エンジニアはクラウドワークスで稼げるか?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

エンジニアはクラウドワークスで稼げるか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • エンジニアはクラウドワークスで稼げるか知りたい
  • クラウドソーシングサイトが安定しない理由を知りたい
  • エンジニアがもっと稼ぐためにすべきことを知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、クラウドワークスでの稼ぎについて解説し、エンジニアがもっと稼ぐためにすべきことをまとめています。

クラウドワークスは副業レベルでは稼げる

クラウドワークスは副業レベルでは稼げる

結論から言うと、エンジニアはクラウドワークスで副業レベルでは稼げます。
まずは、なぜ副業レベルなのか、ということを解説していきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

小さい案件がたくさんある

クラウドワークスは同業他社のランサーズと比べると、規模の小さめの案件がたくさんあります。
そのため、小さめの案件をこつこつと消化していくことで、あまり時間がない方でも空き時間に稼ぐことができます。
小さめといっても、ココナラのように小さすぎる案件でもないので、お小遣い以上給料未満の金額で稼ぐことができます。

大きめの案件はあまりない

クラウドワークスは規模の小さい案件が中心で、大きい案件はそこまではありません。
また、中規模から大規模の案件になってくると、クラウドワークス内でもある程度実績が求められます。
小さめの案件がほとんどのため、副業レベルの稼ぎとなることが一般的で、クラウドワークスだけで生計を立てることは難しいです。

基本的には安い単価となる

クラウドワークスに限らず、クラウドソーシングサイトでは基本的に安い労働力を求めてクライアントがランサーを募集しています。
ただ、それでもエンジニアであれば、時間給2,000円前後は初心者の方でも取れるので、安すぎるということはないでしょう。
注意点としては後々仕事量が増えないように要件をきちんと定めてから作業を進めることをおすすめします。

クラウドソーシングサイトが安定しない理由

クラウドソーシングサイトが安定しない理由

クラウドワークスのみならず、クラウドソーシングサイトは基本的に収益は安定しません。
次に、その理由を解説していきたいと思います。

案件の数には波がある

クラウドソーシングサイトに登録されている案件は流動的ですので、多いときもあれば少ないときもあります。
筆者の場合は、クラウドワークス単独で多いときは20万円程度、少ないときで10万円を切っていました。
そのため、例えば、クラウドワークスだけで生活していこうとは考えない方が良いでしょう。

継続案件ではなく単発案件が多い

ビジネスの世界では、往々にして特定のお客さんが継続的に発注をしてくれる取引関係が生じるものですが、クラウドソーシングサイトでは単発で終わるケースも見られます。
また、仮に継続的に発注してくれたとしても、安い単価のままで単価を上げられずに思うように稼げないことが考えられます。
そのため、単発が一般的と捉えておいた方が良く、運がよければ固定客を取ることができ、若干収入を安定させることができるという認識でいた方が良いでしょう。

競争が激しく単価を落とす必要がある

クラウドソーシングサイトの案件はいつも一つの案件に対し大量の応募者が現れます。
大人数の中から自分が真っ先に選ばれるためには、基本的には単価を落とすしかなく、価格競争を余儀なくされます。
単価を落とすわけですから、結果的に稼ぎは減ってしまい、メインの収入源とするには少し心もとない状況となってしまいます。

エンジニアがもっと稼ぐためにすべきこと

エンジニアがもっと稼ぐためにすべきこと

以上でクラウドワークスでの稼ぎについて解説をしてきました。
最後に、エンジニアがもっと稼ぐためにすべきことをまとめたいと思います。

常連を見つけ直接取引を目指す

基本的には単発のクライアントが多いですが、たまに継続的に発注をくれるクライアントと出会えることがあります。
常連を見つけたら、ぜひ直接取引に移行することを提案してみましょう。なぜならシステム利用料分をそのままもらえる可能性があるからです。
クライアント側もクラウドワークスのシステムや手数料に不満を持っていることも多いので応じてくれる可能性はかなり高いです。

なるべく複数のサイトを使う

クラウドソーシングサイトで仕事をしていく場合には、クラウドワークス以外にも、例えば、ランサーズやココナラといったサイトにも登録をされると良いでしょう。
一つのサイトだけでは取れる仕事の数に限界があるので、時期にもよりますが、大体は暇を持て余してしまいます。
複数のサイトを使うことで仕事がないリスクを軽減することができますので、ある程度収入を安定させることができるでしょう。

スキルを磨く

エンジニアの評価は通常、どれほどの場数を踏んでいるか、によって決まるといっても過言ではないです。
そのため、単価を上げていくためには、自分のスキルを常にアップさせることを考え、勉強することを忘れないようにしましょう。
筆者の場合も駆け出しの頃と比べると2倍近く単価が変わっているので、小さい案件をたくさんこなし、自分の単価を上げていくと良いでしょう。