CodeCampはWebマスターコースがおすすめ【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

CodeCampのおすすめのコースを知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • 学習するならWeb系プログラミングがおすすめな理由を知りたい
  • CodeCampはWebマスターコースがおすすめな理由を知りたい
  • CodeCamp Webマスターコースの概要を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、学習するならWeb系プログラミングで、かつCodeCampのWebマスターコースがおすすめな理由を解説し、このコースの概要をまとめています。

学習するならWeb系プログラミングがおすすめな理由

学習するならWeb系プログラミングがおすすめな理由

プログラミングは学習するならWeb系がおすすめです。
まずは、CodeCampのおすすめのコースの紹介の前に、Web系プログラミングがおすすめな理由を解説していきます。

開発案件のうちWeb系は最も多い

現在IT業界の開発案件のうち、半数近くはWeb系の案件となっています。

実際に筆者自身も転職活動をしてきましたが、JavaやPHPといったWeb系の案件が大半を占めているのはどこの企業も変わりませんでした。

また、Web系でない案件であっても、間接的にWebが関わっているものは多数あります。

例えば、ソーシャルゲームなどでは、ユーザデータをサーバ側で持たなければならないことから、各処理をWebサーバ側で行っています。

そのため、アプリ自体はWebではなくても、サーバ側で処理を行ったり、通信でWebを使用していることになるのです。

そういうものを含めた広義の意味であれば、ほぼ全てがWeb系の案件といっても過言ではありません。

バランスの取れた知識が身につく

Web系はWeb系でないものに比べると、ITの様々な分野を横断した知識が求められます。

例えば、非Webのアプリケーションやシステムの場合、社内システムなどの小規模なものの場合が多く、スタンドアロンのものも多いです。

一方、Web系の場合は、不特定多数に公開したり、大規模なトラフィックが発生するものが多く、他システムとの連携も多々発生する傾向があります。

そのため、Web系は、非Webよりかは、クラウドやネットワークなどのインフラ、セキュリティ、連携など、ITの様々な知識をフルに求められるケースが多いです。

したがって、Web系をやっておけば、とりあえずその他のあらゆる分野にも転向しやすく、つぶしが利きやすいので、初心者の最初の分野としてはおすすめです。

Web系は日常で使われ馴染み深い

Web系の案件の多さは、日常でよく使われているということからも説明ができると思います。

この記事の読者も、おそらくほぼ全ての方が毎日Google ChromeやSafariなどのブラウザを使ってWebページを見たり、AndroidやiOSアプリを使ってネット通信をされていると思います。

ほとんどの方にとって馴染み深いものとなっていますので、初心者の方でもこれらの開発に興味を持ちやすいです。

また、子供時代や学生時代に趣味でホームページを作ったりされる方も多く、中には簡単なプログラミングをされた方もいると思います。

したがって、ゼロからのスタートであることが少ないことが多いので、最初のプログラミングとしてはWeb系は強くおすすめできます。

CodeCampはWebマスターコースがおすすめな理由

CodeCampはWebマスターコースがおすすめな理由

次に、CodeCampを利用するならWebマスターコースがおすすめな理由を解説していきます。

一般的に学習するならWeb系が良い

繰り返しとなりますが、Web系は案件数が多く、日常的に使われ初心者にも馴染み深いことから、おすすめの分野です。

そのため、CodeCampのコース選択においても、需要が多く未経験者にも参入しやすいWeb系を学べる、Webマスターコースがおすすめになります。

筆者の知る限りでは、非WebからWebに移るのは苦労されている方が多いですが、Webから非Webに移るのは難なくこなしている方が多い印象ですので、迷ったらWeb系を選択されると良いと思います。

もちろんR言語等でのデータ分析やPython等の機械学習系の開発の方が単価は高いですが、案件はWebに比べるとあまり多くありませんし、初心者には難易度がかなり高くなってしまいます。

