ビズリーチのメリット・デメリット【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

ビズリーチのメリット・デメリットを知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ビズリーチのメリットを知りたい
  • ビズリーチのデメリットを知りたい
  • ビズリーチがおすすめな方の特徴を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、転職サイトのビズリーチのメリットとデメリットを解説し、ビズリーチがおすすめな方の特徴をまとめています。

ビズリーチのメリット

ビズリーチのメリット

ビズリーチはハイクラスの方向けの転職サイトで、他のサイトとは一線を画しています。
まずは、そのビズリーチのメリットを解説していきたいと思います。

年収が上がりやすい

ビズリーチはハイクラスの方向けの転職サイトであり、基本的には高年収帯の求人案件が多く登録されています。
参加している企業も大手企業が多く資金力があるため、転職によって年収を上げやすくなっています。
筆者はエンジニアですが、実際にビズリーチを利用した際には当時の年収から100万アップの条件を提示頂いた経験があります。

大手企業の求人が多い

ビズリーチは大手企業の求人が多いうえに、エージェント経由ではなく、直接参加している企業もかなりあります。
中には企業ホームページで公開で募集されている求人案件もあったりしますが、非公開の求人案件もやはり多いです。
ビズリーチでは20代の方を対象とした求人案件も豊富ですので、中途で大手企業に入り直すといったことも実現可能です。

企業から直接スカウトが届く

ビズリーチの最大の魅力は、企業から直接スカウトのメッセージが届くという点にあるでしょう。
他の転職サイトにも同じような機能はありますが、ビズリーチの場合は大手企業など良質な企業から多くの件数のスカウトを直接受け取ることができます。
実際に筆者も1日10件前後受け取っていたことが多く、複数社から高確率で内定を頂いた経験があります。

ビズリーチのデメリット

ビズリーチのデメリット

ここまででビズリーチのメリットを解説してきました。
次に、ビズリーチのデメリットも解説をしておきたいと思います。

未経験は厳しい

ビズリーチには20代のハイクラスではない方向けの求人もありますが、さすがに未経験の求人はかなり少ないです。
ポテンシャル採用など、多少異なる分野からの採用もありますが、それでも分野が全くかすってもいないとなると厳しいです。
筆者の場合、アプリケーション開発エンジニアからセキュリティエンジニアへのお誘いがありましたが、「エンジニア」という共通点があったためにスカウトを頂けたのであって、関連性のないスカウトはもらったことがありませんでした。

基本有料(無料も可)

ビズリーチは良質な求人案件が多い一方で、多くのサービスが有料となっています。
もともとハイクラスの方をターゲットとしているので、転職にお金を出すことを厭わない利用者が多いというわけです。
しかし、キャンペーン等でなにかと無料で利用できる機会も多く、特に経歴書の登録で一定期間無料で使えることが多いため、まずは気軽に無料登録からされると良いと思います。

スカウトでも特別待遇とは限らない

ビズリーチは企業から直接スカウトが届くものの、片っ端からスカウトを飛ばして来る人事担当者も多いので、必ずしもマッチング精度が高い求人ばかりではありません。
筆者の経験では、スカウトのほとんどが、なんだかんだ特別待遇の求人案件が多かったですが、一部は企業ホームページからの応募と何ら変わらない内容のものもありました。
中途採用となるとほとんどが経歴書と面接で選考が終了しますが、筆記試験をがっつり行うところもありましたので、必ずしも「スカウト=特別待遇」と判断をしない方が良いでしょう。

ビズリーチがおすすめな方の特徴

ビズリーチがおすすめな方の特徴

以上でビズリーチのメリットとデメリットを確認してきました。
これらを踏まえて、最後に、ビズリーチがおすすめな方の特徴をまとめたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

年収をさらに上げたい方

ビズリーチはハイクラスの方向けの転職サイトであり、大手企業など資金力のある企業が多く参加されています。
それゆえに高年収の求人案件が多いため、年収を上げたいと考えている方にはピッタリの転職サイトです。
年収は賞与の金額で大きく差がつきますので、なるべく業績の良い企業を選ぶと良いでしょう。

3年以上の経験をお持ちの方

ビズリーチには未経験者向けの求人案件はほとんどありませんので、最低でも3年以上の経験を持っていることが望ましいでしょう。
実際に筆者の場合も、スカウト求人のほとんどが3年程度の経験が前提条件となっていましたので、ぜひ何か一つでも自分の強みとあるスキルを持ちましょう。
大体未経験から一つの企業で3年研鑽を続けて来た場合には、3年目では転職した方が年収が増えることが多いので、ビズリーチを利用して自分の市場価値を把握しましょう。

マッチング精度の高い求人に応募されたい方

今までの転職ではおそらく何十社もの企業に応募して、そのほとんどが不採用となる、というパターンを経験されてきた方が大半だと思います。
しかし、ビズリーチを使えば、企業側からの直接のスカウトがたくさん届くので、選考が半分済んだ状態の求人案件に応募することができます。
これは無意味な応募をなくすという観点からも重要なことであり、高い確率で内定をもらえるので、おすすめの転職活動の方法となります。