CodeCampのWebマスターコースのカリキュラムはどう?【現役SEが解説】

PROGRAM

CodeCampのWebマスターコースのカリキュラムはどうか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • CodeCamp Webマスターコースのカリキュラムの内容を知りたい
  • その他に実際の開発で必要となるものを知りたい
  • CodeCamp Webマスターコースがおすすめできる理由を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、CodeCamp Webマスターコースのカリキュラムとその他に実際の開発で必要なものを解説し、このコースがおすすめできる理由をまとめています。

CodeCamp Webマスターコースのカリキュラムの内容

CodeCamp Webマスターコースのカリキュラムの内容

結論から言うと、CodeCampのWebマスターコースのカリキュラムはおすすめできます。
まずは、このコースのカリキュラムの内容を解説していきます。

HTMLとCSS、JavaScript(jQuery)

Webマスターコースでは、HTMLとCSS、JavaScriptが学べます。

これらはいずれもフロントエンドの言語になります。
フロントエンドの言語とは、カンタンに言うと、画面を作るための言語になります。

一つひとつ解説していきます。

まずHTMLは、マークアップ言語と呼ばれ、ブロックなどの各要素の配置から文字や画像の表示まで、画面の根幹を形成するために必要な言語になります。

CSSに関しては、スタイルシート言語と呼ばれ、HTMLで配置した各要素を装飾するための言語になります。
大半のサイトではCSSを削除して見てみると、全く面白くないページが表示されることになります。
それだけCSSは「見た目」の点で重要な役割を担っているということが言えるのです。

続いてJavaScriptについてですが、こちらはHTMLやCSSとは異なり、プログラミング言語と呼ばれるものになります。
例えば、ある要素にボタンクリックなどのイベントが発生した際に、何らかの処理を加えたりすることができます。
また、サーバとの非同期通信で、画面遷移せずに様々な通信を同時に実現できるなど、モダンな画面では近年使われる機会が増えてきています。

ちなみにjQueryとは、JavaScriptのライブラリであり、JavaScriptをよりカンタンに便利に書けるようにしたものです。
jQeuryで実現できることは全て生のJavaScriptでも実現することができます。
したがって、学習の際はJavaScriptから始めるのが良いでしょう。

PHP

WebマスターコースではPHPも学べます。

PHPはバックエンドの言語、すなわちサーバ側の言語のことで、サーバ側での処理を実装する際に使われます。

重要な処理はサーバ側で実装することがほとんどですので、システムやアプリケーションを開発する際には、このバックエンドの開発に多くの労力が費やされます。

例えば、ショッピングサイトを例に考えてみると、ログインや商品登録、注文や決済などの多くの機能はサーバ側で実装されています。

反対にデザインのハイセンスさが売りのペラのWebサイトを作成する場合には、バックエンドの言語は実質ほとんど使われません。
「実質」とした理由は、この場合WordPressを使うケースが多く、裏ではPHPを使用しているためです。

フロントエンドの言語はHTMLとCSS、JavaScriptでほぼ確定ですが、バックエンド言語に関してはPHP以外にも、JavaやRuby、Pythonなどがあり、開発現場によって使われる言語が異なります。
しかし、これを全部予習しておくことは現役エンジニアであっても難しいので、未経験者であれば、とりあえずいずれか一つでOKです。
PHPはこの中でも特に学びやすい言語なので、おすすめです。

SQL

WebマスターコースではさらにSQLも学べます。

SQLとはデータベースを操作するための言語になります。
バックエンド言語と組み合わせて使われることが多く、データを保持する必要のあるシステムやアプリケーションの開発では必須になります。

ほとんどの開発ではデータベースを使いますので、Web系エンジニアとして仕事をするうえでは、欠かせない言語になります。
しかし、その反面、他のスクールのWeb入門コースなどでは割愛されていることが多いです。

CodeCampのWebマスターコースではカリキュラムの中にSQLがきちんと盛り込まれていますから、確実に開発に必要なスキルをそろえることができます。

その他に実際の開発で必要となるもの(未経験者からの転職であれば問題ナシ)

その他に実際の開発で必要となるもの(未経験者からの転職であれば問題ナシ)

実際の開発では、CodeCamp Webマスターコースのカリキュラムで学べるもの以外にも必要となるものがあります。
次に、カリキュラムに盛り込まれていないもので必要なものを挙げ、解説していきます。

