CodeCampのWebマスターコースの3つの無料体験メリット【現役SE解説】

PROGRAM

CodeCampのWebマスターコースの3つの無料体験メリットを知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • CodeCamp Webマスターコースの内容を知りたい
  • CodeCamp Webマスターコースの無料体験を受ける3つのメリットを知りたい
  • CodeCamp Webマスターコースが初心者におすすめな理由を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、CodeCampのWebマスターコースの内容と無料体験の3つのメリットを解説し、このコースが初心者におすすめな理由をまとめています。

CodeCamp Webマスターコースの内容

CodeCamp Webマスターコースの内容

無料体験のメリットを解説する前に、まずはCodeCamp Webマスターコースの内容を解説しておきたいと思います。

別の記事でも内容を解説しています↓

Web開発のスキルがバランスよく身につけられる

Web開発では、画面づくりにはHTMLとCSSが必要とされ、サーバ側の処理にはPHPなどのプログラミング言語が最低限必要とされます。

しかし実際には、画面側の動きをより豊かにするために、クライアント側にもプログラミング言語が使われ、JavaScriptのスキルが求められます。

また、サーバ側に関してもPHPだけで済むことは少なく、データベースにデータを保存したり、逆に取り出したりする操作も発生するため、データベースのSQLという言語も必要になってきます。

CodeCampのWebマスターコースでは、これらの言語を全て網羅しており、初心者でも実践的な開発スキルを身につけることができます。

現役エンジニアの講師陣によるマンツーマンレッスン

CodeCampの講師陣は全員現役エンジニアとなっており、プロの開発者から教わることができるので、確実にスキルを身につけることができます。

仮に現役エンジニアによるレッスンでない場合は、現場で役に立たない知識だけが身につく可能性があります。

プログラミングは答えが一つに決まっているわけではないので、大学受験や資格取得と同じような勉強方法では太刀打ちできません。

また、CodeCampはマンツーマンのレッスンのため、集団授業のような「質問ができない状況」もないため、わからないまま先に進んでしまい置いてかれるといった心配も無用です。

時間と場所を選ばず、週の受講回数制限のないレッスン

CodeCampはオンライン型のプログラミングスクールのため、時間と場所を選ばずに、受講することができます。

さらに、他のスクールでは、1週間に受けられる受講回数の上限が設けられていることが多いのですが、CodeCampのWebマスターコースではそういった制限がありません。

そのため、空いている時間に連続して受講したり、短期で一気に仕上げるなどの自分のペースでの受講が可能となっています。

講師も専任制ではなく毎回選ぶことができますので、融通が利きやすいです。(もちろん同じ講師を指名し続けることも可能です。)

CodeCamp Webマスターコースの無料体験を受ける3つのメリット

CodeCamp Webマスターコースの無料体験を受ける3つのメリット

コースの内容がわかったところで、次にCodeCampのWebマスターコースの無料体験を受ける3つのメリットを解説します。

スクールとの相性がわかる

無料体験では、まず現在の自分のプログラミングスキルについてのヒアリングやCodeCampについての説明がありますので、CodeCampと選んだコースが自分に適しているかどうかがわかります。

そして、簡単なプログラミング体験も可能となっているので、カリキュラムや講師との相性もここで確認をすることができます。

プログラミングスクールは大体教習所と同じくらいの料金で高額なため、必ず一度体験をされてから申込まれることをおすすめします。

プログラミングの適性がわかる

無料体験では、簡単なプログラミング体験の講義の受講もできることから、自分にプログラミングの適性があるかどうかも確認することができます。

これは、エンジニアとして転職することができるか、ということにも関わる大事な点ですから、事前に体験しておくことをおすすめします。

中にはプログラムや数式を見ただけで「無理!」となってしまう方もいるので、一度もプログラムを書いたことがないという方は、間違いなく体験を受けておいたほうが良いでしょう。

10,000円の割引クーポンがもらえる

CodeCampでは単に体験の場を提供しているだけでなく、無料体験に参加した方全員に10,000円の割引クーポンもプレゼントしています。

もともとCodeCampの授業料は他のスクールと比較しても安い方なのですが、さらにそこから10,000円も割り引いてくれるため、経済的な負担を減らすことができます。

2ヶ月プラン(レッスン回数20回)であれば、授業料が148,000円から138,000円になるため、かなり割安感がありますね。

CodeCamp Webマスターコースは初心者におすすめ

CodeCamp Webマスターコースは初心者におすすめ

ここまでの解説を総合して、最後にCodeCampのWebマスターコースが初心者におすすめな理由をまとめていきます。

未経験者向けのカリキュラム

CodeCampは教科書にオリジナル教科書を使っており、未経験者向けに特化してくれています。

教科書の各章末には提出が必要な実習課題が用意されているため、実際に手を動かしながら開発スキルとして定着させることができます。

インプットだけの場合、その知識をどう活用して良いかわからず、プログラミングに必要な論理的思考力が鍛えられないため、アウトプットに重点を置くということは大事なことです。

ラーニングデザイナーがカリキュラムを組んでいるだけあって、独学とは違い、効率的に確実なスキルを身につけられる内容となっています。

オリジナルサービスの開発支援

CodeCampには、現役エンジニアの講師によるオリジナルサービスの開発支援があります。

オリジナルサービスの開発とは、自分のスキルを証明するための作品を開発することで、例えばメディア系サイトやショッピングサイトを開発することですが、自分ひとりで開発していくのは未経験者にとってはなかなかにハードルが高いことです。

CodeCampではこれらの開発についても講師が支援してくれるため、挫折した際に助けを求めることができ、確実に開発を進めていくことができます。

オリジナルサービスの開発経験があると、ライバルと差別化を図ることができ、優良企業への転職がしやすくなるため、転職で失敗したくない方にはこうした支援のあるCodeCampのWebマスターコースがおすすめです。

無料体験があるので見極められる

CodeCampには無料体験があり、ここで実際の授業の一部を体験することができるので、カリキュラムと相性が合うか、講師と相性が合うかなどを事前に確認することができます。

また、自分がそもそもプログラミングに適性があるかどうかもこの場で確認ができるので、プログラミング学習をちゃんと進められるかどうかも見極めることができます。

いくつかスクールはありますので、まずは無料体験をしてみて、一度CodeCampの雰囲気を味わってみることをおすすめします。