ビズリーチに在宅勤務の求人案件はある?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

ビズリーチに在宅勤務の求人案件があるか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ビズリーチに在宅勤務の求人案件があるか知りたい
  • 在宅勤務が難しい理由を知りたい
  • 在宅で仕事ができるようにする方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、ビズリーチの求人案件や在宅勤務の難しさを解説しつつ、在宅で仕事ができるようにする方法をまとめています。

ビズリーチの求人案件

ビズリーチの求人案件

結論から言うと、ビズリーチにはほとんど在宅勤務の求人案件がありませんが、これはどこの転職サイトを利用しても変わりません。
この記事では、まず、ビズリーチの求人案件について解説をしていきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

在宅勤務の求人は少ない

ビズリーチでは在宅勤務を前面に出した求人案件はほとんどありません。
これはビズリーチだけではなく、他のどの転職サイトでも同じで、正社員の求人案件では一般にはほとんどありません。
現状では、業務委託案件の契約で個人が納品する形態を取っているフリーランスの方のみ、在宅勤務が主流となっているでしょう。しかし、この働き方はフリーランスの方の中でも少ない方です。

正社員の求人が中心

ビズリーチは正社員の求人案件が大半を占めています。
日本企業の正社員は現場で働くことを求められるケースがほとんどであり、個人で納品するフリーランスの働き方以外では在宅は難しくなっています。
しかし、その個人で納品するフリーランスという働き方も、クラウドソーシングサイトなどで単価が安いことが多々あるため、現実的ではない場合が多いです。

大手企業の求人が多い

ビズリーチはハイクラスの方向けの転職サイトのため、資金力のある大手企業の求人が多く集まっています。
大手企業となると在宅勤務を行うための設備が整っているところが多いので、在宅勤務ができる可能性はあります。
しかし、技術的にできるということと実際に行うこととはまた別問題となっており、実際に在宅勤務を採用しているところは現状少ないです。

在宅勤務が難しい理由

在宅勤務が難しい理由

ビズリーチの求人案件には在宅勤務のものがほとんどないことを確認してきました。
次に、在宅勤務が難しい理由について解説をしていきたいと思います。

個人情報漏洩のリスクがある

在宅勤務では、基本的にはPCなどの会社が保有するデータを含む端末を持ち帰って仕事をするため、個人情報漏洩のリスクがあります。
実際に、個人情報が漏洩した事例を見ると、外部の人間がハッキングすることによって漏洩するよりか、社内から流出するケースが多くなっています。
もちろん悪意を持って持ち出す方もいますが、「知らないうちに」「誤って」流出させてしまうことも少なくないので、このリスクが在宅勤務への大きな障壁となっているのです。

労務管理に難しさがある

日本企業は欧米のようにまだまだ成果主義を採用しているところは少ないため、会社に出勤することが何よりも大事なこととされています。
在宅勤務への切り替えを行う場合、「いつ仕事をしているのか」「ちゃんと仕事をしているのか」が見えにくくなるため、これらの「見える化」が課題となってきます。
現在、在宅勤務が行われているケースでは、おそらく成果物で評価される仕事が大半を占めていると思いますので、全体としてはかなり少なくなっています。

モチベーションの維持が難しい

在宅勤務になると、上司の目が行き届かなくなるため、ある程度自分の好きなことをすることも可能となってきます。
そのため、モチベーションの維持が難しくなり、仕事に集中することができない方もかなり出てくることになります。
これは企業の問題ではなく個人の問題ですが、経営者は従業員の労働生産性が下がることを望んでいないため、ここでも在宅勤務の実現が阻まれているのです。

在宅で仕事ができるようにする方法

在宅で仕事ができるようにする方法

ビズリーチの求人案件と在宅勤務が難しい理由を解説してきました。
最後に、在宅で仕事ができるようにする方法をまとめたいと思います。

フリーランスより正社員

在宅で仕事をされたい場合は、フリーランスなどスポットの働き方を選ぶよりも正社員の働き方を選んだ方がより可能性は上がります。
その理由は既に解説してきたとおりで、正社員の方が勤続年数が長く、企業から信頼を得られているので、容認されやすいからです。
フリーランスの方が自由な働き方のように思えますが、客先常駐のケースがほとんどのため、在宅勤務を希望される場合は、実は正社員の働き方を選んだ方が良いのです。

大手企業ほど在宅の可能性が高い

大手企業ではシンクライアントを使っているので、環境的にはすぐに在宅勤務を始めることができるところが多いです。
シンクライアントではデータを全てデータセンターなどのサーバ側で管理しているため、個人情報の持ち出しもありません。
それでも実際に立ち会っての仕事が求められることが多く、在宅勤務を実現するためにはまだまだ多くの課題が残っています。

時代の流れで働き方が見直されている

2020年4月、新型コロナウイルス蔓延の影響で「緊急事態宣言」が発令され、多くの企業が在宅勤務へと切り替わっています。
大手企業だけでなく、中小企業でも26%が在宅勤務となるなど、日本全体で働き方が見直されつつあります。
今後の転職先では、在宅勤務が容易に選択できる可能性も高いため、状況を注視しておくと良いでしょう。