CodeCampGATEのカリキュラムは転職におすすめ【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

CodeCampGATEのカリキュラムについて知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • CodeCampGATEのカリキュラムで学べるものを知りたい
  • CodeCampGATEのカリキュラムで学べないものを知りたい
  • CodeCampGATEのカリキュラムが転職におすすめできる理由を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、CodeCampGATEのカリキュラムで学べるものと学べないものを解説し、CodeCampGATEのカリキュラムが転職におすすめできる理由をまとめています。

CodeCampGATEのカリキュラムで学べるもの

CodeCampGATEのカリキュラムで学べるもの

結論から言うと、CodeCampGATEのカリキュラムはおすすめです。
まずは、CodeCampGATEのカリキュラムで学べるものを解説していきたいと思います。

マンツーマンレッスンで基礎を学習

CodeCampGATEはマンツーマンレッスンでWebプログラミングを学べるプログラミングスクールです。

そのため、学習で躓いた場合にも、躊躇せずに質問を通じて確実に解決することができるため、通学型の集団レッスンのスクールよりも未経験者におすすめできます。

また、講師の方は現役エンジニアのため、質の高いサポートを受けながら、効率的に学習を進めていくことができます。

現役エンジニアとWebサービスを一緒に開発

CodeCampGATEのカリキュラムは、前半では基礎学習、後半では現役エンジニアの講師と一緒にWebサービスを開発していく内容となっています。

ここで開発するWebサービスは、ポートフォリオ(作品集)にも載せることができるため、転職活動で大いに役に立ちます。

自社開発企業や上場企業といった優良企業では、未経験者向けの求人案件であっても、ポートフォリオの提出を求められることがあり、そうでない場合でも提出することで他者との差別化を図れるため、転職に適したカリキュラムとなっています。

実際の開発現場で使われる環境やツールを使用

CodeCampGATEのカリキュラムの後半では、Webサービスの開発をしていくことになりますが、ここでは、実際の開発現場に限りなく近い環境で開発を進めていくことができます。

具体的には、仮想環境構築のためのDockerやバージョン管理のためのGitといったツールを使用し、さらに現役のエンジニアの講師と一緒に開発するので、OJTに近い雰囲気で学ぶことができます。

これらのツールは、現場によって多少の違いはあれども、似たようなものはどこの現場も使用していますので、CodeCampGATEでの経験は転職後にも役に立ち、同時に転職時のアピールポイントにもなるでしょう。

CodeCampGATEのカリキュラムで学べないもの

CodeCampGATEのカリキュラムで学べないもの

実際の開発現場では、CodeCampGATEで学べないものもいくつか必要とされます。
次に、CodeCampGATEのカリキュラムで学べないものを挙げ、解説していきます。

仕様書の読み書き

未経験でエンジニアへ転職すると、まずは既存システムの運用や保守、改修を任せられることはよくあることです。

その際に仕様書を熟読したり、修正したりする必要が出てきますので、仕様書の読み書きにも慣れていかなければいけません。

Web系の場合は特に他システムとの連携が多く、インターフェース仕様書をはじめ、多くの仕様書を目にする機会があると思います。

ただ、こうした仕様書はフォーマットが現場によって異なりますし、細かく作っていないところも多いので、転職後に学べば十分だと思われます。

クラウドやネットワークの知識

最近はアプリケーションをクラウド上に置くことが多々あり、また、機能の一部をクラウドのサービスに依存していることもよくあります。

特にWeb系ではこういったケースが多いため、クラウドやネットワークの知識がよりいっそう求められます。

ただし、AWSやGCP、Azureなど、クラウドにも種類があるため、未経験のうちに全てを学習することは難しいので、こちらおm転職後にOJTで学べば十分でしょう。

フレームワークやライブラリの知識

フレームワークやライブラリは、ほとんどの開発現場で使われています。

前者の例は、PHPではLaravel、RubyではRailsなどのMVCフレームワークが有名で、JavaではStruts2がよく使われています。

後者は、それぞれの言語に様々ありますが、JavaScriptの例ではjQueryなどがよく使われます。

これに関しても、現場によって使用言語などが異なるので、スクールの段階で深堀りをする必要はありません。

転職後に、現場の指示に従って、学ぶ方向で構えていれば十分です。

CodeCampGATEのカリキュラムが転職におすすめできる理由

CodeCampGATEのカリキュラムが転職におすすめできる理由

ここまででCodeCampGATEのカリキュラムで学べるものと学べないものについて、解説してきました。
最後に、このCodeCampGATEのカリキュラムが転職におすすめできる理由をまとめたいと思います。

別の記事ではコースを全体的に評価もしています↓

チーム開発を経験できる

CodeCampGATEでは、カリキュラムの後半に現役エンジニアとチーム開発を経験することができます。

他のプログラミングスクールでは、Webサービス開発はできても、なかなかチームでの開発はできないものですし、できたとしても、現役エンジニアとチームを組めることはほとんどありません。

CodeCampGATEは、プロとのチームによりOJTのような感覚でプログラミングを学習することができるので、より転職に向いているスクールと言えます。

実際の開発現場では、一人で開発するところよりも、チームで開発するところの方が圧倒的に多いからです。

アウトプット中心の学習

CodeCampGATEのカリキュラムはアウトプット中心の内容となっており、基礎学習の段階でも、Webサイトの表側の画面を作ったり、裏側の処理を実装したりなど、実践を通して学習していくことができます。

また、最終的には自分のWebサービスも作らなければいけないため、最初から最後までアウトプット中心で学習していくことになります。

筆者自身も現役エンジニアなので断言できますが、プログラミングは座学ではなく、とにかく手を動かして覚えることが最も効率が良い学習方法となるので、CodeCampGATEのこの学習プログラムは理にかなっていると思います。

現場重視のカリキュラム

CodeCampGATEのカリキュラムは実際の開発現場をとてもよく意識して作られています。

チーム開発もその一つですが、DockerやGitなどのスクールでは見落とされがちなツール等もカリキュラムの中に盛り込んでいることは、現役エンジニアの筆者から見ても、とても評価できます。

企業が人を雇う際には将来性を見ることはもちろんですが、即戦力であるかどうかも中途採用の場合には重視しますので、こうした準備がしっかりされていると転職成功率は間違いなく上がると思います。

CodeCampGATEは、このように転職に特化したスクールですので、確実に転職されたい方にはおすすめと言えます。