【転職に特化】CodeCampGATEは転職におすすめ【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

CodeCampGATEは転職におすすめか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • CodeCampGATEのスクールの内容や魅力を知りたい
  • エンジニアの転職に必要なものを知りたい
  • CodeCampGATEが転職におすすめな理由を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、CodeCampGATEのスクールの内容やエンジニアの転職に必要なものを解説し、CodeCampGATEが転職におすすめな理由をまとめています。

CodeCampGATEの内容や魅力

CodeCampGATEの内容や魅力

結論から言うと、CodeCampGATEはエンジニアの転職を考えている方にはおすすめのプログラミングスクールです。
まずは、CodeCampGATEのスクールの内容と魅力から解説していきます。

オンラインでどこでも受講できる

CodeCampGATEは、通学型ではなくオンライン型のプログラミングスクールのため、場所を選ばず、どこにいても学習をすることができます。

プログラミングを学習されたい方の中には地方在住者や多忙で時間が取れない方も相当数いると思いますので、通学型のスクールが厳しい方にはおすすめです。

また、CodeCampGATEはオンライン型のスクールではありますが、現役エンジニアの講師による個別指導やキャリアアドバイザーによる手厚い転職サポートなど、通学型のスクールと変わらぬサポートを受けることができます。

むしろ転職に特化したスクールですので、転職をされたい方にとっては、他のプログラミングスクールよりもいっそう充実した内容となっています。

現役エンジニアの講師が個別指導

CodeCampGATEの講師は現役エンジニアですので、受講生はより実践的なスキルを身につけることができます。

また、マンツーマンレッスンのため講師を独占できるので、通学型の集団レッスンのように質問を躊躇してしまうといったこともありません。

現役エンジニアなので質問に答えてもらえないという心配も無用なので、未経験者でも確実に学習を進めていくことができます。

Webプログラミングを学べる

CodeCampGATEで学習できるものは、Webプログラミングになります。

IT業界の開発案件のうち約半数はWeb系の開発案件となっていますので、需要の面から言っても、初心者におすすめの学習内容となっています。

Web系の開発では、画面作りのためのHTMLやCSS、プログラミングのためのJavaScriptやPHP、データベース操作のためのSQLの言語が実際の現場でよく使われていますが、この全てをここで学ぶことができます。

エンジニアの転職に必要なもの

エンジニアの転職に必要なもの

ここまででCodeCampGATEのスクールの内容をざっくりと確認しました。
次に、エンジニアへの転職の際に必要とされるものを解説しておきたいと思います。

プログラミング基礎

エンジニアに転職するためには、まず、プログラミングの書き方や思考方法、それから各言語に関する知識が前提条件として求められます。

なぜなら、企業が雇用後にこれらをゼロから教えるのでは時間がかかりすぎて割りに合わないからです。

そのため、転職をされる前に、これらの必要知識を身につけないと、優良企業への転職はかなり難しいと思われます。

実際に、筆者も自社開発企業に転職の際に、基礎知識の試験はどこの企業でも課せられました。

基礎知識は独学だけでも身につけられますが、不安な方はプログラミングスクールを利用されると良いでしょう。

実践的な開発スキル

プログラミングはどちらかというと手を動かして覚えるものなので、知識だけに偏重している場合、開発現場では役に立たない場合があります。

そのため、企業は実際に実務で多少でも使っていたり、プライベートでアプリやツールなどを開発したりしている方を優遇して採用する傾向があります。

筆者も以前の職場でExcelVBAのプログラミング経験があることが買われ、未経験からエンジニアへと転職をすることができました。

したがって、知識だけでなく、実際に手を動かしてプログラミングをした、という経験が未経験者の転職時には重要となります。

現在の職場でプログラミングを始めてみるのでも良いでしょうし、プログラミングスクールで開発していくのでも良いと思います。

ポートフォリオ(開発実績)

選考の場で企業側が応募者の開発スキルを測ることは難しいので、実際には、ポートフォリオと呼ばれる開発実績を載せた作品集の提出が求められることがよくあります。

自社開発企業などの優良企業では特にこれが求められるため、確実に転職をされたいのであれば、事前にWebサービス等を何か一つでも開発しておくと良いでしょう。

もちろんWebサービスの開発には時間がかかりますので、プログラミングスクールの学習プログラム内で作ってしまうことが最も簡単な方法となるでしょう。

CodeCampGATEが転職におすすめな理由

CodeCampGATEが転職におすすめな理由

以上でエンジニアの転職に必要とされるものとCodeCampGATEで学べるものがわかったと思います。
最後に、CodeCampGATEがエンジニアへの転職におすすめな理由をまとめておきたいと思います。

別の記事でも解説しています↓

オリジナルのWebアプリを開発できる

CodeCampGATEでは、学習プログラム内でオリジナルのWebアプリの開発をすることができます。

転職の際には、特に優良企業からはポートフォリオの提出が求められることが多々ありますので、ここで対策をすることができるというわけですね。

オリジナルのWebアプリの開発となるので、基本的には自分ひとりで企画から実装までをしていくことになりますが、CodeCampGATEでは現役エンジニアの講師と一緒に開発をしていくけるため、プロの支援を受けながら確実に開発をすることができます。

チーム開発の経験ができる

CodeCampGATEのWebサービス開発では、現役エンジニアの講師の方とチームを組んで開発していくことができます。

他のプログラミングスクールでもWebサービスの開発ができるところは多いのですが、チーム開発ではなく完全に一人での開発のところが多いです。

実際の開発現場では、もちろんチーム開発の現場の方が圧倒的に多いので、スクールでチーム開発を経験することで、現場に近い感覚をつかむことができ、転職時にもアピールすることができます。

キャリアアドバイザーの支援がある

CodeCampGATEは転職に特化したプログラミングスクールです。

現役エンジニアの講師が個別指導をしてくれるのはもちろんですが、専属のキャリアアドバイザーもついてくれるので、転職に関するサポートも充実しています。

具体的には、応募書類の添削や面接対策、企業選びまでを一貫してサポートしてくれるので、転職に苦手意識がある方にもおすすめのスクールとなっています。

オンライン型の転職に特化しているプログラミングスクールは他にはあまりありませんので、この条件で探されている方はCodeCampGATEをまず第一に検討されると良いと思います。