したがって、学習を始めるなら、まずはとっつきやすいWeb系がおすすめです。

カリキュラムの内容が良い

CodeCampのWebマスターコースでは、HTMLやCSSといった画面を作るための言語と、JavaScriptやPHPといった処理を実装するためのプログラミング言語を学べます。

これらはいずれもWeb系の開発を行っていくためには必要不可欠なものですが、もう一つ忘れてはいけないものが、データベースを操作するための言語であるSQLです。

CodeCampのWebマスターコースではSQLも含めて学ぶことができますのでおすすめです。スクールによってはフレームワークに依存してしまってSQLについて学ぶ機会がなかったり、PHPだけしか学べないコースなどもあります。

しかし、実際の開発現場ではSQLを自分で書く機会がとても多いので、スクールのコースでデータベースを扱えるのはとても良い経験だと思います。

また、CodeCampでは未経験者向けに最適化されたオリジナルの教科書を使用しており、各章末で実習課題が用意されているのでアウトプットを通じてスキルを確実に定着させることが可能となっています。

オリジナルサービスの開発の支援をしてくれる

CodeCampのWebマスターコースではショッピングサイトやメディア系サイトなどの作成したいサイトの課題を設定して、いわゆるオリジナルサービスを開発することができます。

このオリジナルサービスの開発経験はポートフォリオに載せることができるため、以後の転職活動を優位に進めていくことができます。

特に自社開発企業やWeb系のスタートアップ企業などの「成長がしやすく待遇の良い企業」の求人案件では未経験者であっても、これが求められるケースが多いです。

CodeCampでは現役エンジニアの講師が、この開発の支援をしてくれますので、挫折をすることなく、開発を進めていくことができます。

CodeCamp Webマスターコースの概要

CodeCamp Webマスターコースの概要

最後に、CodeCamp Webマスターコースの概要をまとめておきます。

別の記事でも内容を解説しています↓

時間と場所を選ばず、自由な受講スケジュール

CodeCampはオンライン型のプログラミングスクールのため、時間と場所を選ばずにレッスンを受けることができます。

そのため、仕事で多忙な社会人や学業とバイトで時間の調整の難しい学生にとっても、空き時間を上手く活用することができます。

また、CodeCampでは、週あたりに受けることのできるレッスンの上限回数が設けられていないため、時間のあるときに一気に受講したり、短期集中で学習したりすることもできます。

スクールに通われる方は転職のために一度退職されている方も多いので、このような方にとってはCodeCampは相性が良いと思います。

ポートフォリオに載せるサービスの開発ができる

CodeCampのWebマスターコースでは、作成課題を設定して、それに向かって学習を進めていきます。

公式ページではショッピングサイトや料理レシピサイトなどが例として挙げられていますが、自分がとっつきやすいサイトであって動的なサイトであれば何でもよいでしょう。

ここで作った課題のサイトは、Webサービスと呼ばれるもののため、転職活動の際にポートフォリオに載せて提出することができます。

未経験者枠であっても、優良企業ではこれを要求してくるところが多く、そうでなくても倍率が高い企業では差別化を図るためにも提出できたほうが良いです。

作成課題は基本的には自分で一から作っていくことになりますが、現役のエンジニアの講師陣が開発の支援をしてくれるので、途中でつまづいても挫折することなく、確実に開発を進めていくことができます。

講師は全員現役エンジニアでマンツーマンレッスン

CodeCampのWebマスターコースの講師は全員現役エンジニアで構成されていますので、実践的な開発スキルが身につけられます。

講師に開発経験がなければ、おそらく実際の開発であまいr役に立たない知識だけが身についたり、応用が利かないスキルとなってしまうだけでしょう。

また、CodeCampではマンツーマンレッスンのため、集団でのレッスンのように質問や相談の機会を逃すといったこともありません。

つまづいたらその場で質問をすれば、毎回プロの的確な答えが返ってきますし、確実に学習を進めていくことができます。