎが少なくなります。
そのため、報酬を重視するのではなく、はじめのうちはスキルアップを優先して、おまけで報酬がもらえる一石二鳥のものと考えた方が良いと思います。
筆者もクラウドワークスを利用し始めた当時はエンジニア経験が1年未満でまだまだ知らないことも多く、クラウドワークスを通じて本業でも役に立つことをたくさん学んできました。

高収入を得るには他サイトとの併用が必要

高収入を得るためには、小さめの案件が中心のクラウドワークスでは少し厳しいかもしれません。
また、案件の獲得競争も激しいため、契約額が高めの案件があったとしても、受注できない場合もあります。
したがって、そのリスクを少しでも減らすためにも、ランサーズ等の他のクラウドソーシングサイトもぜひ一緒に利用されると良いと思います。