CodeCampのWebマスターコースの評判はどう?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

CodeCampのWebマスターコースの評判はどうか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • CodeCamp Webマスターコースの内容を知りたい
  • CodeCamp Webマスターコースを利用した方々の評判を知りたい
  • CodeCamp Webマスターコースが向いている人の特徴を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、CodeCamp Webマスターコースの内容と利用した方々の評判を紹介し、このコースが向いている人の特徴をまとめています。

CodeCamp Webマスターコースの内容

CodeCamp Webマスターコースの内容

評判を見ていく前に、まずはCodeCamp Webマスターコースの内容を簡単に紹介していきます。

別の記事でも解説しています↓

Web開発に必要なスキルがバランスよく身につけられる

CodeCampのWebマスターコースの学習カリキュラムは、画面作りのHTMLとCSS、プログラミングのJavaScriptとPHP、データベースのSQLというように、Web系の各方面で必須のスキルがセットで身につけられる内容となっています。

現役エンジニアの筆者から見ても、バランスの良いカリキュラムとなっており、他のスクールのコースではSQLが入っていなかったり等があるのですが、このあたりはよく考えられているなと感じます。

また、成果物に向かって学習を進めて行くスタイルなので、アウトプット中心になることからも、実務に近く、身につけやすいコースになっていると思います。

オンラインで受講することができ、週あたりの受講回数に上限がない

CodeCampは教室型ではなくオンライン型のスクールのため、いつでもどこでも、時間と場所を選ばずに受講することができます。

そして、これは他のスクールだと少ないのですが、週に受講できるレッスンの上限回数も設けられていないので、自分のペースで一気に消化することも可能です。

時間が確保できない方や短期集中で学習をされたい方にとってはとてもおすすめと言えます。

講師は現役エンジニアで、オリジナルサービスの開発も支援してくれる

CodeCampの講師は全員現役エンジニアとなっており、さらに個別指導なので確実に開発スキルを身につけることができます。

また、オリジナルサービスの開発の支援もあるので、転職を有利に進められるポートフォリオに載せるための作品も開発することができます。

オリジナルサービスの開発は、基本的には自分で一から開発していくわけですが、挫折ポイントがいくつもあるものです。

その際に、現役エンジニアが支援してくれるのはとても心強く、無駄な時間を作らずに済みます。

CodeCamp Webマスターコースを利用した方々の評判

CodeCamp Webマスターコースを利用した方々の評判

簡単なコースの内容を紹介したところで、次にCodeCamp Webマスターコースを実際に利用された方々の評判をピックアップしていきます。
ここでは偏りがないように、複数の情報源を利用していきます。

現役エンジニアによる個別指導が心強い

まずは、公式サイトに掲載されている評判からピックアップしていきます。

CodeCamp Webマスターコース

ここには3人の体験談がありますが、要約すると3人とも、現役エンジニアによる個別指導の重要性に言及しています。

学習やオリジナルサービスの開発の際に、つまずくポイントは多々あるものですが、現役エンジニアの講師の個別指導があることで、悩みを抱えないまま解決できる利点を挙げています。

この点は教室型のスクールの場合ですと、一人ひとりに時間を割けないので、相談する時間もないまま授業が終わってしまう可能性がありますよね。

また、CodeCampでは講師を変更することができたり、週あたりのレッスン回数の上限もなかったりなど融通性があることも学びやすさに寄与しているように、彼らの感想からは見受けられます。

確実に学習を進めて行きたい方には、CodeCampがおすすめであることがわかります。

自習の補助としての講師を使うと効率が良い

コードキャンプ(CodeCamp)で学んだIT初心者の僕の感想

公式サイトではないだけあって、率直な意見が述べられています。

スクールでは通常の学校と同じように受け身で授業を受けてしまいがちですが、そうすると何も身につかないということをCodeCampの講師から言われたというのです。

たしかにそのとおりだと思います。具体的な目標地点がない中でやみくもに学習をしても、断片的知識しか身につかないので、実践的なスキルは身につきません。

まずは自分の目標があって、それに必要だから学ぶのであって、ここでは予習(能動的学習)の重要性を説いています。

予習をできるだけ多くしておいた方が良い

CodeCamp(コードキャンプ)のWebマスターコースレビュー・感想|1日目

CodeCampのWebマスターコースの1日目のレッスンについて述べられた記事ですが、未経験者にもわかりやすく、エディタの使い方から解説してくれていることがわかります。

まとめを見てみると、1日目ではありますが、相当学べたことが多く、内容が濃かったようです。

受講のポイントとして、「レッスンを受ける前になるべく課題を進めて、疑問点を明らかにしておく」ということに言及していることには注目すべきです。

やはり能動的に学習をして、予習復習をきちんと行い、学ぶのはあくまで自分、というところを明確にしないと実践的な開発スキルは身につかないということですね。

CodeCamp Webマスターコースが向いている人の特徴

CodeCamp Webマスターコースが向いている人の特徴

複数の情報源の評判から、最後にCodeCamp Webマスターコースが向いている人の特徴をまとめていきたいと思います。

到達点がある程度決まっている方

各所の評判から、レッスンを受講する前に予習をきちんと行い、能動的に学習に取り組む必要があることがわかりました。

能動的に学習するためには、モチベーションを維持するために、作りたいものやなりたい自分という到達点がある程度決まっていないといけません。

例えば、「ショッピングサイトを開発したい」「メディア系サイトをつくりたい」などの具体的な目標が必要になります。

CodeCampの場合は、作成課題を設定することができますので、最初のレッスンまでに課題を決められると、効率よく学習できると思います。

わからないところだけ教えてほしい方

予習復習を繰り返しながら主体的に学習していくので、学習するのはあくまで自分です。

したがって、わからないところだけを講師から教わる、というスタンスであれば、このコースは最適だと言えるでしょう。

講師は現役のエンジニアなので相談すれば課題はほとんど解決することができますし、確実に開発スキルを身につけることができます。

学習の時間を短縮化して効率よく学びたい方

「基本は独学でできる。しかし、学習時間をなるべく短縮化したい」という方は多いと思います。

そういう方は主体的で能動的に学習をされるタイプですので、プログラミングスクールはとても向いていると思います。

独学では、わからない点に遭遇すると平気で1日、2日進まないことがよくありますが、CodeCampのマンツーマン指導ではそれを回避することができます。

効率重視の方にはおすすめと言えると思います。