CodeCampとTECH CAMPの違い【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

CodeCampとTECH CAMPの違いを知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • CodeCampの特徴を知りたい
  • TECH CAMPの特徴を知りたい
  • CodeCampとTECH CAMPの違いを知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、CodeCampとTECH CAMPのそれぞれの特徴を解説し、CodeCampとTECH CAMPの違いをまとめています。

CodeCampの特徴

CodeCampの特徴

結論から言うと、CodeCampとTECH CAMPは料金や内容に違いがあります。
この記事では、まずは、CodeCampの特徴から解説していきたいと思います。

別の記事でもCodeCampを解説しています↓

格安な料金プラン

CodeCampの料金は、プログラミングスクールの中でもかなり安い方で、良心的な価格設定であると言えます。
主な理由としては、CodeCampがオンライン完結のスクールであり、教室を持たない分固定費がかからないことが挙げられるでしょう。
学習期間も2ヶ月、4ヶ月、6ヶ月という広い幅の中から選ぶことができるため、学習ペースの速い方も遅い方も希望に合わせることができるでしょう。

講師は全員現役エンジニア

CodeCampの講師は全員現役のエンジニアとなっています。
現役なので、CodeCamp専属ではなく、実際に開発が行われている大手ITやベンチャー等で開発者として勤務している講師となります。
したがって、技術的に行き詰っても相談をすることで、プロが実際の開発現場の経験から回答してくれるため、挫折する心配はありません。

Webサービスを作れるスキルが身につけられる

CodeCampではHTMLとCSS、JavaScript、PHP、SQLといったWeb系の開発に必要な基本的な言語を学ぶことができます。
これらの基礎を学んだ後は、自分で実際に手を動かして、オリジナルのWebサービスを開発していくカリキュラムとなっています。
ここで開発したWebサービスはポートフォリオに載せることができるため、転職活動時にもスキルの証明として役立てることができます。

TECH CAMPの特徴

TECH CAMPの特徴

ここまででCodeCampの特徴を見てきました。
次に、TECH CAMPの特徴を解説していきたいと思います。

別の記事でもTECH CAMPの特徴や評判を解説しています↓

Web系の実践的な開発スキルが身につけられる

TECH CAMPでは、HTMLとCSS、JavaScript、Ruby、SQLといったWeb系の開発に必要な基本的な言語を学べます。
さらに、現場でよく使われる、クラウドのAWSやソースコード管理のGithub等も学べるため、実践的な開発スキルが身につけられます。
Web系エンジニアに対してはプログラミングスキルだけでなく、インフラ構築も求められることが多々あるため、ここでAWSを学習しておくことでこれらの需要にも対応することができます。

現場に近い開発の経験ができる

TECH CAMPではチームで開発を行うため、現場に近い開発を経験することができます。
具体的には、同じタイミングで受講を開始した同期と一緒にチームを組み、開発の各工程を担当していきます。
最終的にはどの工程も担当できるようになり、ゼロからWebサービスを開発できるレベルにまでスキルを上げることができます。

全額返金保証がある

TECH CAMPには2つの全額返金保証があり、終始安心して学習できるようになっています。
保証の一つは14日間無条件返金保証というもので、学習開始から14日以内であればどんな理由であっても学習を辞退し全額返金してもらうことができます。
もう一つの保証はITエンジニア転職保証というもので、学習を終えて転職活動をした結果、万一どこの企業からも内定をもらえなかった場合にも全額返金してもらうことができます。

CodeCampとTECH CAMPの違い

CodeCampとTECH CAMPの違い

以上でCodeCampの特徴とTECH CAMPの特徴を確認してきました。
最後に、これらを踏まえ、CodeCampとTECH CAMPの違いをまとめたいと思います。

料金重視ならCodeCamp

料金は、内容が異なるため単純比較はできませんが、CodeCampの料金が最も安い水準であることだけは確かです。
ただし、お金を絶対に無駄にしたくないということであれば、全額返金保証のあるTECH CAMPの方が良いと思われます。
保証が付いている分TECH CAMPはやや高いですが、最終的には自分がプログラミングスクールに求めるものと天秤にかけ、どちらが良いか検討されると良いでしょう。

転職を成功させたいならTECH CAMP

TECH CAMPは豊富な転職成功事例があり、転職先には東証一部上場企業のような大手企業も多いです。
また、転職先の企業のタイプもSESは少なく、ほとんどが自社サービス開発もしくは受託開発になるため、成長もしやすいです。
そのため、確実にキャリアアップをされたい方や転職を成功させたいという方には、CodeCampよりもTECH CAMPの方がおすすめと言えます。

より実践的スキルを身につけたいならTECH CAMP

CodeCampでもオリジナルのWebサービスを開発するため、実践的なスキルは身につけられます。
しかし、TECH CAMPでは転職に特化していることもあって、チームでの開発を経験でき、CodeCampよりもさらに実践的なスキルを身につけられます。
フレームワークやソースコードの管理といったものはチーム開発ではほぼ必須のため、現場にもスムーズに入りたいという方にはTECH CAMPが良いと言えるでしょう。