ココナラが初心者エンジニアにおすすめな理由【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

ココナラが初心者エンジニアにおすすめな理由を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ココナラが初心者エンジニアにおすすめな理由を知りたい
  • ココナラで求められるエンジニアのスキルを知りたい
  • ココナラの上手な使い方を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、ココナラが初心者エンジニアにおすすめな理由とココナラで求められるエンジニアのスキルを解説しつつ、ココナラの上手な使い方をまとめています。

ココナラが初心者エンジニアにおすすめな理由

ココナラが初心者エンジニアにおすすめな理由

ココナラは初心者エンジニアの副業におすすめです。
この記事では、まずは、その理由を解説していきたいと思います。

別の記事ではサービス内容や評判を解説しています↓

求められるスキルレベルが低め

ココナラではランサー側が商品(スキル)を出品し、クライアント側がそれを買う形となります。
このとき、商品の価格は低いことが多いので、必然的に求められるスキルレベルも低くて済みます。
そのため、初心者でも比較的仕事をこなしやすく、仕事を通じてスキルを磨いていくこともできます。

プログラミングの依頼は多め

ココナラにはプログラミング関連の仕事の依頼をしたいと考えているクライアントの方がたくさんいます。
主な理由としては、個人でホームページやブログ、あるいはプログラミング等をされる方が増えているためと考えられます。
エンジニア初心者のうちは、たくさん場数を踏んで経験値を上げていくことが最も重要のため、仕事の数が多いことは好ましい状況と言えます。

見積機能がある

ココナラでは商品の単価を安く設定しなければならないことが一般的のため、初心者は特に不当な労働を強いられる可能性があります。
しかし、ココナラには見積機能というものがありますので、具体的な作業が伴う案件が発生した場合には別途お金がかかることを説明すると良いでしょう。
筆者が利用した限りでは、ココナラの利用者のほとんどは個人で年齢層が低い一方で、こういったところへの理解は意外と示してくれるので、別途で注文をしてくれるケースが多いです。

ココナラで求められるエンジニアのスキル

ココナラで求められるエンジニアのスキル

ここまででココナラが初心者エンジニアにおすすめな理由を見てきました。
次に、ココナラで求められるエンジニアのスキルも解説していきたいと思います。

Web系のデザイン

ココナラで最も依頼の多い仕事は、Web系のフロントエンド(デザイン)の仕事です。
Web系のフロントエンドというと、言語としては、HTMLやCSS、JavaScriptがメインに使われます。
特にJavaScriptではjQueryというライブラリの知識が求められるケースがほとんどのため、事前に学習をされておくと良いでしょう。

Web系のプログラミング

ココナラにはWeb系のプログラミングの仕事も多く、これは主にバックエンド(サーバ側の処理)の仕事になります。
フロントエンドのJavaScriptもプログラミングに入りますが、ロジックを考える仕事という意味ではバックエンドのPHPがメインの仕事になってくるでしょう。
プログラミングでは「動かない」や「動かなくなった」といったクライアントの悩みが非常に多いため、他人の作ったコードで勉強しながら仕事をこなすことができると思います。

Web系のうち特にWordPress

ココナラでは、Web系のデザインやプログラミングをひっくるめて、特にWordPressの仕事の依頼が多いです。
WordPressとは、PHPで作られたCMS(コンテンツ管理システム)の一つで、ホームページやブログの作成に広く利用されています。
テンプレートを利用して簡単にWebページを作れることから、初心者エンジニアの方にも使いやすいと同時に稼ぎやすい仕事と言えるでしょう。

ココナラの上手な使い方

ココナラの上手な使い方

以上でココナラが初心者エンジニアにおすすめな理由とココナラで求められるエンジニアのスキルを確認してきました。
最後に、現役エンジニアである筆者がココナラを利用してきた経験から、ココナラの上手な使い方をまとめたいと思います。

スキルアップ目的で利用する

ココナラは出品する商品の単価がそんなに高くないので、稼ぎよりもスキルアップを目的とした方が良いです。
特にプログラミングの仕事では、エラーの修正などが多いので、良い反面教師となってスキルの上達が期待できます。
スキルレベルが低いうちに学習用としてココナラで仕事をしつつ、お小遣いをもらうという一石二鳥の使い方がおすすめです。

多くの取引関係を築く

筆者の経験上、ココナラの仕事の半数程度が既存のクライアントからの再発注(追加依頼)で占められています。
そのため、多くのクライアントと取引関係を築いていくことで、今後より稼ぐためのネットワークを作ることができます。
特にココナラではランサーは仕事を待つという完全に受け身の姿勢になるので、いざ仕事が来たときにいかに丁寧に仕事をして、継続的な取引をしていくかがポイントになります。

副業として利用する

ココナラは見積機能やおひねりといった機能をどんなに上手く使っても、単価が低いので稼げる金額に限度があります。
そのため、あくまで副業程度としての利用をされた方がよく、フリーランスのメインの収入源としてはあまり期待をかけない方が良いと思います。
キャリア初期のうちはココナラの利用は非常におすすめできますが、慣れてきたら、ランサーズやクラウドワークスなどを利用した方がもっと稼げるようになるでしょう。