WordPress多し!ココナラのプログラミングの仕事【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

ココナラのプログラミングの仕事を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ココナラのプログラミングの仕事を知りたい
  • ココナラの特徴を知りたい
  • ココナラで稼ぐ方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、ココナラのプログラミングの仕事とココナラの特徴を解説しつつ、ココナラで稼ぐ方法をまとめています。

ココナラのプログラミングの仕事

ココナラのプログラミングの仕事

ココナラにはプログラミングの仕事の依頼がたくさんあります。
この記事では、まずは、その仕事の内容を解説していきたいと思います。

WordPress

筆者の経験上、ココナラの仕事はWordPressの仕事が最も多いです。
この主な理由としては、近年ホームページやブログのほとんどが、このWordPressで作られているためです。
これはココナラだけではなく、他のクラウドソーシングサイトの案件に関しても似たような傾向があることが言えます。

Webスクレイピング

ココナラの仕事の依頼でWordPressに次いで多いものとして、Webスクレイピングが挙げられます。
Webスクレイピングとは、WebページのDOMから必要な情報だけを取得し、保存や出力を行うことです。
便利なAPIが用意されている場合はAPI連携によって取得する場合もありますが、仕事の依頼となるものはAPIがないサイトが対象であることが多いです。

エラーや不具合の修正

既存のWordPressやPHPで書かれたプログラム等が動かない問題を抱えて、仕事を依頼される方も多いです。
なぜなら、ココナラのクライアントの大半が個人であり、自分だけで解決できない場合がほとんどだからです。
基本的には初歩的なことで躓いている場合が多いので、プロのエンジニアの手にかかれば瞬時に解決できる可能性が高いです。

ココナラの特徴

ココナラの特徴

ココナラのプログラミングの仕事を見てきました。
次に、ココナラの特徴を解説していきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

スキルを出品

ココナラでは、ランサーが自分のスキルを商品として出品し、仕事の依頼をしたいクライアントがそれを購入する仕組みとなっています。
そのため、ココナラでは、ランサーズやクラウドワークスといった他のクラウドソーシングサイトとは異なり、ランサーが案件を探す必要はありません。
案件探しや提案のために時間が取られることがなく、完全に受身で仕事を取ることができるので簡単な反面、仕事を自分からは取りにいけない歯がゆさがあります。

小さい仕事が多い

ココナラでは、商品の単価はワンコインから数千円程度と低いことがほとんどです。
単価が低いということは、依頼される仕事の規模も必然的に小さくなるので、数をこなしやすいというメリットがあります。
特に初心者にとってはいきなり大きい仕事を取ってしまうと挫折の原因にもなりかねないため、最初の副業としてはピッタリであると思います。

おひねりや見積でさらに稼げる

ココナラにはおひねりというシステムがあり、取引の流れの中でチップや追加料金をもらうことができます。
日本にはチップの文化がないためもらえないことも多いですが、具体的な作業が別途生じた場合にはおひねりを要求するようにしましょう。
また、クライアントからランサーへの見積依頼も可能なため、新たな依頼が発生した場合などは自分が出品している商品からは離れて完全に別料金で仕事の依頼を受けることができます。

ココナラで稼ぐ方法

ココナラで稼ぐ方法

以上でココナラのプログラミングの仕事とココナラの特徴を確認してきました。
最後に、ココナラを利用してきた筆者が、ココナラで稼ぐ方法をまとめたいと思います。

単価を下げて購入しやすくする

ココナラでは商品が安いことが一般的のため、価格は低めに抑えましょう。
また、安ければ安いほど、それだけ購入数も多くなってくるので、必ずしも稼ぎが減少するわけではありません。
むしろ、初心者のうちは価格を下げてでもたくさん受注することで、ココナラの仕事に慣れていくことの方が重要になります。

実績を積み上げて購入数を増やす

ココナラのクライアントは、商品の価格も重視しますが、商品を出品しているランサーの実績も選ぶ基準にされている方が多いです。
出品者ランクにはプラチナやゴールド、シルバー等の5つのランクがあり、それぞれどれだけ仕事をこなしたかによって変わってきます。
このランクによって競合との差別化を図った方が取れる仕事の数が変わってくるので、まずは最低でもシルバーにすることを目指しましょう。

他のクラウドソーシングサイトも併用する

ココナラは商品の単価が安いため、どうしても稼げる額に限界が出てきます。
したがって、ランサーズやクラウドワークス等の他のクラウドソーシングサイトもぜひ一緒に利用するようにしましょう。
これらのサイトでは、ココナラよりも仕事の規模が大きくなるため、1つの仕事で稼げる金額も1桁、場合によっては2桁も変わってきます。