プログラミング初心者におすすめのクラウドワークスの使い方【現役SEが解説】

PROGRAM

プログラミング初心者におすすめのクラウドワークスの使い方を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • クラウドワークスの概要を知りたい
  • プログラミング初心者が学ぶべきものを知りたい
  • プログラミング初心者におすすめのクラウドワークスの使い方を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、クラウドワークスの概要やプログラミング初心者が学ぶべきものを解説し、プログラミング初心者におすすめのクラウドワークスの使い方をまとめています。

クラウドワークスの概要

クラウドワークスの概要

クラウドワークスはプログラミング初心者にも使いやすいクラウドソーシングサイトとなっています。
まずは、クラウドワークスの概要から解説をしていきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

Web系のプログラミング案件が多い

クラウドワークスには様々な職種・業種の案件がありますが、中でもWeb系のプログラミング案件は豊富にあります。
Web系はブラウザがあれば誰でも開発可能ですし、サーバ側のプログラミングに関してもXAMPPなどを入れることで簡単に自分の環境でも動かすことができます。
誰でも開発や改修ができることから、クラウドワークスではこのWeb系の案件の登録数が多く、初心者でもこなしやすい点がおすすめです。

小さめの案件が多く初心者がこなしやすい

クラウドワークスには比較的規模の小さい案件が多く集まっており、求められるスキルレベルも決して高くはないので、初心者でも手をつけやすいと言えるでしょう。
もちろん大きめの案件の方がもっと稼げますが、基本的には一人で開発を行っていくため、途中で挫折などをすると納期に間に合わず、大変なので注意が必要です。
そのため、初心者であれば、まずは小さめの案件から着手し、徐々に大きめの案件へとシフトしていくやり方がおすすめです。

ほとんどの場合はWeb上で手続きが完結する

クラウドワークスはクラウドソーシングサイトであり、ほとんどがWeb上で手続きが完結できるように作られています。
例えば、エンジニアがよく締結する契約の一つに秘密保持契約(NDA)と呼ばれるものがありますが、これもWeb上での締結が可能となっています。
ただし、クライアントによっては独自のフォーマットでの契約を要求してくることがあるので、この場合は郵送などが必要となります。

プログラミング初心者が学ぶべきもの

プログラミング初心者が学ぶべきもの

ここまででクラウドワークスの概要を確認してきました。
次に、プログラミング初心者が学ぶべきものを解説していきたいと思います。

HTMLとCSS

Web系の仕事をするためには、まずはHTMLとCSSを覚えていきましょう。
これらの言語はWeb系アプリケーションの表側の画面を作るもので、ページの要素の配置や飾りなどを実装していきます。
画面のないアプリケーションもありますが、クラウドワークスの案件ではほぼ画面が前提となってきますので、重点的に学ばれると良いでしょう。

JavaScript

Web系アプリケーションの表側の画面に動きを付けるプログラミング言語として、JavaScriptがあります。
現代では特にjQueryといったJavaScriptライブラリが使われるケースが多く、手っ取り早く学びたいのであればjQueryを学ぶと良いでしょう。
多くのWebサイトでは、このjQueryが使われており、jQueryを覚えておけばJavaScriptの仕事で困ることはないと思います。

PHPとWordPress

Web系アプリケーションの裏側の処理を実装するプログラミング言語としてはPHPがあります。
他にも言語はありますが、クラウドワークスの案件では圧倒的にPHPが多いので、初心者はPHPを学ぶと良いでしょう。
クラウドワークスにはこのPHPで作られているWordPressというCMS(コンテンツ管理システム)の案件がよくあるので、余裕ができたらWordPressも学ばれると良いでしょう。

プログラミング初心者におすすめのクラウドワークスの使い方

プログラミング初心者におすすめのクラウドワークスの使い方

以上でクラウドワークスの概要とプログラミング初心者が学ぶべきものを見てきました。
最後に、プログラミング初心者におすすめのクラウドワークスの使い方をまとめたいと思います。

WordPress案件を狙う

クラウドワークスにはWordPressの案件がたくさんあります。
WordPressでは一般的なホームページの他にも、予約機能を付けたサイトなど機能的なサイトを構築することができるので人気があります。
初心者であれば、この数の多いWordPressの案件をこなしつつ、スキルレベルを上げて行くと良いと思います。

学びながら仕事をこなしていく

クラウドワークスは小さめの案件が多いので、すぐにたくさん稼ぐということは難しいかもしれません。
そのため、最初は学びながら仕事をこなしていくというスタンスでいた方がよく、プログラミングの仕事に慣れることを優先しましょう。
慣れて来ると固定客が現れることもあるので、クライアントとの継続的な取引関係を構築していくと良いでしょう。

実績を作りつつ単価を上げていく

クラウドワークスの利用し始めの頃は単価が安いですが、実績を作っていくことで単価を上げていくことができます。
特に大きめの案件は初心者では取れないことが多いので、実績を作ってから狙いに行くと良いでしょう。
最終的には直接取引ができる関係にまで持ち込めると、クラウドワークスのシステム利用料分が浮くので、より稼ぐことができるようになります。