クラウドワークスで月収20万円は可能!【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

クラウドワークスで月収20万円は可能か知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • クラウドワークスで月収20万円が可能な理由を知りたい
  • クラウドワークスで稼ぐ際の注意点を知りたい
  • クラウドワークスで月収20万円以上を稼ぐ方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、クラウドワークスで月収20万円が可能な理由と稼ぐ際の注意点を解説し、月収20万円以上を稼ぐ方法をまとめています。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

クラウドワークスで月収20万円が可能な理由

クラウドワークスで月収20万円が可能な理由

クラウドワークスで月収20万円を稼ぐことは、筆者の体験談から、可能だと断言できます。
この記事では、まずは、その理由から解説していきたいと思います。

案件の数が多い

クラウドワークスには個人の発注者が多いため、規模の小さい案件がたくさんあります。
そのため、こつこつと案件をこなしていくことで、確実に稼いでいくことができ、筆者の経験上、月収20万円であれば可能だと思います。
また、小規模な案件が多いことで、スケジュールが間に合わずに大きなトラブルを抱えるというリスクも減るので、初心者にもおすすめできます。

プログラミング案件の単価が高い

クラウドワークスには、特にプログラミングの案件が多く登録されています。
プログラミングはWebライティングやデータ入力の仕事よりも付加価値が高く、単価が高いことが多いため、スキルさえあれば稼ぎやすいジャンルの仕事となります。
筆者はクラウドワークスではプログラミングのみの仕事をしてきた結果、月収20万円に到達することができ、これを大きな収入源とすることができました。

クライアントと継続的な取引関係を構築できる

クラウドワークスは基本的には単発の案件が多いのですが、中には何度も発注してくれるクライアントの方も一定数います。
月収20万円以上稼いでいる方のほとんどはこのような継続的な取引関係に依存していることが多いと思われますので、常に丁寧な仕事を心がけておくと良いでしょう。
もちろん規模の大きな案件を取れば、クライアントが誰であるかは問わず、一度に多く稼げるわけですが、筆者の場合はそこまで大きな案件が取れることはありませんでしたので、あまり期待はしない方が良いと思います。

クラウドワークスで稼ぐ際の注意点

クラウドワークスで稼ぐ際の注意点

ここまででクラウドワークスで月収20万円が可能な理由を確認してきました。
次に、クラウドワークスで稼ぐ際の注意点を解説していきたいと思います。

要件をきちんと決める

月収20万円以上を稼ぐためには、できる限りトラブルにならないように仕事をするべきです。
トラブルが発生し検収が完了しないとなると、その間無駄な時間ばかりが取られてしまうので、仕事をする前に要件をきちんと決めておきましょう。
いわゆる要件定義というものになりますが、デザイン系の仕事を取る場合は特にこれが重要で、クライアントの感情に左右されないように事前に作業内容を固めてしまうと良いでしょう。

単価の低すぎる案件は取らない

月収20万円以上を目指そうとすると、ちりも積もれば山となると言わんばかりにどんなに小さい案件でも拾いに拾おうとする方も多いと思います。
しかし、あまりにも単価の低すぎる案件というのは本当に無駄です。そればかりか、そんな案件に限って、たくさんの時間を取られることが多いです。
したがって、目安としては時間単価2000円以上の案件を対象に応募されると良いでしょう。この金額は決して高い単価ではないので、ぜひ意識されると良いと思います。

ITリテラシーの低いクライアントを避ける

クラウドワークスは誰でも気軽にランサーに仕事の発注をできるクラウドソーシングサイトのため、様々なクライアントが参加されています。
中でもITリテラシーの低いクライアントも一定数おり、このような方は無理難題を押し付けて来たり、単価の異様な値下げを要求してきたりする方も多いので、あまり良いイメージは持たれていません。
もちろん、このような方の中でもきちんと礼節を持って接してくれる方もおりますが、基本的には地雷だと思って避けた方が初心者のうちは良いと思います。

クラウドワークスで月収20万円以上を稼ぐ方法

クラウドワークスで月収20万円以上を稼ぐ方法

以上でクラウドワークスで月収20万円が可能な理由と稼ぐ際の注意点を見てきました。
最後に、クラウドワークスで月収20万円以上を稼ぐ方法をまとめてたいと思います。

仕事をしつつスキルもアップしていく

どんな仕事でもそうですが、スキルアップをすることによって、単価を上げていくことができます。
例えば、入社1年目の新入りと管理職の課長とではベースとなるスキルレベルだったり、マネジメントのスキルレベルだったりがだいぶ異なります。
このスキルレベルの差が基本的には単価の差となってきますので、クラウドワークスでも実績を積み上げていくことで単価を上げていくことを目指されると良いでしょう。

丁寧な仕事で長期的な信頼関係を築く

クラウドワークスでは継続的に発注をしてくれるクライアントが一定数存在しますので、基本的には一人ひとりのクライアントを大切にしましょう。
受注したら必ず丁寧に仕事をし、長期的な信頼関係を築く前提で、付き合っていくことを心がけると良いでしょう。
実際には半分以上は再発注はないですが、クライアントが良い評価を付けてくれることで、他の方も自分に対して良いイメージを持ってくれますので、日ごろの行いは稼ぐ上でとても大切な要素になります。

二度目以降は直接取引を提案してみる

クラウドワークスはマッチングがWeb上で行われることで、とても便利にクライアントから仕事を受注できる点が魅力的ですが、代わりにシステム利用料という手数料が取られます。
このシステム利用料によって、契約額の20%(契約額が10万円以下の場合)が報酬から天引きされてしまうため、月収20万円以上稼ぐ際に足かせとなりやすく、稼ぐ金額が大きく目減りしてしまいます。
そのため、繰り返し発注をしてくれるクライアントにはぜひ直接取引を提案し、以後は手数料の天引きなしで取引できるようにすると良いでしょう。クラウドワークスでは二度目以降の取引に関しては直接取引を禁止していないからです。