【ポートフォリオ不要】現役SEがクラウドワークスで採用されるための方法を解説

PROGRAM

クラウドワークスで採用されるための方法を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • クラウドワークスでポートフォリオが不要な理由を知りたい
  • クラウドワークスで採用されるための方法を知りたい
  • クラウドワークスで安定して稼ぐための留意点を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、クラウドワークスでポートフォリオが不要な理由と採用されるための方法を解説しつつ、安定して稼ぐための留意点をまとめています。

クラウドワークスでポートフォリオが不要な理由

クラウドワークスでポートフォリオが不要な理由

結論から言うと、クラウドワークスではポートフォリオは、筆者の経験上、不要と思われます。
クラウドワークスで採用されるための方法を説明すべく、まずは、その理由から解説していきたいと思います。

別の記事ではサービス内容や評判を解説しています↓

クライアントは単価を重視

芸術的センスが突出している方を除けば、基本的にクライアントは発注するランサーを単価で決めます。
そのため、単純に応募者の中で最も安い契約額の提案をしてくれたランサーが選ばれることになります。
もちろん単価だけが全てというわけではないですが、仕事の発注も一つの取引ですので、需給関係で価格が決まることは間違いありません。

クラウドワークス上の実績が評価

単価以外にも当然、ちゃんと仕事をしてくれるのか、という不安からクライアントはランサーの能力を見極めようとします。
その際は自己申告のポートフォリオよりかは実際にクラウドワークス上でどんな評価を受けているかの方がもっと重視されます。
つまり、クラウドワークスで高評価が多く、なおかつ提案された契約額が安いランサーが最も選ばれやすいと言えるでしょう。

ポートフォリオを作る時間もかかる

クラウドワークスでクライアントからランサーが選ばれる際は、何より単価やクラウドワークス上での実績が評価されます。
そのため、ポートフォリオを作っても軽視されることが多いので、ポートフォリオを作る時間そのものが無駄となってしまいます。
それなら、最初からポートフォリオなしで、単価を安くしたり、クラウドワークスで仕事をたくさんこなして実績を充実させていくことの方がより生産的と言えます。

クラウドワークスで採用されるための方法

クラウドワークスで採用されるための方法

ここまででクラウドワークスでポートフォリオが不要な理由を見てきました。
次に、クラウドワークスで採用されるための方法を解説していきたいと思います。

初心者のうちは単価を下げる

クラウドワークスでクライアントにランサーが選ばれる際の決め手となるものは、間違いなく単価です。
実績がまだない初心者の方は、単価が高いと選ばれることがほぼありませんので、まずは単価を低めに抑えておくと良いでしょう。
稼ぎが減ることを嫌う方は多いと思いますが、仕事が取れなければそもそも話になりませんので、最初のうちは質より数を重視しましょう。

プロトタイプを先に送ってしまう

本来であればあまり望ましい形ではないのですが、応募の段階で先に成果物の一部もしくは全部を送ってしまうということも手の一つです。
クライアントによってはスピードを重視されている方も一定数いますし、送られてしまうと断れないという人間の心理も利用することができます。
筆者の場合は、駆け出しの頃はとにかく誰よりも早く、成果物を送ってしまうことで、多くの案件を勝ち取って来ました。

クラウドワークス上の実績を見てもらう

この記事ではポートフォリオを作らない方向で話をしていますので、クラウドワークスで応募する際の自己紹介では、ポートフォリオではなくクラウドワークス上の実績を見てもらうように伝えると良いでしょう。
筆者の場合、それで事足りることがほとんどでしたし、実際に「すみませんが、ポートフォリオも見せて頂けませんか」と言われたことは一度もありませんでした。
初心者の頃はいずれにしても実績がないため、結構つらいわけですが、それでも単価を下げたり、先に成果物を送ってしまうことで採用される可能性がグンと上がりますので、おすすめな方法です。

クラウドワークスで安定して稼ぐための留意点

クラウドワークスで安定して稼ぐための留意点

以上でクラウドワークスで採用されるための方法を確認してきました。
最後に、クラウドワークスで安定して稼ぐための留意点をまとめたいと思います。

仕事は丁寧にすべき

安定して稼ぐためには、継続的に発注をしてくれるクライアントを見つけたり、自分に対する他人からの評価を高めることが重要になります。
そのためには、懇切丁寧にスムーズな仕事をすることが最も重要となります。何か追加の依頼があった際も、嫌な顔をせずに、前向きに回答しましょう。
実際におまけで作業をしてあげるかは別として、前向きであれば、クライアントから嫌なイメージを持たれることはないので、上手くビジネスの関係を築いていくと良いでしょう。

トラブルが発生しそうな案件は避けるべき

トラブルが発生すると、それだけに気を取られてしまいますし、最悪の場合は報酬が得られない恐れもありますので、絶対に避けたいところです。
筆者の場合は主にプログラミングの仕事をこなしてきたのですが、例えば、ITリテラシーの低いクライアントや単価の安すぎる案件は地雷と化すことが多かったです。
そのため、稼ぎたいあまりに無理に色々な仕事を取ることは避けて、あくまでトラブルにならなさそうな案件だけを取るスタンスでいることをおすすめします。

スキルアップしてできる仕事の幅を増やすべき

本業で関わりのある仕事もクラウドワークスにはたくさんあるとは思いますが、最初のうちは基本的にできる仕事の種類は少ないはずです。
これを増やしてくことで、取れる案件の数が増えて安定し、稼ぎも増やしていくことができます。Web系エンジニアであれば、フロントエンド、バックエンドのいずれの案件もこなすなどですね。
クラウドワークスでは規模が小さく易しめの案件が多いので、仕事をしつつ確実に一つひとつスキルアップしていくことができますので、たくさん仕事をこなしていくことを意識されると良いでしょう。