ココナラのエンジニアの仕事【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

ココナラのエンジニアの仕事を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ココナラのエンジニアの仕事を知りたい
  • ココナラの特徴を知りたい
  • ココナラでのおすすめの稼ぎ方を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、ココナラのエンジニアの仕事とココナラの特徴を解説しつつ、ココナラでのおすすめの稼ぎ方をまとめています。

ココナラのエンジニアの仕事

ココナラのエンジニアの仕事

ココナラにはエンジニア向けの仕事がたくさんあります。
この記事では、まずは、ココナラのエンジニアの仕事から解説していきたいと思います。

PHP

ココナラで依頼の多いエンジニアの仕事としては、プログラミングの仕事が多いです。
そして、プログラミングの仕事は、こういったクラウドソーシングサイトでは、PHPの案件が大多数を占めています。
その理由は、ホームページやブログ等のプログラミングでは、ほとんど全てのレンタルサーバで動作する言語がPHPぐらいしかないためです。

jQuery

ココナラではフロントエンドと呼ばれる、ホームページの作成や改修の仕事が多いです。
これらの仕事では、ホームページに動きを付けるために、JavaScriptライブラリであるjQueryがよく使われます。
jQueryを使えば、jQuery UIなども一緒に使えるので、たとえCSSの知識がなくても、きれいなホームページを作ることができます。

WordPress

ココナラで最も依頼の多いエンジニアの仕事としては、WordPress関連の仕事が挙げられます。
WordPressはPHPをベースに作られたCMS(コンテンツ管理システム)のことで、ブログやホームページ作成で主に使用されます。
WordPressではテンプレートを使用することで誰でも簡単にWebサイトを作れますので、個人向けの仕事では利用する機会が多いでしょう。

ココナラの特徴

ココナラの特徴

ココナラのエンジニアの仕事を見てきました。
次に、ココナラの特徴を解説していきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

スキルを出品

ココナラでは、ランサーが自分の持つスキルを商品として出品し、クライアントがそれを買う仕組みとなっています。
そのため、ランサーズやクラウドワークスといった他のクラウドソーシングサイトとは異なり、自ら案件を探す必要がありません。
ただし、ココナラの商品単価は通常、ワンコインから数千円程度と安くなっており、誰もが購入しやすい金額帯に設定することが一般的となっています。

買い手の数が多い

ココナラは商品の単価が安いことが多いので、それだけ購入しやすく、買い手の数が多いことが特徴の一つです。
一度買い手がつくと、再発注をしてくれる確率も高いので、同じクライアントとは継続して取引することができます。
たくさんの方と取引をしていくことで、多くのコネクションを作ることができ、稼ぎを少しずつ安定的に増やしていくことができます。

求められるスキルレベルは低め

ココナラでは、スキル出品とはいっても、「お悩み相談」といったタイトルで出品される方も多いので、求められるレベルは高くありません。
最初から具体的な作業を念頭に置いて価格を設定し、商品を出品することは難しいので、まずは一旦「悩み相談」のタイトルで出品をされると良いでしょう。
ココナラは基本的にはベテランよりかは初級~中級程度のスキルを持った方におすすめのサイトのため、これからスキルアップを目指される方の利用がおすすめです。

ココナラでのおすすめの稼ぎ方

ココナラでのおすすめの稼ぎ方

以上で、ココナラのエンジニアの仕事とココナラの特徴を確認してきました。
最後に、筆者がココナラを利用してきた経験から、ココナラでのおすすめの稼ぎ方をまとめたいと思います。

相談の商品を出品する

例えば、商品で「WordPressの仕事募集」というように限定してしまうと、WordPress以外の仕事が来なくなってしまいます。
そのため、誰でも気軽に購入できるよう、出品する商品は具体的なものではなく、「悩み相談」のタイトルにすると良いでしょう。
このようにすることで、「WordPress」だけでなく、それ以外のプログラミングの仕事等の依頼も一緒に入って来るようになります。

おひねりや見積機能を利用する

筆者もそうでしたが、悩み相談の商品を出品すると、案の定たくさんの方が購入をしてくれます。
本当に相談だけで終わる方もいますが、ほとんどの場合は具体的な作業が発生するので、その場合にはワンコイン程度ではあまりにも安すぎます。
したがって、作業が必要になった場合には、おひねりや見積機能を使って、最初の購入金額とは別に見積もりをして、作業にかかる費用を請求すると良いと思います。

他のクラウドソーシングサイトと併用する

ココナラは単価が安いので、大きく稼ぐことはまず難しいと考えておいた方が良いでしょう。
副業程度で考えているのであればちょうど良いかもしれませんが、本業の場合には他のクラウドソーシングサイトもぜひ併用しましょう。
例えば、ランサーズやクラウドワークスといったサイトは、ココナラよりかは難易度が高い案件が多いですが、その代わりに単価も高いのでより稼ぎを増やすことができます。