フレームワーク

実際の現場では、PHPなどバックエンドの言語をそのままで使うよりかは、フレームワークと合わせて使われることが多いです。

フレームワークとは、開発に必要な一般的な機能が全て揃っているもののことです。

フレームワークを駆使すれば、コーディング規約もあり開発の仕方も統一できるので、チームでの開発が行いやすいのです。

例えば、PHPであればLaravel、RubyであればRails、PythonであればDjangoというフレームワークが有名ですが、これらを扱えるようにするには新たな言語を一つ覚えるような苦労が必要です。
そのため、未経験者からの転職ということであれば、フレームワークの知識や経験はとりあえずなくても問題がありません。むしろ初心者ほど言語自体の学習をしっかり行っておいてほしいので、下手にフレームワークをかじってて欲しくないというのが採用側の本音です。

フレームワークを使えば高速開発ができるのでたしかに便利なのですが、キャッチアップするのであれば、スクールを卒業して、現場に入る際でも全く問題ないと思います。

仕様書の書き方

実際の現場では、必ず仕様書というものを書かされます。

仕様書とは具体的に言うと、要件定義書や基本設計書、詳細設計書、そしてテスト仕様書などです。

仕様書というと堅苦しいですが、決まった形式で書けばよく、中小の現場などでは基本設計書だけで済ませるところさえもあります。

大きいところでは一応まともにやりますが、それでも詳細設計書は省くところも多いでしょう。

詳細設計は書くことだけでなく更新することもまた大変だからです。

基本設計書には、画面設計やデータベース設計、連携ファイルに関する仕様を書いていきます。

しかし、具体的な書き方は現場によって微妙に異なりますし、スクールで予習すべきほどのことでもありませんので、これも現場で学べば十分でしょう。

インフラに関する知識

システムやアプリケーションの開発をするということは、それが動作するハードウェアやOS、ミドルウェア、ネットワーク等の環境も必要ということになります。

もちろん多くの現場ではインフラを担当するインフラエンジニアという方がいますから、彼らに任せればよいのですが、中小規模の開発現場やご自身で検証される場合などでは、自分でもインフラ周りの仕事をすることになる可能性もあります。

そのため、できるだけインフラに関する知識もあった方が良いですが、未経験者であれば最初から身につけておく必要はないでしょう。

なぜなら、開発現場によって使うプラットフォームも異なりますし、全てを追うことは難しいからです。

CodeCamp Webマスターコースがおすすめできる理由

CodeCamp Webマスターコースがおすすめできる理由

以上CodeCampのWebマスターコースのカリキュラムについて、見てきました。
最後に、このコースがおすすめできる理由をまとめたいと思います。

別の記事ではコースを全体的に評価もしています↓

各章末には必ず実習課題がある

CodeCampのWebマスターコースでは、各章末に実習課題が用意されており、実際に手を動かして学んだ知識を確認することができます。

基本的にプログラミングは数学と同じですので、アウトプットを重ねることで、プログラムが書けるようになってきます。

受験勉強と同じようなインプットだけの学習スタイルでは、実際に役に立たない(書けない)知識だけが身につくので、実践的スキルは身につきません。

実習を通して初めてスキルとして定着させることができます。

現役エンジニアによる個別指導

CodeCampでは講師陣は全員現役エンジニアのため、わからないところでつまずいたりしても相談できますので問題ありません。

また、教室型のスクールであれば集団のため相談しづらいこともありますが、CodeCampでは個別指導のため、そんな心配も無用です。

実際に評判を見ても、評価ポイントとして個別指導を挙げる方が多かったので、しっかりとしたサポートを求められる方にはおすすめと言えるでしょう。

未経験者用に最適化されたカリキュラム

CodeCampのWebマスターコースでは、基本的にはCodeCampで用意した独自の教科書を使います。

これは未経験者向けに最適化された教科書のため、初めての方でもわかりやすいように書かれているので安心です。

教材選びは「理解や定着のしやすさ」という点でとても重要なので、ラーニングデザイナーが考えたカリキュラムで学習できることほど効率の良いものはありません。

CodeCampは時間短縮や確実な学習をされたい方にはおすすめのスクールと言えるでしょう。