クラウドワークスのプログラミング案件の単価はいくら?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

クラウドワークスのプログラミング案件の単価がいくらか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • クラウドワークスのプログラミング案件の単価を知りたい
  • クラウドワークスで避けるべき案件を知りたい
  • クラウドワークスで単価を上げていく方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、クラウドワークスのプログラミング案件の単価や避けるべき案件を解説し、単価を上げていく方法をまとめています。

クラウドワークスのプログラミング案件の単価

クラウドワークスのプログラミングの単価

結論から言うと、クラウドワークスのプログラミング案件の単価は実力(実績)次第で変わってきます。
まずは、この点について詳しく解説していきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

初心者なら2000円から

プログラミング初心者であれば、時間単価は2000円程度に設定されると良いと思います。
筆者もエンジニアとして駆け出しの頃はこの単価に設定し、数多くの案件を獲得してきました。
この単価は大体みなさんが本業で残業したときの単価に近しいので、労使ともに妥当とも言える価格です。

時間単価よりも作業価格

クラウドワークスでは時間単価よりも作業単位で価格が決まっているような部分があります。
例えば、フレッツ光の開通工事の費用を想像してみて下さい。1万円程度であることが多いですが、時間単価で請求されることはないですよね。
このように作業に対して価格の相場がクラウドワークスでも決まっていることが多いので、作業としての価格で提案する局面も意外とあります。

手数料分を考慮して単価を設定

クラウドワークスでは契約額が10万円以下の場合はシステム利用料として契約額の20%も報酬から天引きされます。
一般にランサーは、この手数料分を考慮して価格を設定するので、通常クライアント側に手数料が転嫁される場合がほとんどになります。
そうなると、クライアント側からしてみれば単価が上がり発注を躊躇してしまうので、初心者のうちはできれば手数料込みで2000円の時間単価に設定されると良いでしょう。

クラウドワークスで避けるべき案件

クラウドワークスで避けるべき案件

ここまででクラウドワークスのプログラミングの単価について見てきました。
次に、クラウドワークスで避けるべき案件について解説していきたいと思います。

デザイン系の案件

クラウドワークスにはWeb系のプログラミングの案件が多々ありますが、ホームページ作成の案件が大半を占めています。
ホームページ作成の案件のうち、特にデザイン系の案件は、クライアントの感情に左右されることが多いため、なかなか検収が完了しないリスクがあります。
そうなると、何度も納品がやり直しとなってしまうので、契約額を時間単価ではなく作業価格で設定してしまった場合には、割に合わない仕事となる可能性がありますので、初心者はできればデザイン系ではなく、PHPやJavaScriptなどのプログラミング系の案件を取ると良いでしょう。

着地点の見えない案件

プログラミングでの開発案件のうち、何がしたいのかわからないような、着地点の見えない案件は避けるべきです。
筆者も一度だけ遭遇しましたが、この手の案件に関しても、着地点がないだけに目的がころころと変わり、検収が完了しにくいです。
検収が完了しにくい案件は、基本的にトラブルに発展するケースが多いですし、クライアントとランサー間の揉め事は当事者間で解決しなければいけないので、それなら最初から避けることがおすすめと言えます。

ITリテラシーの低いクライアントの案件

クラウドワークスはサイト上で気軽にランサーに発注できることから、個人から法人まで様々なクライアントが案件を登録されています。
そのため、特に個人のクライアントに関して言えることですが、ITリテラシーの低い方も多く、無理難題を押し付けてくることがしばしばあります。
このようなタイプのクライアントもやはりトラブルに発展しやすく、検収までに時間がかかるケースが多いので、事前に会話の中で良識の有無を確認しておいた方が良いでしょう。

クラウドワークスで単価を上げていく方法

クラウドワークスで単価を上げていく方法

以上でクラウドワークスのプログラミングの単価と避けるべき案件について確認をしてきました。
最後に、クラウドワークスで単価を上げていく方法をまとめたいと思います。

とにかく実績を作っていく

当たり前のことですが、時間単価は実力によって変わってきます。
例えば、一般の会社組織でも入社1年目の新人と課長などの管理職の給料が同じはずはありませんよね。
つまり、仕事をどんどんこなしていき、実績を作りながらスキルアップしていくことで、単価を上げていくことができるというわけです。

直接取引に移行し手数料を省く

クラウドワークスではクライアントとの初回の取引では禁止されていますが、二度目以降の取引では直接取引をすることも可能です。
直接取引ではクラウドワークスの20%の手数料(契約額が10万円以下の場合)がかからないため、そのまま自分の報酬としてこの分を受け取ることができます。
クライアントからしてみても、クラウドワークスのシステムに縛られたり、価格に転嫁されることを嫌がる方が多いので、直接取引に応じてくれる可能性は意外にも高く、固定客ができたらぜひ一度提案してみると良いでしょう。

単価ではなく時間を増やしてみる

時間単価や作業価格というものは市場の需給バランスによって決まってくるものなので、容易に変えることは難しいです。
最終的にランサーが受け取る報酬は「時間単価×時間」となるため、ここでは時間の方を増やしてみるということも稼ぎを上げる手段の一つです。
意外にも時間単価に釣られるクライアントは多いので、時間を上手く多めに取ることによって、駆け出しのエンジニアの方でも稼ぎを増やすことが可能です。