ビズリーチで未経験からエンジニアへ転職できる?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

ビズリーチで未経験からエンジニアへ転職できるか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ビズリーチの特徴について知りたい
  • ビズリーチの求人について知りたい
  • 未経験者がエンジニアに転職する方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、転職サイトのビズリーチの特徴や求人について解説しつつ、未経験者がエンジニアに転職する方法をまとめています。

ビズリーチの特徴

ビズリーチの特徴

結論から言うと、ビズリーチで未経験からエンジニアへ転職することは難しいですが、場合によっては上手く転職することが可能です。
まずは、ビズリーチの特徴から解説をしていきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

ハイクラスの方向けの転職サイト

ビズリーチは基本的にはハイクラスの方向けの転職サイトとなっています。
そのため、未経験者や年収500万円未満の求人にはあまり特化していませんが、ポテンシャル採用の求人は少なからずあります。
ポテンシャル採用では、全くもって未経験という方には少々厳しいですが、その分野に多少でも関わったことがある方であれば未経験でも転職が可能となります。

大手企業等からのスカウトが多い

ビズリーチはハイクラスの方向けの転職サイトのため、大手企業の求人案件が比較的多く集まっています。
そして、ビズリーチには企業から直接スカウトを受けれる機能があり、かなり多くの企業からお誘いを受けることができます。
実際に筆者自身もビズリーチで大手企業複数社から内定を頂いた経験があるので、今まで縁がなかったような方にも十分にチャンスがあります。

無料で利用できることの方が多い

ビズリーチは有料の転職サイトですので、利用を躊躇されている方が多いと思います。
しかし、ビズリーチはキャンペーンを頻繁に開催しており、なんだかんだ無料で利用できることの方が多いです。
特に経歴書を登録すれば一定期間は無料で利用できることが多いので、ご興味がある方はまずは無料登録をされると良いと思います。

ビズリーチの求人

ビズリーチの求人

ビズリーチは基本的にはハイクラスの方向けの転職サイトであることがわかりました。
次に、ビズリーチの求人についても解説をしておきたいと思います。

大手企業の求人が多い

ビズリーチは優秀な人材を求めて、大手企業が多く求人案件を登録しています。
利用者はレベルの高い方が多いので、企業側からもスカウトを通じて積極的にアプローチを取って来ることも多々あります。
実際に筆者の場合は自分から応募しに行くのではなく、スカウトで誘いを受けてから応募する形を取っていました。その方が断然内定の確率が高いからです。

社内で腰を据えて仕事ができる

ビズリーチのエンジニアの求人は大手企業のものが多いので、SESではなく、その企業に直接雇われ、その企業の中で働く形態のものがほとんどです。
したがって、1社のために腰を据えて仕事をすることができるので、エンジニアの方がキャリアを確立されるのにおすすめです。
エンジニアは35歳定年説と言われていた時代もあり、今でも高齢になると切られることが多いため、実際に安定したポジションを獲得することを目指されているエンジニアの方は大勢いらっしゃいます。

ポテンシャル採用もあり未経験者にもチャンス

ビズリーチの求人のほとんどは経験者向けのものになりますが、それでもポテンシャル採用の求人もあるため、未経験者にもチャンスがあります。
ただし、全く関連性がない職種や業種に携わってきた方にとってはポテンシャル採用でも厳しいため、プログラミングスクール経由での転職を考えた方が良いでしょう。
一方で、例えば、アプリケーション開発エンジニアからインフラエンジニアやセキュリティエンジニアへ転向することは比較的容易であると思います。実際に筆者もこのようなパターンで数社からビズリーチ経由で内定を頂いた経験があります。

未経験者がエンジニアに転職する方法

未経験者がエンジニアに転職する方法

以上でビズリーチの特徴と求人について解説をしてきました。
最後に、未経験者がエンジニアに転職する方法をまとめたいと思います。

①間接的な接点を持つ

ビズリーチでは完全未経験の方には企業からのスカウトはほぼ来ないと思いますので、必ずエンジニアの仕事との何らかの接点を持ちましょう。
例えば、事務畑の方であればExcelVBAで業務効率化を図った経験でも十分にエンジニアとしてのポテンシャルを持っていると判断されますし、そのような場合には実際に仕事もちゃんとできると思います。
筆者自身、前職の貿易事務の仕事の中でExcelVBAやPHPを使った経験からポテンシャルを買われ、現在の企業に入社できたからです。

②ビズリーチに経歴書を登録

ビズリーチは自分から応募するだけでなく、企業側からスカウトを受けることもかなり多いため、まずは経歴書を登録しておきましょう。
会員登録するだけは無料ですし、経歴書を登録すると多くの場合、一定期間、無料で有料プランのサービスを受けることができるので、おすすめです。
有料プランのサービスとは、具体的に言うと、企業からの直接のスカウトを受けれるようになったり、メッセージのやり取りができるようになったりします。

③企業からのスカウトに応募する

未経験でビズリーチを利用する場合には採用してくれる企業は経験者と比べるとかなり限定的になってしまいますので、基本的なスタンスとしては企業側からのスカウトを待つ戦略を取りましょう。
企業からスカウトが来るということは、既に企業側も自分を受け入れられる体制が整っているということですし、選定作業の半分程度が済んでいる状態であることを意味しています。
転職は企業と労働者のマッチングにより成り立つことですので、企業側からのスカウトに対して応募することで、内定の確率をグンと上げることができるというわけです。