【優良企業中心】CodeCampGATEの就職先【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

CodeCampGATEの就職先について知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • CodeCampGATEの就職先を知りたい
  • 就職先の一般的な注意点を知りたい
  • CodeCampGATEの就職先からわかることを知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、CodeCampGATEの就職先と就職先の一般的な注意点を解説し、就職先からわかることをまとめています。

CodeCampGATEの就職先

CodeCampGATEの就職先

CodeCampGATEの就職先は、CodeCampの受講生も含めた事例として、主に3つのタイプの企業に分けられます。
まずは、以下それぞれの企業について解説していきます。

インターネットサービス会社

CodeCampGATEの転職実績には、GMOペパボという大手のGMOグループの会社の名前も挙がっています。

GMOはインターネット関連事業を展開する東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社を筆頭に、その下に様々な会社を持っており、GMOペバボもその一つになります。

GMOペバボは、ロリポップ!というレンタルサーバーのサービスやカラーミーというネットショップサービスなどを展開しており、その業界で知らない方はいないほど存在感を発揮している企業です。

このように自社サービスを開発・運用することが、こうしたインターネットサービス会社では主な仕事となっているため、プロジェクトの最初から最後まで開発の工程を経験することができ、エンジニアとしての成長も期待できる環境となっています。

インターネット広告事業会社

インターネットサービスとは異なり、アフィリエイトなどの広告事業を展開する企業にも、CodeCampGATEから数多く転職されています。

例えば、サイバーエージェントという企業は聞いたことがあると思いますが、こちらの企業もCodeCampGATEの転職実績として挙げられています。

サイバーエージェントは東証一部上場企業であり、子会社にマイクロアドというアフィリエイトの広告事業を展開する会社を持っており、アフィリエイトの経験がある方はご存知だと思います。

また、最近ではAbemaTVというインターネットテレビ局の事業も展開しているので、こちらで知っている方もとても多いと思います。

インターネット広告は配信場所はWebサイトから動画へと切り替わりつつあるかもしれませんが、なくなることはまずないと考えられますので、自社内の安定した環境で配信サービスの開発や運用の仕事をしていくことができると思います。

ITコンサルティング会社

インターネット関連のサービスを提供する会社以外にも、大手の会社としては、フューチャーアーキテクトという会社が転職実績として挙げられています。

フューチャーアーキテクトは東証一部上場のフューチャー株式会社が持つ子会社であり、国内初のITコンサルティングファームです。

ITコンサルティング会社とは簡単に言うと、ITソリューションを提供する営業寄りの仕事となりますが、エンジニアも在籍していますので、CodeCampGATE卒業後はエンジニアとして転職をされた方が多いと思います。

エンジニアの後のキャリアとして、コンサルタントを挙げる方もかなり多いため、将来的に目指されている方であれば、コンサルティング会社に転職されるのも良い選択だと思います。

就職先の一般的な注意点

就職先の一般的な注意点

ここで「就職先」の表示についての諸注意があります。
以下に3つ挙げ、それぞれ解説しておきたいと思います。

正社員ではない可能性

正社員以外では、例えば、契約社員などの雇用形態が考えられますが、これらの雇用形態では期間の定めがあるため、プロジェクト終了後に契約の更新を打ち切られる場合があります。

ただ、CodeCampGATEの就職先としてはITの自社サービスを展開する企業が多いため、基本的には人を雇うのであれば正社員で将来を担う人材を育てていくはずです。

実際に、転職実績として挙げられた会社は、他のプログラミングスクールでも正社員の転職先として挙げられていますので、CodeCampGATEも正社員の転職事例として理解して問題ないと思います。

派遣先や常駐先の可能性

IT業界では、人材の派遣や客先での常駐の仕事がとても多くなっています。

もしかするとプログラミングスクールの中には、派遣先や常駐先の企業名も転職先事例として一緒に記載しているところもあるかもしれません。

しかし、CodeCampGATEの就職先に関しては、やはり自社サービスを開発・運用を行う企業が大半のため、基本的には正社員の開発者が多数となります。

繰り返しとなりますが、他のプログラミングスクールでも正社員として転職実績のある会社が多いため、派遣先や常駐先の企業は含まれていないと思います。

もとから所属していた可能性

プログラミングスクールには、転職目的の方だけではなく、社内研修として利用される法人の利用者も多いです。

スクールによっては、これらの法人の社内研修の企業名も、就職や転職実績として記載していそうな気はしますが、CodeCampGATEに関しては、社内研修の会社の一覧は別に記載があるので、この点の心配も無用です。

例えば、ニトリやオリックス、アクサ生命など聞いたことのある有名企業も研修として、CodeCampGATEを利用されているようです。多くの会社でCodeCampGATEの学習プログラムが評価されているわけですね。

CodeCampGATEの就職先からわかること

CodeCampGATEの就職先からわかること

ここまででCodeCampGATEの就職先と就職先の諸注意を解説してきました。
最後に、CodeCampGATEの就職先からわかることをまとめていきます。

その他の視点から見たCodeCampGATEのよさはこちら↓

上場企業への就職も可能

CodeCampGATEの転職先企業は、上場企業もかなり多くなっています。

新卒で上場企業に入ることは難易度が高いですが、エンジニアに関してはスキルが評価されるため、思っているほど難易度は高くありません。

CodeCampGATEでは、未経験者でも4ヶ月の期間をかけて、現役エンジニアが丁寧に基礎から作品を開発できるまで個別指導してくれますので、実践的なスキルを身につけて、即戦力としてこれらの企業に入ることができるというわけです。

自社開発企業への就職が多い

CodeCampGATEの就職先は確認してきたとおり、自社開発企業が大半を占めています。

自社開発企業の良さは、プロジェクトを自社で管理しているため、SESとは異なり、開発の各工程を経験できるので、エンジニアとしての経験を積むことができ、キャリアを形成しやすいのです。

これらの企業には無勉強ではまず転職できないため、本気で転職をされたいのであれば、CodeCampGATEを利用してスキルを身につけてから転職活動されると良いと思います。

キャリアサポートが充実している

CodeCampGATEは転職に特化したプログラミングスクールのため、キャリアサポートがとても充実しています。

例えば、スキルの面では、現役エンジニアがマンツーマンで指導をしてくれるだけでなく、一緒にチームで一つのWebサービスを開発していくので、実践的なスキルを身につけられるのです。

ここで開発した作品は、ポートフォリオと呼ばれる転職活動で役に立つ作品集にも載せることができます。

ポートフォリオは先程紹介した自社開発企業などの優良企業では提出を求められますので、CodeCampGATEで対策をすることができるというわけです。

また、転職活動の面では、専属のキャリアアドバイザーがついてくれるため、応募書類の添削から、面接対策、企業選びまでサポートをしてもらえます。

他のプログラミングスクールとは異なり、転職を前提に考えているスクールのため、確実に転職をされたい方にはおすすめのスクールとなります。