クラウドワークスのメリットとデメリット【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

クラウドワークスのメリットとデメリットを知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • クラウドワークスのメリットを知りたい
  • クラウドワークスのデメリットを知りたい
  • クラウドワークスがおすすめの方の特徴を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、クラウドワークスのメリットとデメリットを解説し、クラウドワークスがおすすめの方の特徴をまとめています。

クラウドワークスのメリット

クラウドワークスのメリット

クラウドワークスは、使いやすく、おすすめのクラウドソーシングサイトです。
この記事では、まずは、クラウドワークスのメリットを解説していきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

こなしやすい案件が多い

クラウドワークスの案件は、小さめの規模から中規模程度までの案件が中心となっています。
そのため、初心者の方でも比較的こなしやすい案件が多くなっており、誰でも気軽に始められます。
実際に筆者も一番最初に使ったクラウドソーシングサイトがクラウドワークスで、とても使いやすいという実感がありました。

クライアントから直接依頼が来る

クラウドワークスは、基本的には仕事をランサーに依頼したいクライアントが、ランサーを募集する形で案件を登録します。
ランサーはこれに応じる形で提案をしていくことが一般的ですが、クライアントからランサーに直接依頼(スカウト)が来る場合もあります。
たいていの場合はクラウドワークス内で実績を上げられた方に対し依頼がありますので、積み重ねていくことで案件を継続的に取れるようにしましょう。

単価が高いプログラミング案件が多い

クラウドワークスには人気の高いライティングの仕事が多いですが、単価が高いプログラミングの案件もまた多いです。
単価が高い分、プログラミングの案件はこなすためにはスキルが必要となりますが、さほど高いレベルは求められません。
実際にHTMLやCSS、JavaScriptやPHPの基礎を知っていればできる小さい仕事も多いので、こつこつ確実に稼いでいくことができます。

クラウドワークスのデメリット

クラウドワークスのデメリット

ここまででクラウドワークスのメリットを見てきました。
次に、クラウドワークスのデメリットも解説していきたいと思います。

大きく稼ぐことは難しい

クラウドワークスの案件の規模は小規模から中規模のものが中心となるため、大きく稼ぐことは難しいです。
契約額が大きくなければ、収入を増やすためには案件をたくさんこなす必要が出てきますので、高収入でも多忙となります。
このあたりは比較的契約額の高い同業他社のランサーズなどを一緒に利用することでカバーすることができるようになると思います。

案件の数が不足することもある

クラウドワークスに限らず、クラウドソーシングサイトの案件の数には時期によって波があります。
そのため、非常に多く稼げるときもあれば、とても収入が少なくなる期間もありますので、稼ぎは安定させづらいです。
これに関しても、他のクラウドソーシングサイトを併用することで、なるべく案件をブランクなしに取ることを目指しましょう。

ITリテラシーの低いクライアントもいる

クラウドワークスには、個人法人、様々なタイプのクライアントが参加されています。
筆者が実際に使ってみた感想としては、クラウドワークスは個人が多いので、ITリテラシーが低いクライアントが目立ちました。
また、個人のクライアントは、過度の値下げを要求してくる方も中にはいるので、なるべく良識のあるクライアントとの取引だけを心がけましょう。

クラウドワークスがおすすめの方の特徴

クラウドワークスがおすすめの方の特徴

以上でクラウドワークスのメリットとデメリットを確認してきました。
最後に、これらを踏まえ、クラウドワークスがおすすめの方の特徴をまとめたいと思います。

クラウドソーシングサイト初心者の方

クラウドワークスには小ぶりな案件が多いため、初心者でもこなしやすいと思います。
実際に筆者もエンジニアとして駆け出しの頃に、プログラミングの案件をこなすことができていました。
まずはフリーランスとして独立して仕事をするよりかは、副業で様子を伺いながら仕事をされると良いと思います。

スキルアップを優先される方

クラウドワークスでは、一つの案件に対し、多くの応募が殺到しますので、競争が激しいです。
この競争は通常、価格競争に発展しやすく、単価を低めに設定しなければ受注できない場合が多いです。
そのため、収入(生産性)を重視される方よりかは仕事を通じたスキルアップを優先される方の利用の方が適しています。

現役エンジニアの方

クラウドワークスでも、現役エンジニアの方であれば、いきなり高い収入を得ることができます。
なぜなら、既に本業で実績があると思いますし、中規模以上の案件をこなすことができるためです。
筆者も現役エンジニアですが、スキルを買われるので、継続的に再発注をしてくれる取引関係を築くことができました。